「ホノルルマラソン」12月開催を断念

今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」開催中止が決定した。

毎年多くの日本人ランナーが参加することでも知られる市民マラソンだが、withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲嘆が聞こえてくる。

「ホノルルマラソン協会」は、現地時間12月13日(日)の開催に向け、ホノルル市政府やハワイ州政府との協議を重ね、コロナ禍での開催に向けて準備を進めてきたが、感染拡大が続くハワイ州での今大会の開催は、やはり難しかったようだ。

「中止やむなし」の声はSNS上でもあがっていたが、運営側は現在、2021年上期への延期案で関係各所との協議に入っている。また、延期開催が叶わなかった場合でも、本年度の大会にエントリーしていた人は、追加料金なしで来年度開催への参加が可能になるという。

冬のホノルルの風物詩。ここにもまた、コロナの影響。常夏の楽園に一日も早く平穏が戻りますように。

Top image: © sportpoint/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ここで紹介するのは、完走したらスコッチウイスキーが飲めるマラソン大会「The Dramathon」です。
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
5月1日の「レイデー(Lei Day)」に合わせ、記念イベントの一環として世界最長のレイのギネス世界記録に挑戦することをホノルル市当局が発表
南アフリカ共和国のケープタウンで毎年開催されるマラソン大会「Two Oceans Marathon」は、今年で50周年。開催地は大西洋とインド洋の両方を眺...
吸ったゴミがそのままゴミ箱に入る「吸っちゃうダストボックス」が発売。
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
1851年創業、ワイキキ、ダウンタウンのベーカリー「Love's Bakery」が3月末をもって閉店を決めた。
そうめん専門店「そうめん そそそ」の新店舗「そうめん そそそ 研究室」が、渋谷ヒカリエにオープン。コンセプトは「そうめん研究室で自分好みのそうめんを研究し...
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
ハワイ大学公共政策センターが行った世論調査によると、コロナショックによる影響が2021年も続き、早い段階で回復しない場合、州内にある半数の飲食店が4月まで...
「Teen Vogue」は自宅待機中の学生のために「バーチャルプロム2020」の開催を決定。5/16に「Zoom」で開催予定。
「観光」「グルメ」「ショッピング」。少し強引かもしれませんが、数年前まで旅の目的といえば、この3要素しかなかったと言っていいでしょう。しかし近年は、人々が...
新型コロナウイルス感染者のスクリーニング手段として、アラブ首長国連邦(UAE)にある「ドバイ国際空港」では8月初めから警察犬ユニットが配置中。なんと91%...
汗を流した後にミシュランガイドに登録されているレストランで食事ができます。
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。
フィンランドのアイスホッケーリーグ「SMリーガ」は、新型コロナウイルスの影響を受けて、ビデオゲーム「NHL 20」を使用してプレイオフを開催すること決定。...
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
アメリカ、フランス、中国など世界の12の国と地域の人々の間では、終息後に訪れたい旅行先として日本がもっとも人気だという。
検索トレンド分析ツール「Google Trend」を利用して、「コロナウイルス」の規模を数字的に可視化。グラフを見ることで、コロナウイルスが未だかつてない...
東京都が、3月4日に「新型コロナウイルス(COVID-19)」に関する情報を集約した公式対策サイトを開設。多方面から注目を集めている。
米俳優ジャレッド・レトがInstagramにひとつのメッセージ画像を投稿した。同氏は携帯を置いた状態で12日間の“サイレント瞑想”を荒野にある施設で決行。...
米「Apple」と「Google」は先日、スマートフォンを使って新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出・通知する技術を共同開発することを発表した。5月...
アメリカ発の口コミアプリ「Yelp」は、新型コロナウイルスの経済的影響を報告書にまとめて発表。同アプリにおけるユーザーの検索状況を見ることで消費者の需要の...
12月10日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「Deep Purple」は、折りたたむことができるU...
オーストラリアのマラソン大会で、Troy Austinさんは空のベビーカーを押しながら42.195kmを完走しました。彼は走っている途中に多くの人からかけ...