JALとANA、燃油サーチャージを6年半ぶりに無料化へ

海外旅行に行くために航空券を検索→「安い!」と思ったら燃油サーチャージが含まれていないらしい→結局高い

このサイクル、旅行好きなら一度は経験したことありますよね。「人生そんなに甘くない!」と言わんばかりに後から加算される「燃油サーチャージ」。でも実は、もうすぐゼロになるそうですよ!

旅人歓喜!
GW、夏休みは海外へ!?

そもそも「燃油サーチャージ」とは、航空機の燃料価格に応じて国際線の通常運賃に加算される特別運賃のこと。シンガポールケロシンの市況価格をベースとして、2か月ごとに見直されています。今回は原油価格の下落に伴い、航空機の燃料価格も下がっていることから、約6年半ぶりに無料になる見込みだというわけ。

対象は、「全日本空輸」と「日本航空」の2016年4月、5月発券分。これにより、欧米路線の場合だと、現在と比較して往復14,000円負担が軽くなることに。

過去には燃油サーチャージだけで往復60,000円という時期もあっただけに、GWと夏休みは海外旅行のチャンスと言えるかもしれません。

ファーストクラスのアメニティを集めました。第二回はANAです。
米シアトル、ボーイング社の工場で特別仕様にペインティングされたANAの飛行機「R2-D2 ANA JET」が、2015年10月2日、ついに羽田空港に着陸し...
「スカンジナビア航空」が展開中の太っ腹プロモーション。23ヵ月の幼児から11歳までの子どもの基本運賃(税金などを抜く)が無料というもの。航空券の申し込み期...
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
これまで、当然のように移動手段だと考えられていた乗り物に、新たな価値を与える。近頃、そんな取り組みが増えてきた気がします。たとえば、新幹線。「現美新幹線」...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
少子化中のフィリピンがドゥテルテ大統領下で100の国公立高校・大学を無償化すると発表。日本でも近年高等教育の無償化の是非が議論されているが、いわゆる「富裕...
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
ドイツから驚きのニュースが飛び込んできた。大学の授業料がすべて無料に!なんとも思い切った政策に思えるが、ドイツでは2000年代まで公立大学に限っていえば授...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
飛行機で長時間眠れない子どものために開発された「Fly Tot」。ふかふかのクッションですが、背もたれに使うわけでも、抱いて使うわけでもありません。
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
〈nutrovape(ニュートロベイプ)〉の「ENERGY STICK(エナジースティック)」は、カフェイン、L-テアニン、ビタミンB12を同時にチャージ...