【明日から】移動が無料になる配車アプリサービスが都内でローンチ!

スマホで配車し、⽬的地まで無料で乗れる。そんな新しい移動体験を提供する配車アプリサービス「nommoc (ノモック) 」が9月5日に都内でローンチ開始。

移動中はAIにより乗車するユーザー個々の嗜好性に沿った情報(広告)が流れる仕組み。内容も、五感で楽しめるコンテンツを盛り込み、ワクワクする移動体験の提供を目指すとのこと。

広告の対価で無料で乗れる……と聞くと敬遠してしまいそうだが、テレビCMで感動したり、ポスターなどから有益な情報を得た経験がある人も少なくないはず。ゆとりある空間でそんな体験ができるとなれば、これまでの「移動時間」とは異なる価値を提供してくれる斬新なサービスといえる。

目的地までの移動を無料化し、移動自体も新しい意義ある時間に変わっていく。となれば、出かける機会も自然と増えるはず。nommocのサービスは、多くの人のライフスタイルを大きく変える可能性を秘めたものといえそうだ。

©nommoc
Top image: © nommoc
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「スカンジナビア航空」が展開中の太っ腹プロモーション。23ヵ月の幼児から11歳までの子どもの基本運賃(税金などを抜く)が無料というもの。航空券の申し込み期...
2019年の秋から、ボストンにある77の公立学校で生理用品が無料配布されます。
8月30日から「HondaGO」の第二弾がスタートしている。今度はMVではなく、無料バイクレンタルサービスだ。
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
彫刻アートを通して社会問題についてうったえてきた、オーストリアの彫刻家、Erwin Wurm。彼の新しいアート・プロジェクトがブルックリンで開催されている。
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
8月18日まで、日本の発酵食品に焦点を当てたコンセプトショップ「のレンMURO神楽坂店」で100種類の甘酒が無料で試飲できる「利き甘酒まつり」が開催中。「...
ドイツから驚きのニュースが飛び込んできた。大学の授業料がすべて無料に!なんとも思い切った政策に思えるが、ドイツでは2000年代まで公立大学に限っていえば授...
つい先日、スターバックスが店内の無料Wi-Fiを使ってのアダルト動画検索および視聴をブロックしたと発表。この動きに対し、アダルト業界も黙ってはいません!
本当にタダなの?と疑問が浮かびますが、「カリクル」と提携している企業の協賛費や広告費でサービスを提供しているから、無料レンタルが実現できているそう。
サンフランシスコの観光スポットでオススメしたい「Musée Mécanique」。年代モノのアンティークゲームマシンが200機以上も並ぶミュージアム。コイ...
H&Mは1月22日〜27日の期間限定ではありましたが、タクシー配車サービスLyftと連携して、ニューヨークで古着回収を行いました。
若い女性のエンパワーメントやジェンダー平等を推進してきたイギリスの女優エマ・ワトソンが、職場でセクハラ被害に遭う女性たちのために法的アドバイスを提供する無...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
火星移住計画──。それがフィクションでなくなってきた印象は確かにある。民間ロケットがテスト飛行をし、これまでエイリアンや惑星衝突に固執してきたハリウッド映...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...