日本は400万円以上!ドイツの大学が、授業料を全て「タダ」に

ドイツから驚きのニュースが飛び込んできた。

大学の授業料がすべて無料に!

なんとも思い切った政策に思えるが、ドイツでは2000年代まで公立大学に限っていえば授業料は無料だった経緯がある。それ以降もせいぜい年間約15万円程度が授業料の相場だったと言うから、無料化は案外自然な流れだったのかもしれない。
そもそも国全体の教育レベルを上げるという意味では、無料化は理にかなってもいる。

th_schoolfees_01

■日本の学費は年間約100万円!?

ちなみに日本の大学の授業料は、公立私立、学部などによってかなり開きがあるものの、世界的に見てもかなり高い部類に入る。
例えば文部科学省による調査では、平成24年度の私立大学文科系学部の平均授業料は約74万円。入学金や設備費などがかかる初年度には別途約40万円がかかるので、1年生にいたっては年間100万以上の学費がかかる計算となる。
諸々事情が違うとはいえ、同じ先進国である日本で100万円のものが、ドイツではタダなわけで、この差はかなり大きい(&うらやましい!)。

th_schoolfees02

■アメリカ&イギリスでも学費は高騰中

では、この授業料無料という動きが先進国の間では常識かというと、そうでもないようだ。
例えば、アメリカでも年々大学の学費は高騰を続けており、州立大学でも年間平均約90万円がかかるとされている(ただし、アメリカの場合、大学によって開きが大きいため、あくまで目安の金額だ)。なかには、卒業後も学費のローン支払いに悩まされる人も多いとか。
同じくイギリスも大学の学費は高騰傾向にあり。2012年には大学の授業料がそれまでの3倍になったというニュースもあった。

■授業料無料化は正義なのか?

ここまでの流れでは、ドイツ万歳となってしまうが、コトはそう簡単ではないようだ。
前述の通り、家庭の経済状況に限らず高等教育を受けることができる社会は、国全体の教育レベル底上げというメリットがある。しかし、いくらタダでも肝心の中身が伴っていなければ意味がないわけで、実際ドイツの大学のなかには、運営が厳しいところもチラホラあるようだ。予算を削減された大学では、教授陣の質低下や設備投資が難しくなる。

ただただ金額だけを見て、短絡的に考えるような問題ではないが、現役大学生やその親たちからすると、やはりうらやましい話ではある。

Reference : topuniversitie.com , scholars for dev

タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
経済的な理由で、卒業できずに大学を去ってしまう学生が多いアメリカで、画期的なプログラムが発表された。世界最大の米コーヒー店チェーン・スターバックスが、アリ...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ベルリンにある「Evangelical School Berlin Centre(ESBC)」は、15歳までの間、学年や時間割りが存在しない学校です。学び...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
コロコロ変わる4月の天気にやられてか、私は風邪をひいた。日本から最低限の薬は持ってきていたが、冬の乾燥で何度か風邪をひき、もうストックもない。そんなわけで...
「Ping Pong Door」は、名前からも想像できるように、卓球台に変身するドアです。家に親戚や友だちが遊びに来たときに、ワイワイ盛り上がれそう。ビー...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
社会人になって置かれる環境や考えが変われば、学びたいと思う分野も変化するから。これって、ものすごく普通のこと。だけど日本では、学生に戻ることが特殊みたいに...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
ドイツのカッセルに出現した「パルテノン神殿」。実はこれ、世界各国で出版禁止になった本で作られています。その数、なんと10万冊。実はこのパルテノン神殿、以前...
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...