第1位をはじめTOP20のうち、5つはドイツの都市。これ、何ランキング?

いつしか世界共通語になってしまった「KAROSHI(過労死)」を生み出した日本がランクインしないのは納得。ここで紹介するのは、「Zipjet」が公表した世界で最もストレスの低い都市TOP20。失業率、渋滞、安全性、公害、人口密度などの要素をもとに算出されたもの。

個人的には、日本人のように几帳面で勤勉な人が多いと思っていた、ある国の都市が1位になっていたことが意外だった…!

上位はヨーロッパの国ばかり

8b83fb9e19bec713d8c79e3f01a76569bf4ef2c2

1位:シュトゥットガルト(ドイツ)
2位:ルクセンブルク(ルクセンブルク)
3位:ハノーファー(ドイツ)
4位:ベルン(スイス)
5位:ミュンヘン(ドイツ)


6位:ボルドー(フランス)
7位:エジンバラ(イギリス)
8位:シドニー(オーストラリア)
9位:ハンブルク(ドイツ)
10位:グラーツ(オーストリア)


11位:チューリッヒ(スイス)
12位:シアトル(アメリカ)
13位:ウェリントン(ニュージーランド)
14位:ニーチェ(フランス)
15位:ドレスデン(ドイツ)


16位:オスロ(ノルウェー)
17位:オークランド(ニュージーランド)
18位:ヘルシンキ(フィンランド)
19位:アブダビ(UAE)
20位:メルボルン(オーストラリア)

ちなみに、大阪は66位、東京は72位。いつかTOP20に、日本の都市が連なる時がくるといいな。

Licensed material used with permission by Zipjet
世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?第1位は、フランス...
世界各国の引っ越し先を検索できるという、海外生活の手助けをしてくれる家探しサイト「Nestpick」から、ミレニアル世代が住みやすい都市ランキングが発表さ...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
今年も国連の世界幸福度報告書による「世界で最も幸せな国ランキング」が発表されました。このランキングは、2012年から毎年リリースされているもので、世界全体...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
学生時代からこれまで52カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
ここで紹介するのは、先日「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」に掲載された、2016年に訪れたいヨーロッパの町ランキング。あえて先に結果...
コロコロ変わる4月の天気にやられてか、私は風邪をひいた。日本から最低限の薬は持ってきていたが、冬の乾燥で何度か風邪をひき、もうストックもない。そんなわけで...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
もしもアメリカで働けるとしたら?と想像してみたら、仕事探しに最適な街はそもそもどこなんだろう?と考えた。勢いで行ったのはいいけれど他の街にすれば良かった…...