「アメリカで就活予定」の人にだけ、チェックしてもらいたい記事です。

もしもアメリカで働けるとしたら?と想像してみたら、仕事探しに最適な街はそもそもどこなんだろう?と考えた。勢いで行ったのはいいけれど他の街にすれば良かった…なんて思わないよう、興味がある人は大手求人検索サイト「Indeed」が初めて出した、「職探しに最適な街リスト」の記事を参考にしてみてほしい。

リスト作りに活用した
「4つの質問」

「職探しをする人たちにとって、一番良い街はどこだろう?」

これは答えるのが難しい質問だ。人はそれぞれ違うわけで、どこへ行ってもホームと呼べる場所なんてないと思う人もいれば、どの街へ行っても隣の芝生が青く見える人もいる。

そうは言っても、ほとんどの人が賛成するであろう重要な事柄がいくつかある。そして現代は、住んだり仕事をしたりするのに際立って良い街はどうしてそう受け止められるのか、理由を知りたい時に参考にできるデータが今まで以上にある。

では、職探しに最適な街とは?私たちは4つの質問を聞いてみた。

・地元の労働市場が職探しをしている人に対してどれほど好意的か?
・その土地に必要な生活費に合わせると平均的な給料はどれくらいか?
・雇用者がワークバランスをどれくらい評価しているか?(Indeedのレビューデータベース上)
・雇用者が仕事の安定や昇進の機会についてどれくらい評価をしているか?(Indeedのレビューデータベース上)

Indeedに最も載っている50の主要都市のデータを分析し、その後それぞれの重要項目のパーセンタイルを計算。次に、データサイエンスチームが計算を行い、Indeedシティースコアとして結果をまとめた。

職探しに最適な街(2017)

68fc001b51a0f3121263f63f1c78a1729e789196

1. フロリダ州、マイアミ (89.2)

2. フロリダ州、オーランド (85.5)

3. ノースカロライナ州、ローリー (84.5)

4. テキサス州、オースティン (82.1)

5. カリフォルニア州、サクラメント (81.8)

6. カリフォルニア州、サンノゼ (78.6)

7. フロリダ州、ジャクソンビル (76.5)

8. カリフォルニア州、サンディエゴ (75.1)

9. テキサス州、ヒューストン (74.6)

10. テネシー州、メンフィス (72.6)

11. ネバダ州、ラスベガス (72.5)

12. カリフォルニア州、サンフランシスコ (70.0)

13. カリフォルニア州、リバーサイド (69.7)

14. ジョージア州、アトランタ (68.6)

15. カリフォルニア州、ロサンゼルス (66.6)

16. テキサス州、サンアントニオ (64.9)

17. ワシントン州、シアトル (63.6)

18. コネチカット州、ハートフォード (62.3)

19. ノースカロライナ州、シャーロット (61.7)

20. フロリダ州、タンパ (57.3)

21. ロードアイランド州、プロビデンス (56.6)

22. バージニア州、バージニアビーチ (52.7)

23. アリゾナ州、フェニックス (51.8)

24. テキサス州、ダラス (51.8)

25. バージニア州、リッチモンド (50.5)

※(   )はIndeedシティースコア

上位5都市の特徴

1. フロリダ州、マイアミ:

マイアミにだってもちろんマイナス要素はあるが、4つの要素のスコアをまとめるとランキング1位に輝いた。Bureau of Labor Statistics (BLS・米労働統計局)によると、一番大きい産業に、貿易や交通、そして電力会社などがある。

2. フロリダ州、オーランド:

多くの人にとって、オーランドはテーマパークやリゾートのイメージを思い浮かべるだろう。BLSによると街の一番大きい産業はホスピタリティ&レジャーだということだ。ディズニーリゾートやチェーン店の存在感が大きいので、驚くこともないだろうが、2番目には貿易がくるので仕事の機会は多岐にわたる。

3. ノースカロライナ州、ローリー:

仕事を探している人にとっては、リストにある街の中で最もフレンドリーな労働市場があるのがこの土地。給料の面でも良い。

主な雇用主には、デューク大学やヘルスシステムなどがあり、一方でBLSのデータによれば、専門的なサービスやビジネスが挙げられている。 

4. テキサス州、オースティン:

国勢調査によると、2011〜2014年の間アメリカ国内で最も急成長していた都市だ。オースティンはテクノロジーのハブであり、Apple、Dell 、Indeedの本社などがある。しかし、州会議事堂もあるので政治もオースティンの主な産業に入るのだ(BLS)。

5. カリフォルニア州、サクラメント:

一部にとっては驚きの結果かもしれないが、サクラメントはカリフォルニア州の中でもリストの中で、一番上だ。州会議事堂があり主な産業は政治で、25%近くにのぼる人がこの関連の職に就いているのだ!また、大手の出版社を始めとする様々な業界の、地域の中心的な場所となっている。

ニューヨークなどの大都市から
人が離れている現実

638772050023be956c26eaadc0a9e29299097cc2

これまで数十年間にわたって多くの人にチャンスを与えてきた、ニューヨークやシカゴなどの大都市がリストから落ちた。これは、人々がこれらの都市から離れているという、国勢調査が出したデータと一致している。

事実、近年リストから落ちているクリーブランド、ピッツバーグ、バッファローのような大きな街でも人口が減少してきている。また、セントルイスなどの街は人口の変動があまりないがリストに入っていない。とはいえ メンフィスでもあまり増えてはいないのだが、リストのトップ10に入った。

Indeedのシニア バイス プレジデントは「製造業の仕事は確実に減少していて、一世代昔のようにキャリアの成長を見込めない」としている。結果として、以前は集中していた州が今、働き手を引きつけるために経済を多様化させていて、自分たちの場所から能力がある人材を逃さないようにしているのだ。

だから、たとえ「最もチャンスを得られる都市」ランキングが昨日発表されたとしても、今日には違う結果になっているなんてことが起こりうる。そして時間が経つにつれ、このIndeedのリストも変わるだろうが、2017年版はひとまずこの通りといえる。

Licensed material used with permission by indeed
就活がうまくいかないこと、でも諦めないことをLinkedInに投稿したJasmine Pakさん。この投稿がLinkedInのCEOの目に止まり、多くのシ...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
学生生活も後半に差し掛かると、就職活動が始まります。中には、何社も内定に落ちてしまい気分が落ち込んでなかなか次に行けないという人も。ここでは、就活あるある...
社会的、経済的な側面から「ミレニアル世代」と呼ばれる18歳〜34歳。この世代特有の価値感の変化がさまざまなメディアで伝えられますが、ここで紹介したいのは、...
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
2016年はみなさんにとって、どんな1年だったでしたか?不完全燃焼でしたか?充実していましたか?結果はどうにせよ、それぞれ素敵な瞬間もあった1年だったはず...
新しい仕事を探して、ポートフォリオの準備をしたり、面接のシミュレーションをするのは、胃がキリキリするもの。不安でいっぱいになり、手は汗ばみ、吐き気すら催す...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
まだ社会人経験がないなか就職活動をすると、不安なことばかりで、面接前に緊張することでしょう。この記事を読んで、すこしでも事前準備を整え、自信につなげてください。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
初デート用の「チェックリスト」を自分でつくって、基準をはっきりさせておけば間違いは防げる。Elite Dailyによれば、デートの合間に見定めるべきリスト...
約半数のアメリカ人が異星人やそれに準ずる物の存在を信じていて、そのうちのほとんどの人が、「異星人は定期的に地球を監視するために訪れている」と思っていること...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
北カリフォルニアでニュースキャスターをするFrank Somervilleは、ある日、Facebookにこんな疑問を投稿しました。「もしも僕がアメリカに来...
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。