うまくいったり、フラれたり。「職探し」と「恋人探し」って似てない?

新しい仕事を探して、ポートフォリオの準備をしたり、面接のシミュレーションをするのは、胃がキリキリするもの。不安でいっぱいになり、手は汗ばみ、吐き気すら催す緊張の経験は、誰しもがあると思います。職探しは、気持ちのジェットコースターです。

では、これを「恋」に置き換えて考えてみると?

そうなんです。感じることはほとんど同じなんです。いいときもあれば、悪いときもある。成功するときもあれば、立ち直れないくらい落ち込むときもあります。ちょっとこじらせてる「Elite Daily」の女性ライター、Stephanie Ironsonさんがまとめた、職探しと恋人探しに共通した「あるある」を探っていきたいと思います。

01.
いつでもどこでも行く準備ができていること。そして、臨機応変さが必要。

ビジネスの世界
「朝の7時から面接で、試験には43時間かかるんですか?わかりました。お会いして、今回の求人に関して詳しくお話を伺えることを楽しみにしています。お時間いただきありがとうございます」
(※念のため45分前に到着)

恋愛の世界
「夜通し飲んだあとの朝3時に来いって?あはは。本気で言ってるの?でも今、とくに何もしていないし暇だから、すぐに行くね」
(※電車を2つ乗り継いで、ウーバーに1回乗り、12ブロック歩く)

02.
プロフィールは、常にベストな自分にアップデート。

ビジネスの世界
「家族から、廊下の先にいる新入生の女の子まで、すべての人にLinkedInで『パワーポイント』のスキルを推薦してもらうべし。写真も眼鏡をかけているものに変えたほうがいい。なぜなら、そのほうが「プロフェッショナル」っぽく見えるから」

恋愛の世界
「Facebookのプロフィール写真をトリコロールやレインボーカラーになっていないものに替えたら、悪い人みたいに見えるかな?まぁいいか。でも、せめて谷間がキレイに映っている写真を探さなきゃ」

03.
メールの意図を深読みすると、こういうことでしょ?「ありがとう、でもごめんなさい。この負け犬が」

ビジネスの世界
「あなたの資質に見合う仕事が、今はありませんでした。ですが、今後また機会があるかもしれませんので、履歴書はシステムに保存させていただきます」

恋愛の世界
「メールもスナップチャットも一切返信がないのは、デートをしたくないから。どこをどう取っても、好きになれるところがない。でも、連絡先は消去しない。もしかしたら来週には誰も相手にされなくて、寝る相手がほしくなるかもしれないからね」

04.
周りがかけてくれる言葉も、だいたい同じ。

ビジネス&恋愛の世界
「本当にあなたにふさわしい仕事(人)をまだ見つけられていないだけ!時間がかかっているだけよ、きっと。運命の相手じゃなかったんだわ。次の仕事(人)のほうが絶対にいいよ!気にすることないから」

05.
断られたあとになって、冷静に考える。

ビジネスの世界
「なんで、あそこで仕事がしたいなんて思ったんだろう?たしかに福利厚生はありえないくらい良かったし、給料だってこの狭いアパートから引っ越しができるくらい良かった。夢が叶うと思ったけど…。でも、あの面接官の女の息の臭さは世界で1番最悪なレベルだったし、あれが毎日かと思うとやっぱり考えられないかな。うん、結果的に良かった」

恋愛の世界
「ほんと、彼の息の臭さはひどかった」

06.
うまくいったら人に公表したい。

ビジネスの世界
「仕事が見つかったら即座にLinkedInのプロフィール、Facebookの仕事欄、Twitterのbio、Instagramにさえも『僕はもう、ただのビジネスマンではない』とか書き加えちゃったりするの」

恋愛の世界
「数回デートしただけだったら、まだ周りに言わないのが賢い選択かも。でも数週間もしないうちに、プロフィール写真を新しい彼氏が映っているものに変更して『大好きな人♡』とか投稿しちゃうの」

07.
緊張で下痢気味になる。

ビジネス&恋愛の世界
「そういうものなの」

Licensed material used with permission by Elite Daily
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
もしもアメリカで働けるとしたら?と想像してみたら、仕事探しに最適な街はそもそもどこなんだろう?と考えた。勢いで行ったのはいいけれど他の街にすれば良かった…...
9月5日、Facebookは恋人探しができる機能「Facebook Dating」をアメリカで提供開始と発表。
家の観葉植物に水をあげる用のジョーロ。じつはずっと気に入るものを探していた。ここで言う“気に入る”っていうのはルックスの話だ。
「日本ケロッグ」が従業員による新しい“運動×食糧支援”のボランティアプログラムを実施中。自宅でのエクササイズ1分=シリアル1食分として期間合計1万食の寄付...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
パキスタン出身で医者のRehan Munirさんは、アメリカで仕事経験を積むためにニューヨークで部屋探し。インターネットに自己紹介と写真を掲載したところ、...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
42の国と地域で4万5000人を対象としておこなった調査「世界でもっとも尊敬されているランキング」で、オバマ夫妻がそれぞれ男性1位、女性1位に選ばれた。
「何が不満なのか分からない」、「どこまで指導していいのか迷ってしまう」……。企業における女性社員の現場で、女性部下の「取り扱い」について頭を抱えている男性...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
「いつだって愛されていたい」と思うのは、国を超えて女性に共通することですよね。彼氏ができたと思っても、実は自分は2番目だった。知らない間に浮気されていた…...
リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントの清家三佳子さんによる共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)をご紹...
ついつい、うっかり、本気で好きになってしまった。
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントとして活躍する清家三佳子さん共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)...
仕事も学校もある生活の中で、ホームレスになったわんちゃんのために家族を探す女性。「今でも忘れられない」というほど辛い別れを乗り越えつつも、「Friends...
バリバリ仕事ができる女性っていますよね。そういう人は一体まわりの人とどう違うのでしょうか。その特徴を知り、これを備えることを目指せば自分も仕事ができる女性...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
アメリカの『Etsy』でテラリウムをアクセサリーにしたものが販売されていて、日本でも似たようなものがないかと探していました。見つけたのが、『Niche.(...