3日間着っぱなしTシャツの「におい」で恋人探し!?NYの仰天マッチングサービス

あなたが恋人に求めるものは性格?見た目?それとも…におい?

米サイト「Mic」より、驚愕の記事をご紹介。いま、NYに“におい”を頼りにデート相手を見つけるというマッチングサービスがあるんだとか。ここで言う「におい=体臭」ですよ、どんなフェチの集まり?

パートナー選びは体臭から!?

shutterstock_282816104_2「世界初!においによる出合い系サービス」と銘打ったこのマッチングサイト「Smell Dating」は、まさに愛犬のパートナー選びと同じアプローチで恋人を探そうというもの。冗談ではありません。あなたは、誰かが着用したTシャツのにおいを嗅ぎ、気に入った人とデートをする。容姿で選ぶ従来の方法ではなく、嗅覚を頼りに相性を見極めなければなりません。もちろん、消臭剤や香水の使用は厳禁です。

どうやら、この驚きのマッチングサービスは、あるデザイナーとNY大学の研究員がアートプロジェクトの一環として、共同で開設したちょっとした実験のようなもの。要するに相手の体臭を本能的に受け入れられるかどうかがポイントなようですが、研究者たちによると、動物と同じようにこれは本能的な習性でもあるようです。それにしても、体臭を頼りに理想の相手を選ぶとは。

デート成立までの
仕組みがこちら!

このシステムがどうワークするのか、以下のチャートを元に詳しく見ていきましょう。

①登録するとTシャツが送付されてくる。②Tシャツを3日3晩着用する。消臭剤・香水は厳禁。③同封の封筒に入れ、Smell Datingに送る。Smell Datingが選別した、他の人々が着用したTシャツのサンプルが届く。④複数のサンプルを嗅ぎ分け、気に入ったものを報告。⑤もし、気に入ったTシャツの相手が自分の体臭を気に入れば、連絡先を交換。⑥デート成立。

見た目の第一印象よりも
“におい”の相性が大事

こちらはSmell Datingのプロモーション動画。じつに直感的で刺激的な内容に、思わず失笑。

共同開発者のTega Brain氏はデザイナー、エンジニアとしても活躍する人物。彼女は以前、調香師と共にプロジェクトを動かしていた際の経験を活かし、このマッチングサービスを思いついたんだそう。
曰く、調香師たちの間では、世界を深く知るためには“香り”への理解が不可欠であり、嗅覚が大きくモノを言う。それは、人間が互いを理解し合う上でも重要なファクターなのではないか。彼女は、Micの取材に対しこう答えました。

「もしも、デートが見た目の情報に基いていなかった場合、いったいどうなるのだろう?という疑問がふと浮かんだの。相手の体臭から得た情報は、見た目で選ぶ出合い系サイトに比べて、より直感的で自然だと感じたんです」

生身の人間を、アバダーやプロファイル写真の幻影に置き換えてしまったことがインターネットの功罪だ、と主張するBrain氏。

一人ひとり異なる体臭
いわば、それはフェロモン

shutterstock_376797979_2すでに2008年の段階で、人から発するにおいは実際に指紋のように人それぞれ特徴があることが、フィラデルフィアのMonell Chemical Sense Centerの研究で判明。体臭は、食習慣の違いによっても変化していきます。しかし、いざ恋人を選ぶという段階で、脳では性別や性的嗜好に開放的にはなるものの、あなたが「どんな人とデートをしたいか?」までをチェックすることはできないんだとか。

つまり、嗅覚で選ぶSmell Datingは、人が見た目に惑わされることなく、直感的に嗜好の合う相手を選ぶチャンスを得るサービスだと言えなくもありません。それでも、体臭でデートする相手を探すなんて、キモチ悪い。こう考えるのが普通ですよね。

けれど、におい(すなわちフェロモン)はこれまでにも多くの研究で、恋愛において、まるで引力のように不思議な力を持って互いを引き付け合うことが結論付けられています。たとえ私たちが意思決定のプロセスで、体臭について意識していなかったとしても。

自分の嗅覚、信じられる?

shutterstock_226064767_2

「相手の第一印象をにおいから入る。あなたの根底にある直感を呼び起こすことで、ネットとは違った方法で距離を縮めることができると思うんです。我々は、人間の進化をこれからも研究し、深く直感的な手がかりを介して、その人に最適な相手を見つけ出す手伝いをしていきます。自分の嗅覚に身を任せ、感動的な出会いを広げていきたいと思っています」

オンラインデートが盛んなアメリカ。本当にこの“体臭”サービスがワークしているかどうかは、実際のところ数字としてうかがい知ることができません。残念ながらSmell Datingのサイトでも。

最良のお相手は、“自分の鼻”だけが知っているとしたら…。「視覚」と「嗅覚」、あなたが最後に頼るのはどっち?

Reference : Smell Dating , Metro
Licensed material used with permission by Mic

日本では若者の恋愛離れなどと言われているが、マッチングアプリの需要は上がり続け、目的やサービスも実に多様化している。渋滞中のロマンス探しや、完璧なプロフィ...
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
悶絶から美臭まで——。今年1月に宮城・仙台で約19万人を動員した「におい展」が関東に上陸。9月14日から12月8日まで「マークイズみなとみらい」にて開催中だ。
9月5日、Facebookは恋人探しができる機能「Facebook Dating」をアメリカで提供開始と発表。
マスクの内側に貼って使える「固体酸素シート」は、 呼吸をしやすくするだけでなく、ウイルスやバクテリアの除菌、抗菌、消臭性能にも優れ、いつものマスクを手軽に...
夏は野外でのイベントも多く、炎天下に長時間……なんてことも。そんなとき気になるのが脇汗のにおい。たとえ他の人のにおいだとしても「もしかして自分?」なんて気...
オンライン上で試着できるサービス「Kimakuri」が、体験版の提供を開始。自分の情報を登録したアバターを利用して、1秒で試着可能です。
LAのメンズウォッシュ専門化粧品メーカー「ヒースクリーン」が開発した、男性のデリケートゾーンのための「SEAN」。
新型コロナウイルスの影響で行き場を失ったTシャツ生地を使用し、抗ウイルス加工を施した「着るマスクTシャツ」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE...
旅先の人々とマッチングして一緒に食事を楽しむマッチングアプリ「OodyMate」を紹介。
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
恋人や結婚相手を見つけるために当たり前のように使われているマッチングアプリ。そんななかでも、業界初となるサービスを提供するのが「ALKO」だ。
私がニューヨークを離れた大きな理由の一つが「マッチング文化」。3年間付き合ったパートナーと別れたとき、私はオンラインマッチングの流行に乗り遅れて、その世界...
アトランタを代表する美術館、High Museum of ARTは館内で使える“マッチングアプリ”を開発。スマホ画面に展示中の作品が表示され「いいね」する...
マッチングアプリ「Pairs」に、新機能「ビデオデート」が登場する。これまでチャットのみだったコミュニケーション機能に加え、ビデオ電話や音声通話ができるよ...
一生忘れられない宿泊体験を提供するホテル(?)が世界にはたくさん。もちろんここ日本にも。
先週10月22日(木)から規格外品を集めた展示販売イベント「NO PROBLEM store」が「パスザバトン表参道店」内の「パスザバトンギャラリー」で開催中。
多くのミレニアル世代が使っているTinderが、アメリカの大学で新学期が始まるタイミングに合わせて、大学生限定のサービスを始めました。
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
「シチズン時計」は11月28日、ARで腕時計の試着体験ができる新サービス「CITIZEN AR try」を開始。
幼稚園以来、じつに30年ぶりの再会を果たしたカップルが、アメリカ全土で話題となっています。ただの再会では誰も騒ぎませんよね。じつは彼ら、マッチングサービス...
「People Walker」は、一緒に歩く人を雇えるマッチングアプリ。誰かに自分の抱えている悩みを聞いてほしい、ひとりでウォーキングをしたくない。いろん...