職人のクラフトマンシップを感じる「オール・ハンドメイド」の絵本。

最近、ひさびさに絵本を手に取りました。ちょっと不気味な木の絵が表紙に描かれた『夜の木』という絵本です。ざらざらとした漆黒のぶ厚い紙。ページをめくると、独特な懐かしい香りがしました。子供の頃だったら、きっとストーリーに注目したと思うのですが、私は本そのものの工芸品のような佇まいに惹かれてその絵本を購入しました。

どんな場所で、どんな人たちが作った絵本なんだろう。そう思って「タラブックス」という出版社の名前をネットで調べてみると、『タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる』(玄光社)という本が見つかりました。その本を読んで、自分が大人になってもこの絵本に魅力を感じた理由がわかったのです。

一冊の本を作るために、
ここまでする。

47124a49e4f153df5844eb144d220161b36ecbe2

絵本が作られているのは、南インド・チェンナイにある「タラブックス」という出版社。『夜の木』は、日本語だけでなく、フランス語、ドイツ語、韓国語、スペイン語、イタリア語にも翻訳され、タラブックスのロングベストセラーになっている絵本なのだそう。

何より驚いたのは、本の作られ方。なんと手漉きの紙に、シルクスクリーン(版画技法の一種)によって一枚一枚手刷りで印刷されていて、それを職人が糸で製本していたのです。独特な香りの正体は、インクと紙。ぼこぼことした均一でない紙は、手漉きの紙だったからなのです。

D03144bde9a4c6e4ad9dce9fb57544b290f8883f

機械で大量印刷できる時代に、こんなにもアナログな方法で一冊の本が作られているということに、電子書籍にはない「紙の本」の可能性を感じました。

Ddec513b54fa759d07808fff2989ea685159f503
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
夫婦2人の出版社「アタシ社」は、神奈川県逗子市にあります。ミネシンゴさんは美容文藝誌『髪とアタシ』の編集長、三根かよこさんは30代向け社会文芸誌『たたみか...
『髪とアタシ』は、ミネシンゴさんと奥さんの三根かよこさんの二人による夫婦出版社「アタシ社」から出版されています。流行の髪型だけを取り上げる美容雑誌ではあり...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。
カーペンターとサーファー。2つの顔を持つPeterのビルドアップスタイルは、オールハンドメイド。その出来栄えは、自宅のガレージでつくるレベルをはるかに超え...
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
“Today is a very good day to die.” この言葉は、俺の人生を2度も変えた。1度目は、インディアンネームを授かった時。2度目...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
ドイツのカッセルに出現した「パルテノン神殿」。実はこれ、世界各国で出版禁止になった本で作られています。その数、なんと10万冊。実はこのパルテノン神殿、以前...
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
地球儀をつくる職人、と聞いてもあまりピンとこないかもしれません。でも、ロンドンの老舗地球儀メーカー「Bellerby & Co」は、一つひとつをハンドメイ...