約50足のスニーカーを履き分けている出版社のディレクターが、今ハマっている「ランニングシューズ」。

スニーカーはファッションとしてもギアとしても好きで、だいたい50足ぐらいを所有しています。街履き用、山用、自転車用、ランニング用など、フィールドやアクティビティ別に履き分けていますね。

なかでも、今一番ハマっている1足が「adizero takumi sen boost(アディゼロセンタクミブースト)」。ジム用としてバッグに入れています。

僕のは2015年頃に発売されたものですが、現在も人気のあるシリーズです。箱根駅伝3連覇の青学陸上部も使っているとか。

つまり、このシューズはサブ3ーーフルマラソンを3時間以下で走るランナー向けのモデル。本気のランニングシューズなので、ジムで使うなんて贅沢すぎる! はっきり言って場違いです。

実際、履いていても驚くほど軽いし、Continentalというタイヤメーカーが開発したラバーはクッション性もグリップ力も素晴らしいです。

ジムじゃなくて、ランニングで使えって話ですよね(笑)。

ただ言い訳をさせてもらうと、軽いってことはそれだけ携帯しやすいんです。

僕は仕事帰りに、行ける時にジムへ行くって感じなので、ジム用シューズは通勤バッグに入れっぱなし。軽量というのはすごく大事なポイントなんです。

あとは、このカラーリング。

ジムの皆さんは結構地味なので、あえてビビッドなカラーで。この鮮やかな色みも気に入って、ジム用とさせてもらっているわけです。

う〜ん、あんまり言い訳になってないですが、とにかくめちゃくちゃいいランニングシューズだと思います。

シンプルにカッコイイですしね。 

植松正晃/エイ出版 デジタル・ディレクター
ジムでのトレーニングは週2〜3回。社内のトライアスロン部部長も務めるアスリート。本業では『2nd』と『趣味文CLUB』のマーケティング&商品開発に奔走中。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
カナダの〈PEOPLE Footwear(ピープルフットウェア)〉がレギュラーで展開している「AQUA LENNON」。いわゆるマリンシューズですが、PO...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
とにかく未体験の人は一度履いてみることをオススメする。クッション性がどうとか、どのシューズでも語られることだけど、コイツはちょっとモノが違う。
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
〈TRIOP(トリオプ)〉の「API」はアッパーに柔らかいシンセティックレザー(人工スウェード)を使用。ストレッチ構造になっているので、最初からストレスな...
強くて、軽くて、自然にも肌にもやさしいフットウェア。アディダスが、100%生分解性の素材を使ってランニングシューズをつくった。プロトタイプ「adidas ...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
「職場ではビジネスシューズからリラックスシューズに履き替えて、足の疲れを癒しつつ、仕事のパフォーマンスをアップさせたい!」という方に、足元のリカバリー(回...
トレイルランニングをベースにしている〈Mountain Martial Arts(マウンテンマーシャルアーツ)〉。「MMA Denim Run Pants...
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
舗装されていない登山道や林道などを駆け抜けるスポーツ、トレイルランニング。始めている人も増えてきてやってみようかな?と思っているあなたに、その魅力やはじめ...
登山靴でもなければクライミングシューズでもない、今話題の「アプローチシューズ」をご紹介。高い機能性とファッション性が、2018年、フェスや街、アウトドアで...
「Mandem Safe」はAdidasとNikeの箱に収まるようにデザインされた金庫です。
ビジネスやランニング、トラベルなどの多くのシーンに対応できるように開発されたのが「Shooz」。靴を2つのパーツに分けることで、自分だけのカスタマイズがで...
これは傑作、と思わず繰り返して見てしまいました。わずか1ヶ月あまりで1,100万回再生されたショートムービーを紹介します。セリフは一切ありませんが、ぜひ動...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...