約50足のスニーカーを履き分けている出版社のディレクターが、今ハマっている「ランニングシューズ」。

スニーカーはファッションとしてもギアとしても好きで、だいたい50足ぐらいを所有しています。街履き用、山用、自転車用、ランニング用など、フィールドやアクティビティ別に履き分けていますね。

なかでも、今一番ハマっている1足が「adizero takumi sen boost(アディゼロセンタクミブースト)」。ジム用としてバッグに入れています。

僕のは2015年頃に発売されたものですが、現在も人気のあるシリーズです。箱根駅伝3連覇の青学陸上部も使っているとか。

つまり、このシューズはサブ3ーーフルマラソンを3時間以下で走るランナー向けのモデル。本気のランニングシューズなので、ジムで使うなんて贅沢すぎる! はっきり言って場違いです。

実際、履いていても驚くほど軽いし、Continentalというタイヤメーカーが開発したラバーはクッション性もグリップ力も素晴らしいです。

ジムじゃなくて、ランニングで使えって話ですよね(笑)。

ただ言い訳をさせてもらうと、軽いってことはそれだけ携帯しやすいんです。

僕は仕事帰りに、行ける時にジムへ行くって感じなので、ジム用シューズは通勤バッグに入れっぱなし。軽量というのはすごく大事なポイントなんです。

あとは、このカラーリング。

ジムの皆さんは結構地味なので、あえてビビッドなカラーで。この鮮やかな色みも気に入って、ジム用とさせてもらっているわけです。

う〜ん、あんまり言い訳になってないですが、とにかくめちゃくちゃいいランニングシューズだと思います。

シンプルにカッコイイですしね。 

42c5a66557498b5ee6466033b12667363fba226e1de2674b470ffe1fb025dde8f0240e413f21aaf17a9a9f0b5fbbf08527629b4f643a833b7e7b2fd7A9e8d59b57cc232238abc203093b42592b1779fd

植松正晃/エイ出版 デジタル・ディレクター
ジムでのトレーニングは週2〜3回。社内のトライアスロン部部長も務めるアスリート。本業では『2nd』と『趣味文CLUB』のマーケティング&商品開発に奔走中。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

カナダの〈PEOPLE Footwear(ピープルフットウェア)〉がレギュラーで展開している「AQUA LENNON」。いわゆるマリンシューズですが、PO...
〈TRIOP(トリオプ)〉の「API」はアッパーに柔らかいシンセティックレザー(人工スウェード)を使用。ストレッチ構造になっているので、最初からストレスな...
トレイルランニングをベースにしている〈Mountain Martial Arts(マウンテンマーシャルアーツ)〉。「MMA Denim Run Pants...
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
強くて、軽くて、自然にも肌にもやさしいフットウェア。アディダスが、100%生分解性の素材を使ってランニングシューズをつくった。プロトタイプ「adidas ...
舗装されていない登山道や林道などを駆け抜けるスポーツ、トレイルランニング。始めている人も増えてきてやってみようかな?と思っているあなたに、その魅力やはじめ...
これは傑作、と思わず繰り返して見てしまいました。わずか1ヶ月あまりで1,100万回再生されたショートムービーを紹介します。セリフは一切ありませんが、ぜひ動...
ヒールを履いたとき特有の「足の痛み」や「歩きにくさ」。多くの女性が我慢に我慢を重ねてきたあの悩みを、画期的なデザインで解消したハイヒールがあります。驚くな...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
クライミングシューズは、もっとファッショナブルでなければ。と、一念発起してつくられたのが「So iLL」。レトロなシューズデザインから着想を得て開発された...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
フィットネストラッカー「Moov Now」の特徴は、トレーニング中に過去の自分の記録と比べて、パフォーマンスが悪いと煽ってくれることです。要するに、常に限...
〈MOONSTAR(ムーンスター)〉の「RALY W」です。起毛感のあるモールスキンのアッパーは秋冬にピッタリ。実際、保温効果もあります。色味も落ち着いて...
〈BETONES(ビトーンズ)〉の「DANIEL2」は、ワッフル素材を使ったボクサーパンツ。ふわっとした肌触りのよさに加えて、動きやすさやフィット感も抜群...
〈GOOD OL'(グッドオル)〉の「BASCKET SHORTS(バスケットショーツ)」は、サイドスリットからのぞくカラフルなインナーメッシュがアクセン...
どのような食生活が合うかは人それぞれですが、Vlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、...
イギリスのシューケアブランド〈Crep Protect(クレッププロテクト)〉の「シューズリフレシャー」は、カプセルを回してシューズに入れておくだけで、乾...
ほぼ毎日と言っていいほど、ジムに通っている僕。「今日は胸の日」「明日は背中の日」といった具合に、その日ごとに鍛えるパーツを決めて重点的に筋トレをおこなって...