雨でも走り続けられる「ランニングシューズ」が「Allbirds」から登場

1月23日、「Allbirds」から新たなランニングシューズが発売された。

Wool Dasher Mizzle(ウールダッシャーミズル)」は、さまざまなコンディション下でのランシーンの快適さをサポートする一足だ。

アッパーからソールに至るまで自然由来の素材を使用し、かつハイパフォーマンスな走りを追求。2020年春、初のランニングシューズとして発売され、TIME誌の選ぶThe Best Innovations 2020を受賞した「Tree Dasher(ツリーダッシャー)」のコンセプトや機能はそのままに、アッパーにメリノウールを採用した。

ポイントは、そのアッパーに施した水からガードするシールド加工。従来、撥水に使用されるフッ素系界面活性剤は、環境や人体への影響が懸念されているという。

そこで「Wool Dasher Mizzle」では、フッ素化合物を使用することなく、バイオベースの撥水加工を採用した新素材パドルガードを開発。肌に触れるスニーカー内部のソフトな風合いはそのまま、外側は水を防ぎながら、ウールならではの通気性のよさでドライな履きごこちをキープしてくれる。

また、FSC認証の天然ゴムを使用したアウトソールが、地面をしっかりとグリップ。裾の広がった台形のデザインで、濡れた路面での安定性を高めた。晴れの日はもちろん、小雨の降る日でもランを楽しめる喜びを体感しよう。

価格は1万7500円(税込)、ミッドカットは1万8500円(税込)。購入はオールバーズ原宿店、公式オンラインストアにて。

© Allbirds合同会社
© Allbirds合同会社
© Allbirds合同会社
© Allbirds合同会社
Top image: © Allbirds合同会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事