Reebok史上「もっともやさしいランニングシューズ」本日発売

本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来の素材を原料とする高機能性ランニングシューズを発売する。

「FOREVER FLOATRIDE GROW」は、市販用として「もっともサステイナブルな高機能性ランニングシューズ」となることを目指して開発された一足だ。

ミッドソールには、高いクッション性と反発性をもたらす、植物由来の「エラスティルBIO」という素材を採用。持続可能な方法で栽培された唐胡麻(キャスタービーン、ひまし)から製造され、オリジナルモデルである「FOREVER FLOATRIDE ENERGY 2 」と同等のパフォーマンス性クッション性の維持を実現した。

サステイナブルな方法で調達され、最後には自然に生分解されるユーカリを原料としたアッパーは、丈夫さ高い通気性を兼備。ソックライナーには侵入性増殖が進む地域から収穫されたブルーム藻を用いており、天然の防臭効果もあり。

加えて、柔軟性、耐久性、反発力に富んだ天然ゴムのアウトソールは、一般的な高機能性フットウェアに採用されている石油ベースのものではなく、天然ゴムの木からサステイナブルな方法で調達されている。

価格は1万5400円(税込)で、購入はオンラインショップから。

なお、この商品は、2024年までにすべての原材料からバージンポリエステルを完全に排除することを目標に掲げ、環境問題に配慮したサステイナブルな商品開発を目指す取り組みの一環。今後、リーボックを代表するほかのモデルにも植物由来素材を使用したエディションが登場する予定だ。

©リーボック アディダスグループ
©リーボック アディダスグループ
Top image: © リーボック アディダスグループ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事