来秋発売!「Reebok」から植物由来素材の高機能性ランニングシューズ

「Reebok」から植物由来の素材を使用した高機能性ランニングシューズ「Forever Floatride GROW」が来年秋より発売される。

このモデルは、Reebokが誇る独自のクッショニング素材「Floatride」を搭載した高機能ランニングシューズでありながら、環境問題に配慮されたサステイナブルな天然素材で作られているという。

持続可能な製品を望む消費者に対して、妥協のない機能性を求めて開発されたこのシューズ。植物由来の原材料を開発することから始まり、3年間に渡る開発期間を経て生み出されたという。

2018年には"100%リサイクル可能なスニーカー"を発売して話題を呼ぶなど、環境問題に対して積極的な姿勢をみせている同社。今後は、生産に使用する原材料から新品のポリエステルの含量を削減していき、2025年までには完全に排除することも目標にしている。

©Reebok
©Reebok
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Reebokの新イノベーションシューズ「NPC UK Cotton + Corn」。オーガニックコットンや工業用トウモロコシが使われていて自然に優しいので...
「CALPIS」ブランドより新商品。乳製品を一切使用せず、豆乳を発酵した植物由来の「GREEN CALPIS」が登場。コレステロールゼロ、1本あたりのカロ...
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
「リーボック」のスペシャルコレクション「Reebok eightyone(リーボック エイティーワン)」が2月28日(金)に発売。
2020年2月16日、ドムドムハンバーガー × BPMによるたった一日だけのコラボイベント「ドムドムが池尻大橋にやってきた!」を実施。当日の様子がこちら。
全世界で愛される「トムとジェリー」が「リーボック」とコラボレーションを果たす。
米食肉加工最大手の「タイソン・フーズ」が植物由来の「エビ」を2020年初頭マーケットに展開することを発表。
1980's〜90'sのファッションがリバイバルするなか、アパレルやシューズ業界ではさまざまなモデルが復刻されている。
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
レディー・ガガのInstagramに公開されたのは、ブリーチをかけた真っ白な眉に“すっぴん”で寿司屋を訪れたという1枚だ。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
「アシックス」が建築家の隈研吾氏とコラボレーション。
春先のキャンプや花見で頭を悩ませるアウター選びに終止符!「アンサー4」「ティートンブロス」「ELDORESO(エルドレッソ)」の軽くて携帯性に優れた機能性...
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...