100%植物由来の「豚挽肉」の再現に成功!

肉汁の滴る偽肉ハンバーガーを作り出し話題を呼んだ食品テクノロジー企業「Impossible Foods」。そんな同社が、新たに「偽豚肉」を生み出したことが今月おこなわれたデジタル見本市「CES 2020」にて発表された。

豚の挽肉に限りなく近いこの食品は、100%植物性であるうえにハラールやコーシャにも対応。実際に食べた人のレポートでは、驚くほど本物に近い味となっており、わずかに異なる食感も気にならない程度だそうだ。

同製品の開発者らは、豚挽肉の風味を徹底的に調べ、牛と比べた場合の淡白さや、牛の赤身にはない脂身部の食感や風味を再現することに尽力したという。

アジア圏における豚肉消費の増加に対して、一定の貢献ができると考えて生まれたという同製品。麻婆豆腐やシューマイ、ロールキャベツなど、さまざまな料理への使用が期待できそうである。

Top image: © iStock.com/Seva_blsv
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
米食肉加工最大手の「タイソン・フーズ」が植物由来の「エビ」を2020年初頭マーケットに展開することを発表。
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
アジア発フードテックの植物性代替肉「オムニポーク(OmniPork)」が、5月18日より一部小売店での販売をスタート。2020年には都内・大手外資系5つ星...
「CALPIS」ブランドより新商品。乳製品を一切使用せず、豆乳を発酵した植物由来の「GREEN CALPIS」が登場。コレステロールゼロ、1本あたりのカロ...
「LOWDY」は、革靴とスニーカーの両ステージでキャリアを積んだデザイナーによる2WAY仕様のローファー・スニーカー。
今回は吉祥寺に6月1日にオープンした「挽肉と米」。人気すぎてなかなか入れない「挽肉と米」が出すハンバーグって、どーなんよ?
来秋発売の「Forever Floatride GROW」は、「Reebok」が誇る独自のクッショニング素材「Floatride」を搭載した高機能ランニン...
タピオカでんぷんと海藻グルコースをベースに作られた100%植物性の「ヴィーガン刺身」。ついに世界へ。
ポイントは、豚バラ肉をりんごジュースベースの液に浸して一晩寝かすこと!
4月25日よりイケアストアにて植物由来100%のカップラーメン「プラントラーメン」が発売開始。
9月26日(土)より渋谷区エリア限定の「渋谷区観光協会」公認の”渋谷ご当地クラフトビール“「渋生(しぶなま)」が発売された。
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第7回は、「白金豚の角煮缶詰」...
「IKEA」は、サステナブルなフードを通じてビジネスを実現するという目標に基づき、肉の代わりに植物由来の原料を使用した「プラントボール」を新発売。黄エンド...
グリコの「プッチンシリーズ」史上初となる動物性素材を使用していない「植物由来のプッチンプリン」が販売を開始。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
司法の場で虐待被害児に寄り添う「コートハウス・ファシリティ・ドッグ(付添犬)」を知っているだろうか?
味とは無関係の理由で、価値が付かずに廃棄されてしまう未利用魚を活用したミールキット「Fishlle!」が登場! 徹底した品質へのこだわりと、環境への配慮が...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
天然由来成分100%のホワイトニングハミガキ「Davids」より新フレーバーが登場。優しい清涼感の「スペアミント」と、すっきりとした甘さを実現した「ハーバ...
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...
「EyeQue VisionCheck」は、測定用のデバイスをスマホに取り付けて、専用アプリを使って自宅で視力検査ができます。所要時間は3〜5分ほど。20...
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
“100人の100歳越えによる100歳になるアドバイス”をまとめたWEBサイトの紹介です。