世界初!「Allbirds」が100%植物由来の「プラントレザー」を開発

長年、ファッション業界は「レザーに替わる素材をどうしたら生み出せるか」を模索し続けてきた。

サステイナブルなモノづくりを続ける「Allbirds」はその答えを具現化すべく、革新的な素材を開発する米企業「ナチュラル・ファイバー・ウェールディング」とその「Mirumテクノロジー」に対して200万ドルを投資。世界初となる100%植物由来のプラントレザーの開発に成功し、自社のオープンソースに加える。

このプラントレザーは、カーボンインパクトを従来の天然皮革に比べて40分の1石油由来の合成皮革と比べて17分の1に軽減するという。自然に還る素材で、植物油や天然ゴムなどのバイオ素材を原料としたもっともサステイナブルなレザーといえるだろう。

「今回のパートナーシップおよびそのテクノロジーによって開発されるプラントレザーは、ファッション業界から石油系素材を失くすための大きな一歩となるでしょう」とは、Allbirds共同創業者であるジョーイ・ズウィリンジャー氏のメッセージ。

このプラントレザーを使った商品が店頭に並ぶ日を楽しみに待ちたい。

© Allbirds合同会社
© Allbirds合同会社
Top image: © Allbirds合同会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事