「プッチンシリーズ」初!植物由来の「プリン」が登場

「グリコ」は新商品として「植物生まれのプッチンプリン」を3月16日より販売。

この商品は、グリコのプッチンプリン史上初となる、卵や乳製品などの動物原料を一切使用しない一品。植物由来であるものの、お馴染みのプルルンっとした食感と、ほんのりとした甘みは健在だ。

プリンといえば、その多くが乳製品であり、卵を含むものが一般的だが、「植物生まれのプッチンプリン」なら、ヴィーガン志向の人はもちろん、乳製品や卵にアレルギーを持つ人もその味わいを堪能することが可能に。もちろん、カップを逆さにして"プッチン"を楽しむこともできる。

ラインナップは、65gのプリンが3個セットの「ファミリーパック」と、ボリューム満点の155gサイズ「big プッチンプリン」の2種類。

スーパーやコンビニで手軽に買える、日本人のソウルスイーツの新たな挑戦と商品が、食のダイバーシティ化を加速させる予感満載だ。

©グリコ

『植物生まれのプッチンプリン ファミリーパック』
【希望小売価格】200円
【内容量】65g×3

『植物生まれのBigプッチンプリン』
【希望小売価格】140円
【内容量】155g

【公式サイト】https://web.pucchin.jp/info/

Top image: © グリコ, Qvasimodo art/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「CALPIS」ブランドより新商品。乳製品を一切使用せず、豆乳を発酵した植物由来の「GREEN CALPIS」が登場。コレステロールゼロ、1本あたりのカロ...
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
ふたを開けた瞬間ワインの香りが楽しめる、大人味のプリンが登場。
米食肉加工最大手の「タイソン・フーズ」が植物由来の「エビ」を2020年初頭マーケットに展開することを発表。
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
来秋発売の「Forever Floatride GROW」は、「Reebok」が誇る独自のクッショニング素材「Floatride」を搭載した高機能ランニン...
アジア発フードテックの植物性代替肉「オムニポーク(OmniPork)」が、5月18日より一部小売店での販売をスタート。2020年には都内・大手外資系5つ星...
「IKEA」は、サステナブルなフードを通じてビジネスを実現するという目標に基づき、肉の代わりに植物由来の原料を使用した「プラントボール」を新発売。黄エンド...
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
ところ変われば、プリンの食し方もまたそれぞれ。
「キユーピー」は「マヨネーズ」を加えるだけで食感や食味がよくなる「裏ワザレシピ」のサイトで「プリン」のレシピを公開。プリン液にマヨネーズを加えて作ると、科...
タピオカでんぷんと海藻グルコースをベースに作られた100%植物性の「ヴィーガン刺身」。ついに世界へ。
4月25日よりイケアストアにて植物由来100%のカップラーメン「プラントラーメン」が発売開始。
感覚心理学の専門家と植物由来製品の専門家が協力して開発した「ベーコンパッチ」。パッチを擦ることによって、ベーコンの香りが漂ってくるという。
一見「デコレーションケーキ」、解凍すると「パスタ」に大変身する商品「Decopa」。監修は、ヒルトンやシェラトンなどで経験を積んだ本格フレンチシェフ・井川...
食事への集中を妨げる主要因となっているスマートフォンを手放し、食事と向き合うことをサポートする「バランス皿」。
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
大のオトナたちを夢中にさせる「塊根植物」と「BOTANIZE」の魅力に迫る。
天然由来成分100%のホワイトニングハミガキ「Davids」より新フレーバーが登場。優しい清涼感の「スペアミント」と、すっきりとした甘さを実現した「ハーバ...