「ランニングを始めたい人」へ。走る前に、この5つのポイントだけ押さえよう!

夏に向けて運動したい!ジムに入会しなくてもできるランニングが一番手っ取り早そう。でも、走るの苦手だし……。Victoria Secretのモデル、Karlie Klossさんも、もともとはランニングが大嫌いだったのだとか。そんな彼女が晴れてフルマラソンを完走するために意識していたことをCaroline Burkeさんが「Elite Daily」の記事にて紹介してくれました。

これをきっかけに
始めてみよう!

ランニングって、特に未経験者にはハードルが高いですし、自分に合ったアプローチ方法もわからない。そんなあなたの重い腰をあげるきっかけとなるのは、Karlie Klossさんのワークアウト法かもしれません。

彼女は、パリのハーフマラソンに向けたトレーニングとしてランニングをスタートし、早くもニューヨークで初のフルマラソンを完走。今や名モデルであると同時に起業家でもあり『Forbes』の表紙まで飾る著名人。

今はまだランニングをしている自分が想像できなくても、彼女からのアドバイスは真摯に受け止めたいところ。あなたを“ランナーズハイ”へと導く「5つの心掛け」を、Klossさんのコメントを添えてご紹介します。

01.
インスパイアされる環境を
見つけることで、持続性を図る

人それぞれ、結果を出せる環境って異なるもの。ならば、まず「あなたがランニングを楽しめる環境」を見つけましょう。走るスピードと距離を即座に打ち出してくれるランニングマシーンで走るのが好きな人もいれば、自然に身を投げるアウトドアランニングを好む人も。

Karlie Klossさんは、俄然アウトドア派。彼女はこう話します。

私はランニングマシーンに向いていないみたい。ランニングを始めるのに時間がかかってしまったのも、ずっとマシーンを試していたからだと思う。景色も変わらないし、イマイチしっくりこないのよね。

02.
成功すると思い込む

体を動かすことは、あくまでも“肉体的なアクティビティ”かもしれませんが、精神状態がそれに大きく影響してくるのも事実。つまりワークアウトに対してモチベーションを維持するためには、「成功する」という心構えが大切だということ。できるまでは、できている“フリ”をするだけでもいいので、自信を持って挑むのがキーポイントです。

Klossはランニングに抱いていた拒絶反応について話しています。

当時、私は自分のことを決めつけていたわ。“私はランナーじゃない”って。でも、決めつけることをやめたら、ようやく“ハーフマラソンに挑んでみよう。走ってみよう”って思えるようになったの。

03.
ある程度の競争心を持っておく

少しばかりの競争心を持つだけで、次のステップを踏めたりすることってありますよね。

もちろん、ランニング仲間から競争心やサポートを得るのもひとつの手ですが、自分自身も十分な競争相手。たとえば前回より速く走ることや、長い距離を目指してみること。その両方を目指すのも素敵な志です。

Klossさんも、競争心の大切さをほのめかしていました。

私はもともと競争心が強いの。だから私よりも速く走れる人がいると、できるだけ彼らとペースを合わせられるよう自分をプッシュするわ。

04.
ワークアウト後の
ルーティンも大切に

ワークアウトの質とは、普段から体を労っているかによって左右されるもの。だから、走った後は十分に回復できるよう、ストレッチ、水分補給、それから必要な栄養を摂取することを欠かさないよう心掛けましょう。

Klossさんがランニングに対して声を大にして届けるアドバイスは、水分をしっかり摂ること。

05.
ランニングを気分転換と捉える

ランニングとは、混沌とした多忙な1日から一歩離れて、脳を休ませ、自分の軸を確かめるいい機会。瞑想をして心をリフレッシュする人もいますが、スニーカーを履いてジョギングするだけでも脳はすっきりするもの。

下記はKlossさんのインタビューより。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「Elite Daily」で紹介されていた記事には、なんと走ることなく「ランナーズ・ハイ」になる方法があると書かれていた。高揚感に浸ることができれば、ラン...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
どのような食生活が合うかは人それぞれですが、Vlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、...
一家に一台クルマがあり、電車やバスでどこにでも行ける時代かもしれませんが、こうした効率重視の現代社会が、走る必要のないライフスタイルを作り上げています。理...
体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。そして、その方法もまたさまざま。正しいダイエット法なんて、本当に存在するので...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
「ダイエットや健康管理のために走りたい」と思ってはいるものの、なかなか始められない…というあなた!意外に思うかもしれませんが、走ることを日課にするのって、...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
ジョギングが趣味だという人は、「健康的な生活をしたいから」「痩せたいから」など様々な目的を持っていることでしょう。理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
走ろうとしたら雨が降ってきて、「今日くらいいいか」とサボってしまった、ひざが痛くて走るのが怖い…。ジョギングを日課にしたいけど、ちょっとしたことを言い訳に...
プロコーチによる指導付きのビデオを見ながら、お手軽ボクササイズが自宅で楽しめるスマートアイテム、「Fight Camp」のご紹介。
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
「運動嫌いの文系女子」だった、女優の高山都さん。ランニングを始めたことが、人生に大きな影響を与えたという。なかなか続けられないランニングだって、恋愛と同じ...
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
舗装されていない登山道や林道などを駆け抜けるスポーツ、トレイルランニング。始めている人も増えてきてやってみようかな?と思っているあなたに、その魅力やはじめ...