世界には、読んで楽しむだけで満足させない絵本がある

ハンドメイドの絵本がベストセラーになり、数々の本に関する賞を受賞しているインド・チェンナイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなのでしょう。

『タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる』(玄光社)には、彼らが今までに出版してきた本や、考え方、ものづくりの背景が書かれています。そこに書かれている言葉は、出版社やデザイナーという職業の枠組みを越えて、これからの働き方について考えるきっかけをくれるものでした

絵本を通して、
社会に問題意識を投げかける。

タラブックスの絵本には、社会問題がテーマになった本が何冊もあります。インドのストリートチルドレンと環境問題について書いた『Trash!』、貧しい村の女性がアーティストになるまでの旅を描いた『Following My Paint Brush』、スリランカの内戦時代を子供の目を通して語る『The Boy who Speaks in Numbers』...。子供向けの本にも関わらず、なぜ彼らは社会問題をテーマに選ぶのでしょうか。

4eeda665653ce54f08d9bf432b525a9b0c15c3a5

その答えは本書の中で詳しく語られていますが、インドでは、私たちが想像する以上に階級や格差がしっかりと根を張っているのでしょう。タラブックスはそんな状況に一石を投じるために、インド社会で弱い立場にある少数民族や伝統工芸の職人たちと一緒に本をつくってきたのです。

彼らが作っているのは「本」ですが、本当に作りたいのは「みんなが幸せに暮らせるフェアな社会」なのではないかと思いますそんな姿勢が根幹にあるからこそ、タラブックスのファンは世界中にいるのでしょう。

自分の仕事を通して何を伝えるのか。どのように働くのか。そんなことについて考えるためのきっかけをくれる一冊です。

南インド・チェンナイにある出版社「タラブックス」。『夜の木』は、日本語だけでなく、フランス語、ドイツ語、韓国語、スペイン語、イタリア語にも翻訳され、タラブ...
夫婦2人の出版社「アタシ社」は、神奈川県逗子市にあります。ミネシンゴさんは美容文藝誌『髪とアタシ』の編集長、三根かよこさんは30代向け社会文芸誌『たたみか...
『髪とアタシ』は、ミネシンゴさんと奥さんの三根かよこさんの二人による夫婦出版社「アタシ社」から出版されています。流行の髪型だけを取り上げる美容雑誌ではあり...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
ドイツのカッセルに出現した「パルテノン神殿」。実はこれ、世界各国で出版禁止になった本で作られています。その数、なんと10万冊。実はこのパルテノン神殿、以前...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
“Today is a very good day to die.” この言葉は、俺の人生を2度も変えた。1度目は、インディアンネームを授かった時。2度目...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
インドに住むカップル、ShyamさんとAnyaさん。ラブラブな2人にも、ひとつだけある不満がありました。それは、インドでは「公共の場でキスをしてはならない...
本で得た知識こそが最高の貯蓄。「読みたい!」と思った本なら、迷わずすぐに買うべきです。ここでは、「本を買う」をキーワードに、無駄なく効率的に本を選ぶコツや...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...