世界には、読んで楽しむだけで満足させない絵本がある

ハンドメイドの絵本がベストセラーになり、数々の本に関する賞を受賞しているインド・チェンナイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなのでしょう。

『タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる』(玄光社)には、彼らが今までに出版してきた本や、考え方、ものづくりの背景が書かれています。そこに書かれている言葉は、出版社やデザイナーという職業の枠組みを越えて、これからの働き方について考えるきっかけをくれるものでした

絵本を通して、
社会に問題意識を投げかける。

タラブックスの絵本には、社会問題がテーマになった本が何冊もあります。インドのストリートチルドレンと環境問題について書いた『Trash!』、貧しい村の女性がアーティストになるまでの旅を描いた『Following My Paint Brush』、スリランカの内戦時代を子供の目を通して語る『The Boy who Speaks in Numbers』...。子供向けの本にも関わらず、なぜ彼らは社会問題をテーマに選ぶのでしょうか。

その答えは本書の中で詳しく語られていますが、インドでは、私たちが想像する以上に階級や格差がしっかりと根を張っているのでしょう。タラブックスはそんな状況に一石を投じるために、インド社会で弱い立場にある少数民族や伝統工芸の職人たちと一緒に本をつくってきたのです。

彼らが作っているのは「本」ですが、本当に作りたいのは「みんなが幸せに暮らせるフェアな社会」なのではないかと思いますそんな姿勢が根幹にあるからこそ、タラブックスのファンは世界中にいるのでしょう。

自分の仕事を通して何を伝えるのか。どのように働くのか。そんなことについて考えるためのきっかけをくれる一冊です。

他の記事を見る
南インド・チェンナイにある出版社「タラブックス」。『夜の木』は、日本語だけでなく、フランス語、ドイツ語、韓国語、スペイン語、イタリア語にも翻訳され、タラブ...
夫婦2人の出版社「アタシ社」は、神奈川県逗子市にあります。ミネシンゴさんは美容文藝誌『髪とアタシ』の編集長、三根かよこさんは30代向け社会文芸誌『たたみか...
『髪とアタシ』は、ミネシンゴさんと奥さんの三根かよこさんの二人による夫婦出版社「アタシ社」から出版されています。流行の髪型だけを取り上げる美容雑誌ではあり...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...