まったく新しい存在『えがないえほん』の反響が、日本でもすごい。

はっきり言うと、この本がそんなに面白いのか、すぐに確信を持てない人のほうが多いと思う。普段から子どもと接していたり、子どもの発達や感情の変化について詳しい人でもなければ、「こりゃおもしろい!」と笑えることもきっとない。

けれどこの『えがない えほん』は、正真正銘の歴史的大ヒット作。世界中の子ども達が“絶対に大爆笑する”と謳われ、つい最近日本にも上陸したけれど、そこには他国と変わらず大爆笑するたくさんの子ども達の姿があった。

子どもの爆笑に必要なのは、
「オノマトペ」だけということ。

772a2f9c3d075fdc811162fc0db345b44caf307e

どんな仕掛けがあるのか?

文字通り「絵がひとつもないこと」と、読み手は必ず朗読しなければならないという、たったひとつのルールだけ。

9d442508fd73858dc140e1c7e769c8389386d7846cdac7d15b563d9ac38e99a265f20b7e83154d0a9f9f416e3005999a2cbd78ce5c27eb301adf44fdFe66b8a694c1302db7693bef91e8b5874ca0c4e6B9b057e51a33df569044f44d5a390ba0f10ea46a

余白がなくなるくらい並べられたオノマトペを声に出すと、子ども達はこの通り。

961cf0f22c8afcd9c6920e2720a4e1a630709ab8Bc7163d7851cbf2d0574fb18d8f71a057d36f4e7

スタンディングオベーションしながら、もう1回と全力のアンコールを求められる結果になった。

読む人がおもしろかっただけじゃない?と思うかもしれないけれど、お父さんやお母さんが朗読した結果も、ほとんど変わらず爆笑をいただけるのだそう。

『えがない えほん』の原著『The Book With No Pictures』の著者であるB.J.ノヴァクさんは、実は俳優でありコメディアン。2014年にアメリカで発表されてから、ニューヨークタイムズのベストセラーとして取り上げられ、なんと70万部超え。

日本に上陸してから2週間あまりで、すでに重版がかかり8万5千部を突破している。

21c552d7b956e75eb173531f5cab37f2a68032b8
B.J.ノヴァクさん

日本でも名作になるであろう、子どもが絶対に笑ってくれる本は、『早川書房』から購入可能。

子育てに四苦八苦しているパパやママへのプレゼントに、または、可愛い笑顔をつくりたい時の必殺アイテムとしてどうぞ。

実際の読み聞かせ風景はコチラ。

おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
南インド・チェンナイにある出版社「タラブックス」。『夜の木』は、日本語だけでなく、フランス語、ドイツ語、韓国語、スペイン語、イタリア語にも翻訳され、タラブ...
毎晩ベッドの中で子どもに読み聞かせる絵本、その重要性をアルベルト・アインシュタインは、こんな言葉で表現しました。子どもに賢くなってほしいと望むならば、おと...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
自分にとって最高の家族の生前を子孫へと受け継ぐために、亡くなった人の人生を絵本にすることを思いついたJuliette Eame。彼女の場合は、小さい頃によ...
沖縄県那覇市のパラソル通りにある、「みんなのほんだな」を知っていますか?本棚と聞いたら、自分のお気に入りを揃えていくイメージかもしれませんが、コレはひと味...
私たちを毎日あたたかく照らす太陽。いつも何気なく目にしているものでも、少しだけ見方を変えるだけで、それまでと違った、あたらしい側面と出会うことが出来ます。...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
ワクワクするようなことがあったり、ちょっと怖いものが潜んでいたり、絵本の中には様々な出会いがある。登場するモノや生き物に魅力を感じて読み進めていくのはとて...
パッ!と目に飛び込んでくる鮮やかな色合いが特徴の『Lunch Lady』は、手にとってパラパラとページをめくっているだけで、気分が明るくなってくる本です。...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
こんな本、見たことがあるでしょうか。地上の家から光かがやく月までを冒険しながら進んでいく、世界一長い塗り絵です。好きな色を使って、自由に塗り進めながら、未...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
子供のころに読んだ本、読んでもらった本。そんな「思い出」のなかには、大人になっても忘れずにいたい名言がたくさん込められています。海外児童文学のなかでも、日...
その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...
たしかに小学生の頃、頭のいい友だちの家に遊びに行くと、絵本や図鑑、伝記シリーズ、両親のものらしき本がズラッと並んでいたような記憶が残っています。本は僕たち...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
本を開いてパッ!と現れたは、円柱型の空間?そう、これはページをめくるのではなく、ひらいて楽しむ3D絵本なんです。真っ赤なお日さまや霞のような雲、鶴もいて日...