インドの老舗メーカーがつくるシンプルなグラス。驚きの万能性が話題に

「VISION GLASS」は、インドの老舗耐熱ガラスメーカー、BOROSIL社が製造するグラス。直火対応OKの耐熱性とミニマルなデザインがウリです。

現在、このグラスが毎日の生活で様々に使えると大きな話題になっている模様。例えば、こんな風に活躍してくれるのだとか!

なんと、一人分のごはん
だって炊けてしまう!

VISION GLASSの素材は、実験器具のビーカーやフラスコと同じホウケイ酸ガラス。前述の通り、直火で使える耐熱性を兼ね備えています。これを使えば、一人分のごはんだって炊けてしまうというわけ。

食材を引き立たせる器としても

透明な器は、中の食材を引き立てます。色のきれいな素材を組み合わせたサラダやデザートなどを盛りつける器として使うと、食卓がいっそう華やかに!

さらに、
オーブン料理も作れます

耐熱ガラスのVISION GLASSは、オーブン使用も可能。ケーキの生地を流し込めば、ガラスの器のカップケーキが出来上がります。

そのほか、飲み物を入れても、植物を飾っても、カトラリーを入れても、色鉛筆を立ててもOK。

実験器具メーカーが作るグラスだからこそ実現した、機能的でシンプル、飾り気の無い形は、手にした人の使い方次第で楽しみが広がります。

サイズは全7種類で、価格は700円〜1,200円(税別)。普段は検品や出荷を行い、たくさんのグラスが積み上がる倉庫が、週に1日3時間だけ「直営店」としてオープンしているそうです。

【店舗概要】
VISION GLASS JP 直営店
・住所:〒111-0056 東京都台東区小島2-18-17 木本ビル6F
・営業:毎週水曜日17:00〜20:00
・TEL:050-3597-6852

Licensed material used with permission by VISION GLASS JP
他の記事を見る
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
この「GINA」は、Bluetoothを搭載したスマートなコーヒーメーカー。機能は非常にシンプル。豆の量を測る。そして、水の量を測る。基本的にはそれだけ。...
デザインはジャスパー・モリソン、製作は松徳硝子という豪華な組み合わせによって生まれたグラスは、高級感のある佇まい。だけど、1個税込1,944円。とても控え...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
「CleanseBot」は、殺菌灯にも使用される紫外線(UV-C)を照射し、ベッドシーツなど衛生的に気になるものを除菌してくれます。カバンに入るサイズで持...
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
ビール会社が、より美味しい一杯を求めるのは当然のこと。ただし、ここで紹介するプロジェクトは、かなり異質なものと言っていい。なぜなら、ビールそのものではなく...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
このグラスが、あなたに本音を語らせる。
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
『Double Glass Heater(ダブルグラスヒーター)』にはヒーター機能を有したガラスが使われているそう。ガラス自体が熱を発して、下から取り込ま...
UAE(アラブ首長国連邦)の生産者が、ジープで砂漠まで行き、集めた砂を使って作られたコーヒーカップ。フォルムは変わりゆく砂丘をイメージ。大切な人にこそプレ...
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
「THE GLASS」は、まさに使いやすさを目的にデザインされたプロダクトです。一見何の変哲もないグラスですが、素材は厚みのある耐熱ガラス。割れにくく、電...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
多くの人の「やるせなさ」あるいは「情念」がべっとりと染み付いたバリバリのディスプレイからつくったグラス