日本製ジッパーバッグ「Pake」が万能すぎる!

食品を入れて保存したり、持ち歩くだけがジッパーバッグの使い方ではない!それを教えてくれたのが、日本初のジッパーバッグブランド「Pake」です。

いま、もっとも勢いのある
ジッパーバッグ「Pake」

2019年10月に発売となるや、SNSでじわじわと人気を広げ、アパレルブランドやステーショナリーブランド、アーティストとのコラボ商品も続々とリリース。百貨店で特設展示を開催するほどの人気ぶり。ついには、今年9月には、ニューヨークのMoMAデザインストアにもセレクトされるなど、今もっとも勢いのあるジッパーバッグです。

では、どうしてこれほどの人気となったのか?「Pake」の魅力をざっくり紹介していきましょう。

目移りするほど「カラバリ」が豊富!

©2020 NEW STANDARD

これまでジッパーバッグといえば、無色透明がキホン。食品を入れて保存することを前提に作られているため、当たり前といえば当たり前ですね。柄を加えたり、ジップ部の色味を変えたりといったものはあれど、中身の視認性に重きを置いたタイプがほとんどでした。

ところが、「Pake」はとにかくカラバリが豊富

従来のジッパーバッグの概念をつくがえすポップなパステルカラーから、グラデーション、縁取り、マッディ、もちろんクリアーなものまで。「Pake」を選ぶうえで、まず頭を悩ませるのが、この豊富なカラーバリエーションなんです。

中に入れたいモノの色味に合わせてもいいし、それこそ洋服やバッグのコーデに合わせてチョイスもアリ。色味で選べるジッパーバッグ、それが「Pake」が唯一無二の理由です。

 

ハイスペック「5つの機能」がスゴい!

©2020 NEW STANDARD

豊富なカラバリやシンプルな見た目がオシャレ、というだけではありません。「Pake」が優れている点は、ジッパーバッグならぬハイスペックな機能にもあります。

以下の5つに注目!

 

  • UV PROTECTION(防紫外線)
  • WATER PROOF(防水)
  • DUST PLOOF(防塵)
  • SCENT PROOF(防臭)
  • REUSABLE(再利用可能)

日焼けによる中身の変色を防ぐ、UVカット率80%のバリアフィルムを採用した「防紫外線」、密閉度の高い「防水性」「防塵性」、食べもの匂い移りを防ぐ「防臭性」、さらにはプロダクト自体の強度を高めることで、「繰り返し使える」タフなジップバッグに仕上がっています。

どうです?キッチン周りだけでなく、屋外利用を見越したこのスペック。さらに、ジッパーの隅にアイレット(小穴)が開いたタイプも。ここにパラコードなどを通せば、サコッシュ的な使い方もできちゃうんです。

おサイフとケータイを入れてお散歩時にも、キャンプやピクニック時の「どこに置いたっけ問題」も難なく解決してくれます。もちろん、雨に濡れたってへっちゃらだから、アウトドアシーンにもピッタリ

©2020 NEW STANDARD

モノに合わせて選べる「4サイズ」展開!

「Pake」は全部で4サイズ。

もっとも小さい「The Quantum」から、ノートPCがすっぽり収まる「The Tech」まで、入れるモノに合わせて使い道は自由自在。家の中でも外でも、アイデア次第で活躍の場は無限大です。

価格は1枚400円〜800円(税込)と多少割高だけど、繰り返し使えることを思えば、これはこれで経済的。ゴミも少なくて済むしね。

The Quantum

H:12.5cm W:14.5cm
400円(税込)

©2020 NEW STANDARD

The Quantum」は、小物の収納に便利な「Pake」シリーズ最小モデル。お財布代わりに小銭を入れたり、ピルケース代わりにも最適です。

数がたまってくると、収納場所に困るステッカー類をまとめておくのにも重宝しますよ。

The Clandestine

H:17.5cm W:18cm
500円(税込)

©2020 NEW STANDARD

大きすぎず小さすぎずの「The Clandestine」。筆箱代わりに文房具類をまとめて入れたり、旅先のビーチで拾った貝殻やサンゴのかけらを入れたりと、デイリーユースにちょうどいいサイズ感です。

食事中のマスクの置き場に困ったら、「The Clandestine」をバッグに忍ばせておくといいかも。

The Filler

H:19cm W:24cm
600円(税込)

©2020 NEW STANDARD

ちょっとそこまで、のおでかけにピッタリなのが「The Filler」。

パラコードで結んでバッグにしたり、旅行の際の化粧品や歯ブラシなんかをまとめるのにも最適です。見た目以上にたっぷり入ります。

The Tech

H:28cm W:36cm
800円(税込)

©2020 NEW STANDARD

「Pake」シリーズ最大サイズが「The Tech」。横36cmのワイド幅は、ノート型PCでもすっぽり収まってしまいます。

キャンプグッズの小物類をまとめて収納するのにもGOOD。タフなジッパーバッグって、なかなかありませんからね。

 

自分なりの使い方で
「持ち歩き」を楽しむ!

©2020 NEW STANDARD

その日の気分や目的地に合わせて洋服を選ぶように、色とサイズを選ぶ。そんな楽しみ方ができるのが「Pake」のいいところ。

機能性、デザイン性、そして自由度、向かうところ敵なし。あとは自分なりに好きなモノを好きなように詰め込んでみましょう。さあ、アナタなら何を入れますか?

Top image: © 2020 NEW STANDARD
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
環境への負担を減らし、衛生面を向上させた、リユーザブルな「ジッパーストロー」。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
新感覚ナイトエンターテインメント「泊まれる演劇 In Your Room 『ANOTHER DOOR -ホーリーシーズン-』」が2020年12月15日(火...
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
「カーボン・オフセット」とは他の場所で節約できる同等の二酸化炭素に資金を提供することで排出量を補う仕組みのこと。ここではカーボン・オフセットの定義や国内外...
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
この発想はなかったと言わざるを得ない画期的なバッグを応援購入サービス「Makuake」から3種類ピックアップ。
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
アメリカ生まれの人気調味料「クレイジーソルトシリーズ」に待望のオーガニックが新登場。岩塩をベースにガーリックやタイム、セロリシード、オレガノなど有機ハーブ...
性別におけるファッションの垣根の撤廃が、さらに加速した2020年。『TABI LABO』で紹介したユニセックスなウェアをあらためて振り返ろう。
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
「NEXUSVII」のトートバッグは、昨年の台風15号の後に千葉県内の被災地で使用されていたブルーシートを再利用。
JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、18種類紹介!
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。