20Lの容量がありながら、ハンモックになるバッグが登場。

<Origami>

もはや一般的な英単語として、辞書で調べてもヒットします。

日本が世界に誇れる伝統文化は、たくさんの人を魅了しているみたいですね。

そのためか、折り紙にインスパイアされたアイテムを多く見かけるようになりました。

Nomad Hammock」もまた、同じ日本文化の影響を受けているのだとか。

20Lのバックパックから
ハンモックに変身

見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。

パソコンやカメラ、サングラスなどを持っていく、ショートトリップ向けくらいのサイズ感。

だけど、歩きすぎて疲れた…みたいなときには、ハンモックに変身するのが最大の特徴です。

約2mくらいのハンモックを折りたたむ構造に、折り紙の仕組みが使われているそうです。

日常的に使えるかどうかの判断はお任せしますが、日本の伝統文化が影響を与えていると考えると、なんだか親近感が湧いてくるような気もします。

現在もクラウドファンディングで資金調達中のようですよ。

Licensed material used with permission by Nomad Hammock
ありそうでなかったバックパックの登場です。
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
iHerb(アイハーブ)で買える「簡単に角質オフできるリップスクラブ」を3つご紹介。E.L.Fのブラウンシュガー、Skinfoodのアボガド&シュガーリッ...
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
応援購入サービス「Makuake」で販売中のバックパック「UPIXEL」は、専用のチップをバッグ背面にはめることで、自作のドット絵を簡単にデザインできるユ...
「ロンドンブリッジトレーディング」のセカンドラインとして誕生した「LBX Tactical」、ドイツの「ジャックウルフスキン」、元軍人や専門家によって設立...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「McLean Metalworks Hammock Mount」は自動車の牽引フックに取り付けるハンモック。
アメリカ・バーモント州で7月1日に環境保全に関する新しい法律が制定された。同法律では、プラスチック製の袋やストロー、発泡スチロール容器などの使い捨て用品の...
アウトドアに出かけて、美しい自然の中でハンモックに揺られる。憧れる光景ではあるけれど、設営のために場所を選ばなきゃいけないのが難しいところ。そんな問題を解...
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
あの有名ブランドのバックパックです。色で遊べ!#14
カリフォルニア発スムージー・ジュース専門店「Jamba(ジャンバ)」が、渋谷に8月4日開業の複合施設「MIYASHITA PARK」にオープン。「塩こうじ...
カニエ・ウェストに続いて、まさかのこの人も?!先日、パリス・ヒルトンが自身のInstagramにアップした話題の写真。
「SAZABY」のユニセックスライン「PLUS LINE」。同ラインから2019年秋に発売され、入荷のたびに完売が続く「ROUND DAYPACK」にSm...
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
〈L.L.Bean〉の「グローサリー・トート」。お値段は税抜1,900円と同ブランドのトートの中でもっとも安価。他のモデルよりも薄手のキャンパス地で自立は...
〈L.L.Bean〉の「ライトウェイト・パッカブル・ダッフル」は、名前の通り容量44Lで約170g。かなり軽いです。しかも、パッカブル仕様。旅先でのサブバ...
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...