自転車から電車、サイクルジャージからスーツまで「使える2WAY」。

 

自宅から最寄り駅までは自転車で行って、そこからは電車で。

これが僕の移動の基本です。ごくごく一般的。同じような方も多いと思います。そして、自転車と電車の両方を利用をする人、共通の悩みが“バッグをどうするか”です。

バックパックとトート、あるいはブリーフを兼ねた2WAY以上のバッグを使えば一応は解決するんですが、電車の中ではショルダーストラップが邪魔になったり、収納できるようになっていてもそのアクション自体が煩わしかったり。2WAYの切り替えに手間がかかるんですね。

その点、〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルになるため、持ち替えるだけで切り替えられます。電車の中でストラップが邪魔になることもありません。

このベルトの仕様に加えて、スーツからサイクルジャージまでに合わせられるルックス、出先で荷物が増えても収納可能なロールトップ型、小物が整理できるようになっている外付けのポケット、ちょっとした雨ならしのいでくれる防水性などなど。褒めるところがたくさんありすぎるバッグですが、一言であらわすなら

汎用性が高い!

これに尽きるんじゃないでしょうか。実際、これまで荷物の量やシーン、服装によって使い分けてきたバッグが、これひとつでこと足りるようになりました。つい最近なんか2泊3日の出張もこれひとつで行ったぐらい。

目下の悩みは、使い込み過ぎて形が崩れてきたので、同じのをもうひとつ買い足すかどうか、です。

増谷茂樹/編集・ライター
モノ系、乗り物系のネタが中心。必然的にロケが多く、移動しまくる毎日。出張やトラベルまではいかない“移動”ゆえに、普段使いのアイテムで対応中。

Photo by 石川望

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

他の記事を見る
ありそうでなかったバックパックの登場です。
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
「ロンドンブリッジトレーディング」のセカンドラインとして誕生した「LBX Tactical」、ドイツの「ジャックウルフスキン」、元軍人や専門家によって設立...
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
言うまでもなく、メインの素材はトラックの幌を再利用。すべて1点物。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
スイムブランド〈SPEEDO(スピード)〉とスポーツライフスタイルショップ〈NEUTRALWORKS.〉のダブルネーム。
〈suolo(スオーロ)〉の定番モデル「crop(クロップ)」は、土っぽい感じ。それもそのはずで、suoloとはイタリア語で土壌という意味。ガーデニングや...
ユーズドのコットンならではの経年変化の味わいもいいが、思い切ったサイズもいい。後ろの自転車と比べてもらえば大きさがわかるだろうか。
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...