もう手放せない「力強いバッグハンガー」。

自分が働いているTABI LABOのオフィスはフリーアドレスになってます。ゆえに、あんまりデスクの上に荷物を置けなくて、バッグとかも隣の人の邪魔になっちゃう。

そこでバッグハンガーです。

調べてみると、かなりの種類が発売されていますが、総合的にあまり重いバッグはダメみたいですね。“壊れちゃいました”的なユーザーコメントがチラホラ。

そのなかで信用できそうだったのが、この「Clipa2」です。耐荷重はナント15kg。自分は結構荷物が多いほうですが、これなら安心。

実際に1週間ほど使ってますが、雑誌数冊を入れたバッグでもまったく問題ナシ。引っ掛ける部分が樹脂になっていて、デスクの上で滑ったり、天板を傷つけることもありません。

オフィスはもちろん、カフェなど出先でも重宝しています。早くも手放せないアイテムに。

装飾的なところがない外観も気に入りました。バッグハンガーってなぜかカワイイものも多いんですよね〜。これなら、バッグのハンドルやストラップに付けてもOKです。下の写真のように手首につけるのは、ちょっとやりすぎかもしれませんが……(苦笑)。

Amazonや楽天で「Clipa2」で検索するとすぐに見つかります。色展開もあるので、そこは好みで。写真の私物はHematite blackです。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

最初に断っておくと、このハンガーは収納用として考えられていて、そっちで使っても優秀だ。僕が勝手に洗濯用に使っているだけ。だけど、本当にいい。
ハンガーラック「Ugao」は、シンプルな見た目ですが放置されがちな空きスペースを有効活用できます。「インテリアの一部に」といえるほどではないけれど、それな...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
「アーバンリサーチ」は、使われなくなったハンガーをシューホーンや新たなハンガーとして再生するアップサイクルプロジェクト「Re:hanger」を開始。
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。