「歌舞伎座」の歴史を刻んだ「貴重なハンガー」

2020年4月の「歌舞伎座」の舞台板の張り替え工事により、その役目を終えた檜板を使用したハンガーが誕生した。

数々の名舞台を支えた大舞台の檜板を活用したいという想いのもと、木製ハンガーメーカーの「中田工芸」が、長年培ってきた知識と技術、経験を活かし作り出されたのがこのハンガー。

歌舞伎座 檜部隊 和装ハンガー
©2021 中田工芸
歌舞伎座 檜舞台 ベルトハンガー
©2021 中田工芸
歌舞伎座 檜舞台 ジャケットハンガー
©2021 中田工芸

神奈川県の丹沢山で100年という年月をかけて育てられた良質な檜を使用した大舞台の檜材は、色も材質も均一で、整った美しい木目が魅力。

さらには、ハンガーの正面に歌舞伎独特の化粧法である「隈取」の模様を施し、長年の歴史が刻まれた証として、釘打ちの跡をあえて残すという、粋な計らいも。

職人の技により1本1本丁寧に作られたハンガーには、「ふくをかける」という想いとともに“服”だけでなく“幸福”をもかけるという願いが込められているそうだ。

艶やかな舞台の記憶が感じられる唯一無二のハンガー。購入はこちらのサイトにて。

歌舞伎座 檜舞台のハンガー 隈取
©2021 中田工芸
歌舞伎座 檜舞台 ベルトハンガーの商品イメージ
©2021 中田工芸
歌舞伎座 檜舞台ジャケットハンガーのイメージ
©2021 中田工芸
Top image: © 2021 中田工芸
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「アーバンリサーチ」は、使われなくなったハンガーをシューホーンや新たなハンガーとして再生するアップサイクルプロジェクト「Re:hanger」を開始。
5秒で立ったまま洋服を畳めて、クローゼットのデッドスペースまで活かす究極のハンガーが登場。
ハンガーラック「Ugao」は、シンプルな見た目ですが放置されがちな空きスペースを有効活用できます。「インテリアの一部に」といえるほどではないけれど、それな...
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...
使うときだけフックが現れる。「Köllen Bookshelf」。普段は平面の状態にしておけるから、見た目もスッキリ。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。