年間500万トンの「廃棄残布」を再利用。この「最新ウェア」が欲しい!

“服のかたちをしたメディア”をコンセプトに、ファッションから社会問題の解決に取り組むブランド「coxco(ココ)」の最新シリーズがお目見え。

今月4日(金)よりクラウドファンディングサイト「Makuake」にて先行販売がスタートした。

このcoxcoは、シリーズごとに異なる社会問題をテーマとして設定。廃棄衣料に着目したデビューシリーズ「Vol.0」を経て、今回の「Vol.1」では、毎年約500万トンにも及ぶ廃棄残布問題に取り組んだ。

廃棄残布とはさまざまな理由から洋服になる前に捨てられてしまった生地のことで、今回は老舗の繊維専門商社「株式会社ヤギ」と連携して、倉庫に眠っていた日本製の上質なサンプル生地を再利用。

5wayのワンピース(4色)と、ユニセックスで着られるプルオーバー(6色)の2種類を製作した。

©coxco
©coxco
©coxco

長さに限りがあるサンプル生地から作れる枚数はごくわずか。そのため全てが数量限定販売。

正式リリースは10月1日(木)を予定しているとのことだが、気になる方は早めにチェックしておくのがよさそう。

「coxco」

【プロジェクトページ】https://www.makuake.com/project/coxco/

Top image: © coxco
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

衣料品の残布・残糸問題に着目したアップサイクルのブランド「RYE TENDER(ライテンダー)」が今シーズンよりデビュー。12月10日(木)まで、東京・代...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
アップサイクルプロダクトブランド「アマリノ-Amarino-」がバッグや革小物を作る際に発生する本革の残反を再利用した「リユース本革ブックカバー」を販売中。
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
廃棄カラー傘を使い、国内の職人の手により作られたサコッシュバッグが6月9日(火)より販売を開始。ビニール傘を粉砕などはせずに再利用することにより、汚れても...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
渋谷「100BANCH」の入口を彩ったアートの懸垂幕がアップサイクルにより数量限定の「トトートバッグ」に転生し、渋谷区のふるさと納税返礼品として販売。
アパレル業界の廃棄課題に取り組むブランド「Rename(リネーム)」がおこなうアップサイクルプロジェクト「Rename X(リネームクロス)」から、リラッ...
創業130年の帆布メーカー「タケヤリ」が、製造工程で出る通常は処分するはずの「残糸」を使い、丈夫な「軍手」を製造。特別限定品として販売を開始。
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
「イケア」が着手したのは、ヨーロッパのジーンズ廃棄問題。オランダのデニムブランド「MUD Jeans」と提携した新プロジェクトで、古着のジーンズをカバーと...
2月27日~3月15日まで、岡山デニムの廃材を再利用するサステイナブルプロジェクト「Sustainable Project Laforet×Okayama...
山梨大学ワイン科学研究センターと株式会社中村商事による共同開発で誕生した「乳酸菌発酵ワインパミス飲料」。
ユニークな素材を活用してきた英ファッションブランド「WOLLEBAK」が、今度は電機ゴミを活用して腕時計を生み出した!
日本国内で捨てられたビニール傘をそのままの状態で再利用する新ブランド「PLASTICITY(プラスティシティ)」。4/14よりオンライン限定で第1弾となる...
「ONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)」より、コーヒーかすを再利用した「コーヒー石鹸」がデビュー。
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
この記事では、アップサイクルの意味と事例を紹介していきます。リサイクルと非常に似た言葉なのですが、その違いを知ればアップサイクルの魅力にきづけるはずです。
2021年3月18日、「IKEA Canada」は、家庭での食品リサイクルを目的にした廃棄食品のレシピ本「The ScrapsBook」をリリースした。カ...
とってもカラフル!デザインもいけてる!でも、どうして同じものが1つもないんだろう?調べてみて分かった。答は、それぞれが世界で1点ものだからーー。さらに、そ...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
家に眠るジーンズをエプロンにアップサイクルしてくれるプロジェクト「デニム再生物語 DENIM REMAKE」が「Makuake」に登場。長年愛用したジーン...
「イオン」は持続可能な社会の実現に向け、2020年の秋より、再利用可能な容器を使用したショッピングプラットフォーム「LOOP(ループ)」に参画する。
2019年8月、ミラノやユトレヒトなどに建設される住宅「垂直の森(Bosco Verticale)」のデザインを手がけた建築家ステファノ・ボエリが、カイロ...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
2018年12月に、日本でも有名な飲料ブランド「glacéau vitaminwater」の公式Twitterアカウントが、1年間スマホを使わなかった人に...
言うまでもなく、メインの素材はトラックの幌を再利用。すべて1点物。
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...