「コーヒーかす」を再利用。あのカフェの「石鹸」が欲しい!

くつろぎのひと時を与えてくれる、おいしいコーヒー。

だが、そのコーヒーからも「コーヒーかす」という名の廃棄物が排出されている。

その量、1杯につき15g〜20g程度(大さじ1杯ほど)。お茶とは違い抽出が1度しかできないため、1年で換算すると数トンに及ぶほどだという。

このコーヒーかすを再利用したのが、コーヒーショップ「ONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)」「コーヒー石鹸」だ。

©ONIBUS COFFEE

ONIBUS COFFEEでは、これまでにも「コーヒーソイル(培養土)」の販売など、資源の循環を意識したプロジェクトを手掛けており、今回のコーヒー石鹸もその一環。

コーヒーかすの石鹸やキャンドルを製造・販売し、売り上げの一部をコーヒー豆の生産者に還元する活動をおこなう「COFFEE FREAK PRODUCTS」 とのコラボレーションで誕生した。

自然由来の成分がたっぷりの素地に「ONIBUS COFFEE 八雲店」でエスプレッソ抽出した際に出た極細挽きの「コーヒーグランズ(コーヒーカス)」が混ぜ込まれており、全身に安心して使用できるうえ、嬉しいスクラブ効果もあるという。

一つひとつが石鹸工房の職人による手作りだ。

泡男のキャラクターが特徴の愛嬌あるパッケージは、プロダクトデザインやアートワークを手がける「ALNICO DESIGN INC.」平塚大輔氏によるもの。

気になる方は、公式オンラインショップをチェック!

なお、売り上げの一部は、コーヒー豆の生産者やその支援団体に寄付される仕組みとなっている。

Top image: © ONIBUS COFFEE
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
ヨーロッパ発のサステイナブルブランド「ECOALF(エコアルフ)」より、コーヒーかすを使用したマルチジャケットが登場。廃棄予定のものを再利用し、天然資源の...
12月4日、「フォード」と「マクドナルド」が共同でプロジェクトを進めると発表。その内容は、マクドナルドが提供しているコーヒーの製造過程で出た“コーヒーかす...
紀元前2800年に誕生して以来、「すべりやすい」という問題点をずーっと抱えてきたのが石鹸。2017年、ついに石鹸史上初の革命が。それがこのテトラポット型。...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
サステイナブルな生活様式を提案するプロジェクトチーム「sunaho」が、台湾のホームウェアブランド「TZULAï」と共同開発した、コーヒーかすと竹粉が主原...
イギリスのDanielle Coffeyさんが作成した、各家庭の料理などで残った油脂を数分で石鹸に変えてしまう簡易キット「Sápu」。デバイスに調理後の油...
フレグランスにこだわる人であればあるほど、お気に入りの香りがあって、それはもう人それぞれ。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
「MINOTAUR INST.(ミノトール インスト)」の「2L ANTARCTIC DOWN」の紹介です。
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。