「コーヒーかす」を再利用。あのカフェの「石鹸」が欲しい!

くつろぎのひと時を与えてくれる、おいしいコーヒー。

だが、そのコーヒーからも「コーヒーかす」という名の廃棄物が排出されている。

その量、1杯につき15g〜20g程度(大さじ1杯ほど)。お茶とは違い抽出が1度しかできないため、1年で換算すると数トンに及ぶほどだという。

このコーヒーかすを再利用したのが、コーヒーショップ「ONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)」「コーヒー石鹸」だ。

©ONIBUS COFFEE

ONIBUS COFFEEでは、これまでにも「コーヒーソイル(培養土)」の販売など、資源の循環を意識したプロジェクトを手掛けており、今回のコーヒー石鹸もその一環。

コーヒーかすの石鹸やキャンドルを製造・販売し、売り上げの一部をコーヒー豆の生産者に還元する活動をおこなう「COFFEE FREAK PRODUCTS」 とのコラボレーションで誕生した。

自然由来の成分がたっぷりの素地に「ONIBUS COFFEE 八雲店」でエスプレッソ抽出した際に出た極細挽きの「コーヒーグランズ(コーヒーカス)」が混ぜ込まれており、全身に安心して使用できるうえ、嬉しいスクラブ効果もあるという。

一つひとつが石鹸工房の職人による手作りだ。

泡男のキャラクターが特徴の愛嬌あるパッケージは、プロダクトデザインやアートワークを手がける「ALNICO DESIGN INC.」平塚大輔氏によるもの。

気になる方は、公式オンラインショップをチェック!

なお、売り上げの一部は、コーヒー豆の生産者やその支援団体に寄付される仕組みとなっている。

Top image: © ONIBUS COFFEE
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ヨーロッパ発のサステイナブルブランド「ECOALF(エコアルフ)」より、コーヒーかすを使用したマルチジャケットが登場。廃棄予定のものを再利用し、天然資源の...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
12月4日、「フォード」と「マクドナルド」が共同でプロジェクトを進めると発表。その内容は、マクドナルドが提供しているコーヒーの製造過程で出た“コーヒーかす...
紀元前2800年に誕生して以来、「すべりやすい」という問題点をずーっと抱えてきたのが石鹸。2017年、ついに石鹸史上初の革命が。それがこのテトラポット型。...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...