旅行のために作られた「旅する石鹸」を知っていますか?

旅好きのあなたに一つ質問を。旅行に持って行くシャンプーのサイズって、結構悩ましくないですか?

大きすぎると荷物になるし、持て余すのもイヤ。かといって、小さすぎて足りなくなるのも困る。同様に、ボディソープだってそうですよね。

もしこんな意見に共感してくれるなら、そのまま記事を読み進めてみてください。

肌に優しい
一粒使い切りの石鹸

まずはじめに、そのビジュアルに触れないわけにはいかないでしょう。ここで紹介する「旅する石鹸」は、見ての通り、箱もそれ自体もまるでキャラメルのよう。ハッキリ言って、これだけで人を惹きつけるには十分です。

とはいえ、ちゃんと“機能面”も説明を。

そもそもこの商品は、旅行や出張に便利な携帯タイプの使い切り石鹸。1粒を泡立てると、顔と体、髪の毛まで全身が2、3回洗えるサイズになっているそう。旅の期間に合わせて持参し、使い切れるのが嬉しいですね。

加えて、化学的な香料、安定剤、保存料、色素などが一切含まれていない点も高ポイント。敏感肌や乾燥肌、子どもから年配まで、幅広く使わているのだとか。肌が荒れがちな旅で、優しい天然成分のものを使えるのは◎。

「神戸の酒」「はちみつ」「さくら」「ヤギミルク」「こめぬか」「ラベンダー」の6種類を用意。一つひとつ配合レシピが異なっており、使用感や泡立ちもそれぞれに特徴があるようです。

1箱16粒入りで、価格は1,080円(税込)。購入はこちらから。自分用としてはもちろん、ちょっとしたギフトに人気なのも納得ですよね。

Licensed material used with permission by 丸菱石鹸
紀元前2800年に誕生して以来、「すべりやすい」という問題点をずーっと抱えてきたのが石鹸。2017年、ついに石鹸史上初の革命が。それがこのテトラポット型。...
フレグランスにこだわる人であればあるほど、お気に入りの香りがあって、それはもう人それぞれ。
『フライング タイガー コペンハーゲン』で発見。やけにBIGなサイズ感、季節感を意識した(?)カラーリング、それに合わせてセレクトされたグラフィックの紙ケ...
牛の胆汁を使った石鹸で、油汚れや血液に強いことで知られているが、汗による黄ばみにも有効だ。
ウォーターローションとシリコンローションのいいとこ取りをしたような、肌なじみがいいテクスチャーが特徴です。
イギリスのDanielle Coffeyさんが作成した、各家庭の料理などで残った油脂を数分で石鹸に変えてしまう簡易キット「Sápu」。デバイスに調理後の油...
フックに吊るしておけばソープディッシュが要らないし、省スペースになるし、無駄に溶けちゃうこともない。バスルームのちょっとしたインテリアにもなります。使って...
お祝いや感謝など、大切な誰かを思う気持ち──。それらを面と向かって相手に伝えるのは、なかなか照れ臭くて難しかったりしますよね。では、こんな「石鹸の力」を借...
以前紹介し、特別な贈り物を届けたい人たちの心をギュッとつかんだ「Message Soap, in time」。直接口にして伝えるには少し照れくさい想いを「...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
真っ白なトートバッグに絵を描いて作品を作る「第17回 ROOTOTEトート・アズ・キャンバス アート&デザインアワード」が開催中。エントリー締め切りは8月...
夏場は毎日のように使用する製氷機。しかも、氷は口の中に入れるものだ。となると、手入れが気になるところだ。
世の中、面白いネーミングの商品は溢れている。そして、商品のユニークな説明もしかり。けれど、これほどひねりが効いていたり、ぶっ飛んでいたり、パンチのあるユー...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
ウォッシングサロン〈Freddy leck(フレディ レック)〉。オリジナルプロダクトも人気です。そのひとつ「Galleseife(ガルザイフェ)」は、と...
今年に入ってオープンした2つのグランピング施設と、来月オープン予定の1施設を紹介。特に関西方面に注目施設が多い!
応援購入サービス「Makuake」に、ホタルの光のように発光するジャケット「発光ホタルジャケット」が登場。どんな光源でも蓄光し、光のないところで発光。ペン...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...