大きい消しゴム。そのサイズ、石鹸以上。なんかイイ!

 

『フライング タイガー コペンハーゲン』で発見。

やけにBIGなサイズ感、季節を意識した(?)カラーリング、それに合わせてセレクトされたグラフィックの紙ケース。ぱっと見、消しゴムというより石鹸に近い気がするんです。だから、友達が家に遊びに来たらドッキリを仕掛けたい!

こんな流れでね。

 

ある夜。
リビングでテレビを見ていると、友だちA子はお手洗いへ。

A子「ねえ■■■〜、このピンクの石鹸、ぜんぜん泡立たないんだけど〜!」
わ「(鼻で笑う)え〜、そんなはずないよ〜、もうちょっと強く擦ってみて〜」
A子「めんどくさいし、もう石鹸使わないでいいや〜」
わ「それね、泡の色がキレイなんだよ、ちょっとがんばって擦ってみて〜」
A子「え〜?うん〜まあ〜わかった〜」
……30秒後
A子「え?!待ってコレ、なんかカスみたいなのがポロポロ落ちてくんだけど!」
わ「わはは〜、だってそれ、消しゴムだもん」
A子「はあ?なにそれウザい!ちゃんとした石鹸ないの?!」
わ「ないんだよね〜」
A子「はぁ(ため息)」
わ「ごめんごめん〜」

 

こうして文字に起こしてみると、タチの悪さが際立ちますね。一瞬、やめておこうと思ったけど、A子はノリがいい子だからやっちゃうんだ!

 

4793805886717952
©2018 TABI LABO

 

ちなみに色違いのグリーンは職場用。消しゴムって、小さいとすぐなくしちゃうんだけどコレなら大丈夫そう。しかも、何かを書く時ってだいたいボールペンを使うから滅多に出番はないでしょう?5年くらい(もしかしたらそれ以上?)長持ちしそうじゃない?

……まあ、結局は「かわいくて安い」から購入しただけなんだけどね!

 

上質な陶器やフレグランスなどで知られる〈ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)〉の消しゴム。黒地に金の箔押しという高級感のある...
写真は黄色ばかりですが、それ以外も。ビビッドカラーのカラバリがある文房具をピックアップしました!
スペインのステーショナリーメーカーの〈MILAN(ミラン)〉。もともとは、手作り消しゴムの専業メーカーだったそうです。その消し心地は……!?
〈フライング タイガー コペンハーゲン〉のフライングディスクは、北欧発らしいカラーリングと税抜き300円という価格に惹かれます。
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
このノート最大のポイントは、平綴じタイプなのにゴム留めが付いているところ。リングタイプでゴム留めがついているものは多いけれど、平綴じタイプで付いているのっ...
シンプルなハートがいくつもデザインされたアイテムは、子どもっぽくって敬遠してしまいがちだけど(ハートに限らず、星とか動物とか、柄物全般に共通して)、これは例外。
このドキュメントファイルは、バックパックにいろいろモノを詰め込んで打ち合わせにでかけるような人たち向けだ。例えば、自分のような!
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
シンプルにボトル6本が収納できるワイヤーバスケット。取っ手も付いてるので、持ち運びも簡単です。
もっとほしいのあったしな、これでもげんせんしたほうやで。
アメリカンサイズの特大スイーツ! NYで60年以上も愛され続ける至福のレストランカフェが日本上陸Serendipity3〒150-0001 東京都渋谷区神...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
紀元前2800年に誕生して以来、「すべりやすい」という問題点をずーっと抱えてきたのが石鹸。2017年、ついに石鹸史上初の革命が。それがこのテトラポット型。...
ファッションと音楽とカウンターカルチャー、そして政治へのメッセージが絡み合い、世界の若者たちがムーブメントを起こした70年代。この時代にファッションを発信...
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
原宿・キャットストリートの近くに9月にオープンしたばかりの讃岐うどん専門店「麺散」の仕掛け人に聞いたお店と料理に込めたこだわりの数々!
旅好きのあなたに一つ質問を。旅行に持って行くシャンプーのサイズって、結構悩ましくないですか?大きすぎると荷物になるし、持て余すのもイヤ。かといって、小さす...
フレグランスにこだわる人であればあるほど、お気に入りの香りがあって、それはもう人それぞれ。
従来品のように穴が空いてなくてデコラティブ。だからシールとして使ってもまったく違和感なし。原宿のWEGOで見つけました。