大きい消しゴム。そのサイズ、石鹸以上。なんかイイ!

 

『フライング タイガー コペンハーゲン』で発見。

やけにBIGなサイズ感、季節を意識した(?)カラーリング、それに合わせてセレクトされたグラフィックの紙ケース。ぱっと見、消しゴムというより石鹸に近い気がするんです。だから、友達が家に遊びに来たらドッキリを仕掛けたい!

こんな流れでね。

 

ある夜。
リビングでテレビを見ていると、友だちA子はお手洗いへ。

A子「ねえ■■■〜、このピンクの石鹸、ぜんぜん泡立たないんだけど〜!」
わ「(鼻で笑う)え〜、そんなはずないよ〜、もうちょっと強く擦ってみて〜」
A子「めんどくさいし、もう石鹸使わないでいいや〜」
わ「それね、泡の色がキレイなんだよ、ちょっとがんばって擦ってみて〜」
A子「え〜?うん〜まあ〜わかった〜」
……30秒後
A子「え?!待ってコレ、なんかカスみたいなのがポロポロ落ちてくんだけど!」
わ「わはは〜、だってそれ、消しゴムだもん」
A子「はあ?なにそれウザい!ちゃんとした石鹸ないの?!」
わ「ないんだよね〜」
A子「はぁ(ため息)」
わ「ごめんごめん〜」

 

こうして文字に起こしてみると、タチの悪さが際立ちますね。一瞬、やめておこうと思ったけど、A子はノリがいい子だからやっちゃうんだ!

 

©2018 TABI LABO

 

ちなみに色違いのグリーンは職場用。消しゴムって、小さいとすぐなくしちゃうんだけどコレなら大丈夫そう。しかも、何かを書く時ってだいたいボールペンを使うから滅多に出番はないでしょう?5年くらい(もしかしたらそれ以上?)長持ちしそうじゃない?

……まあ、結局は「かわいくて安い」から購入しただけなんだけどね!

 

上質な陶器やフレグランスなどで知られる〈ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)〉の消しゴム。黒地に金の箔押しという高級感のある...
写真は黄色ばかりですが、それ以外も。ビビッドカラーのカラバリがある文房具をピックアップしました!
スペインのステーショナリーメーカーの〈MILAN(ミラン)〉。もともとは、手作り消しゴムの専業メーカーだったそうです。その消し心地は……!?
〈フライング タイガー コペンハーゲン〉のフライングディスクは、北欧発らしいカラーリングと税抜き300円という価格に惹かれます。
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のStrap Mocです。