大きい消しゴム。そのサイズ、石鹸以上。なんかイイ!

 

『フライング タイガー コペンハーゲン』で発見。

やけにBIGなサイズ感、季節を意識した(?)カラーリング、それに合わせてセレクトされたグラフィックの紙ケース。ぱっと見、消しゴムというより石鹸に近い気がするんです。だから、友達が家に遊びに来たらドッキリを仕掛けたい!

こんな流れでね。

 

ある夜。
リビングでテレビを見ていると、友だちA子はお手洗いへ。

A子「ねえ■■■〜、このピンクの石鹸、ぜんぜん泡立たないんだけど〜!」
わ「(鼻で笑う)え〜、そんなはずないよ〜、もうちょっと強く擦ってみて〜」
A子「めんどくさいし、もう石鹸使わないでいいや〜」
わ「それね、泡の色がキレイなんだよ、ちょっとがんばって擦ってみて〜」
A子「え〜?うん〜まあ〜わかった〜」
……30秒後
A子「え?!待ってコレ、なんかカスみたいなのがポロポロ落ちてくんだけど!」
わ「わはは〜、だってそれ、消しゴムだもん」
A子「はあ?なにそれウザい!ちゃんとした石鹸ないの?!」
わ「ないんだよね〜」
A子「はぁ(ため息)」
わ「ごめんごめん〜」

 

こうして文字に起こしてみると、タチの悪さが際立ちますね。一瞬、やめておこうと思ったけど、A子はノリがいい子だからやっちゃうんだ!

 

©2018 TABI LABO

 

ちなみに色違いのグリーンは職場用。消しゴムって、小さいとすぐなくしちゃうんだけどコレなら大丈夫そう。しかも、何かを書く時ってだいたいボールペンを使うから滅多に出番はないでしょう?5年くらい(もしかしたらそれ以上?)長持ちしそうじゃない?

……まあ、結局は「かわいくて安い」から購入しただけなんだけどね!

 

上質な陶器やフレグランスなどで知られる〈ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)〉の消しゴム。黒地に金の箔押しという高級感のある...
写真は黄色ばかりですが、それ以外も。ビビッドカラーのカラバリがある文房具をピックアップしました!
スペインのステーショナリーメーカーの〈MILAN(ミラン)〉。もともとは、手作り消しゴムの専業メーカーだったそうです。その消し心地は……!?
〈フライング タイガー コペンハーゲン〉のフライングディスクは、北欧発らしいカラーリングと税抜き300円という価格に惹かれます。
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
このノート最大のポイントは、平綴じタイプなのにゴム留めが付いているところ。リングタイプでゴム留めがついているものは多いけれど、平綴じタイプで付いているのっ...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
シンプルなハートがいくつもデザインされたアイテムは、子どもっぽくって敬遠してしまいがちだけど(ハートに限らず、星とか動物とか、柄物全般に共通して)、これは例外。
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、カワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
このドキュメントファイルは、バックパックにいろいろモノを詰め込んで打ち合わせにでかけるような人たち向けだ。例えば、自分のような!
原宿駅前プロジェクトは、未来を紡ぐ“たまり場”として名称を「WITH HARAJUKU」に決定。ライフスタイル雑貨、スポーツ、アパレル、コスメなどの路面店...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
6月19日、ラスベガス市が駐車違反の反則金を支払う代わりに、学校への文房具の寄付をしてもいいと認めました。
シンプルにボトル6本が収納できるワイヤーバスケット。取っ手も付いてるので、持ち運びも簡単です。
もっとほしいのあったしな、これでもげんせんしたほうやで。
この4種類をデスクに常備しています。
アメリカンサイズの特大スイーツ! NYで60年以上も愛され続ける至福のレストランカフェが日本上陸Serendipity3〒150-0001 東京都渋谷区神...
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
スピリッツにソーダ、そしてレモンを絞る。今までのサワーから一歩進んだ、フレッシュフルーツにこだわりをもつ「Sour」。2016年に京都でオープンしたサワー...