このクリップめっちゃかわいない?しかもやすいねん!

 

標準語に対して、関西弁はイントネーションが難しい言語です。

「クリップ」にしても、標準語では「(↑)ク(↓)リッ(↓)プ」、関西弁では「(↓)ク(↑)リップ(↓)」と発音。前者は一度下がってそのまま落ち着いているのに、後者は一度上がったくせに最後で下がるんです。たった4文字の単語で2度も音程が変わるんだから、それが文章になれば上がったり下がったりとても複雑に。他の地方出身者が真似できないのも当然です(わたしは関西出身です)。

物心ついた頃からテレビドラマが好きでいろんな作品を観てきたけど、どんなに演技派な俳優さんでも、関西出身じゃないのに関西弁のセリフを上手に話せている人はいなかったな〜。

 

そろそろ本題へ。

この3種類はぜんぶ原宿で見つけたもの。どれも400円程度。クリップにスペックの差なんてほとんどないので、かわいくて安いとなれば即買いです。左からふたつは『フライング タイガー コペンハーゲン』、右は『スピンズ』にありました。

 

「(↑)こ(↑)の(↓)ク(↑)リッ(↓)プ、(↓)めっ(↑)ちゃ(↑)か(↑)わ(↑)い(↓)な(↑)い? (↓)し(↑)か(↓)も(↑)や(↓)す(↓)い(↓)ね(↓)ん!」

 

4883402796826624
©2018 TABI LABO
Top image: © 2018 TABI LABO
〈フライング タイガー コペンハーゲン〉のフライングディスクは、北欧発らしいカラーリングと税抜き300円という価格に惹かれます。
〈meanswhile(ミーンズワイル)〉の「マネークリップ ウォレット」。薄さ1cmで、Tシャツの胸ポケットに入るぐらいコンパクト。そして、名前の通りコ...
クリップの両端についたマグネットでモノを挟む、これ以上ないぐらいシンプルな機能の「Brunt Clip(ブラントクリップ)」。ただし、マグネットが強力です。
シンプルにボトル6本が収納できるワイヤーバスケット。取っ手も付いてるので、持ち運びも簡単です。
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
2年ほど前に手に入れた、クシ型のクリップです。物をなくしがちな私が、唯一なくさないものです。世田谷の『D&DEPARTMENT』で買いました。3本セットで...
手元に置いておきたくなる、持ち歩きたくなる、靴べらなしでスポッと履けちゃう靴にも使いたくなる。
従来品のように穴が空いてなくてデコラティブ。だからシールとして使ってもまったく違和感なし。原宿のWEGOで見つけました。
このドキュメントファイルは、バックパックにいろいろモノを詰め込んで打ち合わせにでかけるような人たち向けだ。例えば、自分のような!
ユニークな福利厚生の紹介です。
2人の子を持つドリュー・アンは、とても困っていました。スーパーに行くと、自由に走り回りたい盛りの2歳の弟から目を離さないようにしながら、体が不自由なお姉ち...
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
その魅力が再評価されている、カセットテープ。音にこだわろうと思ったら、どのプレーヤーにすべきか迷ってしまいそうですが、見た目で決めるなら、この「Elbow...
ファッションと音楽とカウンターカルチャー、そして政治へのメッセージが絡み合い、世界の若者たちがムーブメントを起こした70年代。この時代にファッションを発信...
「巨人がきたら、かけがえのないものが、跡形もなくなるの」大人になれば、悩みごとも困ったことも、すこしは誰かに上手く伝えられるものかもしれない。
原宿・キャットストリートの近くに9月にオープンしたばかりの讃岐うどん専門店「麺散」の仕掛け人に聞いたお店と料理に込めたこだわりの数々!
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
ウェットスーツの素材を使った財布「SWALLET(スウォレット)」。カリフォルニアのサーファー達の間で人気らしく、陽気なカラーリングがたしかに西海岸のノリです。
5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、ためしに原宿に行ってみて。
パツワルド 敬子出版社勤務ののち米留学を経てフリーランスの編集ライター兼翻訳家に。書籍・ムック・雑誌・ウェブ、各媒体で執筆中。ほんの少し“きちんと”するだ...
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。