自転車を買い換えたい衝動は「アクセサリー」でいったん解決

 

やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。

一目ぼれして買った自転車。

毎日通勤をともにしているうちに、フレームが太いだとかロゴの主張が強いだとか、欠点ばかりが目につくようになって、気づけば他人の自転車に心を奪われる始末。浮気心がないと言えば嘘になる。だけど、ワタシはそんなに薄情なオンナじゃない!長く付き合っていれば倦怠期もある。一時の気の迷いで、すぐに乗り換えたらきっと後悔する。もっと愛する努力をしよう!

……てなわけで、最近購入したのが、写真のワイヤーロックとライト。アクセサリーを替えることでマンネリ解消をねらってみました。

本格的なモノも考えたのですが、目的はあくまで気分転換。なので、自転車専門店をスルーして原宿の雑貨屋さん『ASOKO』へ。ココ、文房具やキッチンウェアだけでなく、自転車のアクセサリーもあるんです。知ってました?

おもちゃみたいなカラーリングとフォルム、そして、合わせて1,000円程度という価格は、プチプラショップだからこそ。お陰様で自転車を愛おしく思うキモチがちょっとだけよみがえりました。

「とにかくかわいい自転車グッズが欲しい〜」

という女性の皆さん(男性も!)。原宿の『ASOKO』、穴場ですヨ。

 

Top image: © 2018 TABI LABO

関連する記事

「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
「mm(ミリ)」のそれは、なるべくプリミティブな自分になってつけたいアクセサリー。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...