自転車を買い換えたい衝動は「アクセサリー」でいったん解決

 

やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。

一目ぼれして買った自転車。

毎日通勤をともにしているうちに、フレームが太いだとかロゴの主張が強いだとか、欠点ばかりが目につくようになって、気づけば他人の自転車に心を奪われる始末。浮気心がないと言えば嘘になる。だけど、ワタシはそんなに薄情なオンナじゃない!長く付き合っていれば倦怠期もある。一時の気の迷いで、すぐに乗り換えたらきっと後悔する。もっと愛する努力をしよう!

……てなわけで、最近購入したのが、写真のワイヤーロックとライト。アクセサリーを替えることでマンネリ解消をねらってみました。

本格的なモノも考えたのですが、目的はあくまで気分転換。なので、自転車専門店をスルーして原宿の雑貨屋さん『ASOKO』へ。ココ、文房具やキッチンウェアだけでなく、自転車のアクセサリーもあるんです。知ってました?

おもちゃみたいなカラーリングとフォルム、そして、合わせて1,000円程度という価格は、プチプラショップだからこそ。お陰様で自転車を愛おしく思うキモチがちょっとだけよみがえりました。

「とにかくかわいい自転車グッズが欲しい〜」

という女性の皆さん(男性も!)。原宿の『ASOKO』、穴場ですヨ。

 

Top image: © 2018 TABI LABO
「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
「mm(ミリ)」のそれは、なるべくプリミティブな自分になってつけたいアクセサリー。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
「KYOKO TSUDA」は、独特でグラフィカルな要素を用いてプロダクトに展開するアクセサリーブランドです。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
原宿駅前プロジェクトは、未来を紡ぐ“たまり場”として名称を「WITH HARAJUKU」に決定。ライフスタイル雑貨、スポーツ、アパレル、コスメなどの路面店...
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
ディスクグラインダーを使った自転車盗難の対策として開発された、史上最強クラスのU字ロック。