お気に入りのアクセサリーを清潔にして、輝かせる裏ワザ。

女性にとって、アクセサリーはその日の気分を変えてくれるアイテム。一方で、金属品はすぐに輝きを失ってしまったり、ピアスは汚れが蓄積したまま使うと炎症を起こしてしまうなど、お手入れにも気を使わなければいけない。

本当はお店で磨いてもらったり、専用のクリーナーを使ってお手入れするのが1番だとは思うけれど、近くにお店がなくて、ずっとアクセサリーケースで待ちぼうけを食らっているメンバーも…。そんな時に、自宅でも簡単にできる“裏ワザ”を、「Little Things」Asiane Cooleyさんの記事から見つけました。使うものは家にある普通の洗剤がメインだから、高価ではないもので試してみるのが安心かも。

ちなみに、私は海外で安く買ったシルバーリングを磨いてみたけれど、けっこうピカピカになりましたよ。もともとは、ピアス・イヤリングに限定したものだったけれど、リングやブレスレットにも応用できるかも。

01.
ダイヤモンドアクセサリーの場合

(1)液体洗剤を混ぜた水に、30分ほど浸けます
(2)小さめのメイクブラシや、毛が柔らかい歯ブラシで、汚れや油がたまりそうな箇所を優しく撫でるようにしてこすります
(3)水でよく洗い流して、糸くずの出ない布で水気をとります

気になる場合は、2回この工程を繰り返しましょう。

この時、漂白剤を含むものや、歯磨き粉などの研磨剤は使用しないでください。

ダイヤモンドなど、宝石のついたアクセサリーに<超音波クリーナー>を使う場合は、傷がついてしまう恐れがあるので、細心の注意を払わなくてはいけないと言われています。

02.
シルバーアクセサリーの場合

最もオススメなのは、ダイヤモンドと同様に洗剤と水につけて、ブラシでこする方法です。それでも汚れが目立つ場合は、1分ほどアンモニアを混ぜた水に浸けておくと、くすみも取れて輝きを取り戻す効果があります。

長くアンモニアに触れていると、逆に痛めてしまうので、手早く磨いてすぐに水で洗い流しましょう。

(1)重曹+水
重曹に少し水を混ぜて、ペーストのようになったら、毛が柔らかいブラシにつけてこすります。細かい隙間の汚れが取れない場合は、もっと水を混ぜてみてください。

(2)オリーブオイル+レモンジュース
オリーブオイルの量に対して、レモン汁を半分入れたらよく混ぜます。ブラシではなく、柔らかい布にそれを浸し、優しく磨きます。

(3)重曹+塩+お湯
ボウルの底にアルミホイルを敷き、沸騰したお湯を注ぎます。そこに、重曹と塩を大さじ2杯ずつ入れて溶かしたら、アクセサリーを入れてください。この時、隣同士が重ならないように気をつけてください。そのまま2〜3分浸けておいたら、水で洗い流して水気をとります。

03.
ゴールドアクセサリーの場合

ゴールドはとても柔らかい金属なので、拭いたりこすったりする時に力を入れすぎないように、優しく取り扱うことを意識しましょう。

上で紹介したように、食器用洗剤と水を混ぜてブラシで磨く方法と、アンモニアを使うこともできます。

さらに紹介すると、アルコールに浸けて消毒することもできます(メッキのもの、接着剤でストーンが固定されているものはNG)。油や、水溶性の汚れをよく溶かしてくれるので、細かい部分に入り込んだ埃や皮脂を短時間でリセットしてくれるのです。輝きも増しますよ。

(1)フィルムケースなどの容器に、アルコールとアクセサリーを入れて、数分置きます
(2)軽く振ります
(3)ティッシュの上でアルコールを蒸発させます

04.
パールのアクセサリーの場合

パールを磨く時には、弱い洗剤を使うこと、こするのではなく布で優しく拭くことを心がけてください。パールが取れてしまうことを防ぐためです。

(1)小さめのボウルに、ぬるま湯と、弱い液体洗剤を一滴加えます
(2)柔らかい布に(1)を含ませて、パールをなでるように拭きます
(3)シャモアレザー、またはマイクロファイバーのクロスでも同じように(1)を含ませて、表面が泡立つくらい揉んだら、パールを優しく磨きます
(4)くすみが取れたら、20分ほど乾燥させます

Licensed material used with permission by Little Things
他の記事を見る
「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
え!と思うものもありますが、使えるアイデアもチラホラ。今スグ試してみたくなる裏ワザを「10 Life Hacks You Need To Know For...
日々の暮らしをちょっと良くするハウツー動画サービス「ビエボ」に掲載された、レタスの芯を一瞬できれいに取る裏ワザをご紹介。これさえ知っておけば、1枚1枚葉っ...
「mm(ミリ)」のそれは、なるべくプリミティブな自分になってつけたいアクセサリー。
通勤中の電車の中で、はたまた休日のカフェで。「音楽を聴くこと」は、当たり前のように日常に溶け込んだ行為です。が、その前にごちゃごちゃに絡まったイヤホンを解...
柔らかくてクリーミーなアボカドを今スグ食べたい!そんなときに使える裏ワザを「Purewow」から紹介。・ベーキングシート。・アルミホイル。・固いアボカド。...
「KYOKO TSUDA」は、独特でグラフィカルな要素を用いてプロダクトに展開するアクセサリーブランドです。
先週はうんざりするほど雨続き。週末と月曜日は台風で、お気に入りの靴が泥だらけになってしまった人も少なくないはず。掃除用の歯ブラシを使って、自宅で綺麗にでき...
小さなお子さんが遊んでいて、または自分の手がすべって…。事情はどうであれ、ボールペンのインクが白シャツに付いて悲しい思いをした経験、一度くらいはありません...
一度起きたら、寝かしつけるのが大変…。赤ちゃんが眠りにつかず、苦戦している人も多いのでは?そんな悩めるママパパに必見の動画がコレ。グズって眠らない赤ちゃん...
思えば、ボールペンを使って文字を書く機会はめっきり減ってしまいました。“手帳派”の人もいるとはいえ、スケジュール管理はPCやスマホでカンタンに可能。以前は...
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
ファスナーが壊れた服を、直そうと思ってタンスにしまってから1年……。そんな洋服たちを蘇らせる方法を見つけたので、「LittleThings」より紹介します...
「避妊用ピアス」……っていったい何?ざっくり説明すると、ピアスのキャッチ部分に、低用量ピルなどの避妊薬にも含まれるホルモン製剤を含有するパッチが付いている...
新しい韓国旅なら大邱(テグ)。直行便が増えたことで、注目度が高まっています。
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
歯医者に行かなくても歯を白くできる。そんな裏ワザが「PureWow」に掲載されて話題です。しかも、使うのはバナナだけ。おやつに食べるついでと言ってはなんで...
当たり前に身近にあった「ひらがな」の曲線のうつくしさや、日本の伝統を残していきたいという想いでつくられた「ひらがなアクセサリー」。 書家でもあるデザイナー...