マヨラーも絶句する、キユーピー「裏ワザレシピ」

何気ない一日に思えるような日が、世界のどこかでは特別な記念日だったり、大切な一日だったりするものです。

それを知ることが、もしかしたら何かの役に立つかもしれない。何かを始めるきっかけを与えてくれるかもしれない……。

アナタの何気ない今日という一日に、新しい意味や価値を与えてくれる。そんな世界のどこかの「今日」を探訪してみませんか?

マヨネーズの日

日本で初めてマヨネーズを製造・販売したのは、ご存知キユーピー。

これが今から97年前の1925年3月のこと。3月と日本初の「1」にちなんで、3月1日をマヨネーズの日と定めたそうです。

日本人の体格向上と健康に着目し、卵黄を使った栄養価の高いマヨを開発した老舗。450gのマヨにはじつに3.6個分の卵黄が使われているんだそう。

さて、このマヨネーズですがお国変われば、味もまたさまざま。ライム果汁で酸味を出したり、トリュフで香り付けしたり、なかには砂糖入りの甘いマヨなんかも存在したり。

世界各国、食文化を反映したオリジナルのマヨがあるわけですが、なかでも日本のマヨネーズは海の向こうでも大人気だそうで。なんでも卵が違うとか。全卵ではなく卵黄だけというのもポイントなんでしょうね。

というわけで、今日「マヨネーズの日」を記念して、天下のキユーピーマヨネーズがひっそり紹介する「裏技レシピ」より、ハイインパクトであそびゴコロある、とっておきのアレンジをご紹介したいと思います。

プリンにマヨネーズ……だと!?

©2020 キユーピー株式会社

いつもの料理に「マヨネーズ」を加えるだけで食感や食味がよくなるというキユーピーの「裏ワザレシピ」。そこに、驚きのスイーツが。

それがマヨネーズで!なめらかプリン

たしかにプリンは卵でつくる。でも、そこにマヨってアリなの!?なんでもプリン液にマヨネーズを加えて作ると、しっとりなめらかに仕上がるんだとか。

真のマヨラーを語るなら、
怯むなかれ、恐るるなかれ。

詳しくはこちらから>>>

Top image: © iStock.com/karimitsu

※記事内での表記に誤りがあったため、一部内容を更新いたしました。

TABI LABO この世界は、もっと広いはずだ。