日本と宇宙の食卓を変えた「世紀の大発明」

何気ない一日に思えるような日が、世界のどこかでは特別な記念日だったり、大切な一日だったりするものです。

それを知ることが、もしかしたら何かの役に立つかもしれない。何かを始めるきっかけを与えてくれるかもしれない……。

アナタの何気ない今日という一日に、新しい意味や価値を与えてくれる。そんな世界のどこかの「今日」を探訪してみませんか?

世界初のインスタントラーメンが誕生した日

2018年の秋から約半年にわたってNHKで放送されていた連続テレビ小説「まんぷく」。

安藤サクラが一息で麺をすすり込むシーンが印象的なこの作品のもととなったのは、言わずもがな、世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を開発した「日清食品」の創業者・安藤百福(ももふく)氏と妻・仁子(まさこ)さんの物語です。

そして今日、8月25日は「チキンラーメン」がこの世に誕生した、記念すべき日。

ときは戦後間もないころ、焼け野原となった街にポツンと佇むラーメンの屋台に客の長蛇の列ができていた風景を目にした百福氏。

「もっと手軽にラーメンを食べられないものか......」。

そんな思いから家庭で簡単に作れるインスタントラーメンの開発に着手します。

①おいしいこと

②簡単に調理できること

③長い期間にわたって保存できること

④価格が手軽であること

⑤衛生的で安全なこと

開発に際して氏が掲げ、自身に課した条件は、当時の技術では非常に困難なものばかりだったといいます。

とはいえ、ドラマで描かれていたように、夫婦二人三脚でその難題に立ち向かい、今から63年前の1958年の今日、ついに「チキンラーメン」は完成したのです。

昨年は、特別にアレンジが施された製品(日清スペースチキンラーメン)が「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」の定める「宇宙日本食」に認定。「国際宇宙ステーション(ISS)」で野口聡一氏をはじめとする宇宙飛行士たちにも提供されました。

1991年にパッケージに登場した「ひよこちゃん」は、見た目の通り、まだまだちっちゃなヒナ鳥。さて、成鳥になって羽ばたいた暁には、今度はいったいどんな未来を見せてくれるんでしょうか。

Top image: © iStock.com/akiyoko
TABI LABO この世界は、もっと広いはずだ。