【動画】21世紀の大発明!水を浄化してくれる「飲める本」は、世界を救うか

汚染された「水」が原因で
命を落とす人がいる。

蛇口さえ開けば、さも無限に水が流れ落ちるように新鮮で美味しい水が誰でも飲める国、日本。それが当たり前に思えているのはじつは、私たちだけなのかもしれない。世界では毎年、約300万〜400万人が汚染された飲料水が原因で亡くなっている。なかには、自分が汚水を飲んでいるという認識が無い人も多いようだ。

この現状を打破すべく、世界中の人々に綺麗な飲み水を供給する慈善団体「Water is life」が立ち上がった。アメリカ・カーネギーメロン大学とヴァージニア大学の科学者とエンジニアチームによる共同開発で完成したもの・・・、それは一冊の「本」であった。この本、ただの本ではない。どんな汚い水も綺麗な飲み水に変えてしまう、その名も「飲める本」。

綺麗な水の大切さを伝えるメッセージが書かれた1枚の紙がポイント。この紙が小型フィルターになっており、汚水をろ過すると、コロラや腸チフスなどの危険な細菌を99.9%死滅させることが出来るのだ。

 

本の使い方はこちら。

①本から1枚の紙を切り取る。
②専用のフィルターボックスに切り取った紙をセット。
③水を注ぐ。

 たったこれだけで。フィルターを通して綺麗な水に変身するのだ。1ページで30日、1冊でなんと4年分の飲料水の生産が可能だとか。しかし、一歩外に出ればその蛇口の水は死と隣り合わせになることも。

どうかこの「飲める本」が1冊でも多くの人に、届くことを心から願う。

Reneenn:  You Tube

 

他の記事を見る
マグボトル「QUARTZ Bottle」には、水を浄化してくれる機能と、自動的に殺菌をしてくれる特徴があります。これがあれば、バクテリアとウイルスの多い水...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
およそ7億5,000万人もの人は安全な水が手に入らず、さらに年間約50万人もの子どもが汚い水が原因で命を落としている、と日本ユニセフ協会は指摘します。そん...
ことば、火、農業、舟、数学、紙、カメラ、人工衛星、インターネット、ロケット…。人類が、自らの手で本格的な道具を作りはじめたのは、260万年前の旧石器時代に...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
カナダ・バンクーバー発の『Hot Dog Water(ホットドッグ・ウォーター)』の紹介です。
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
海と山と大地のエキスを包み込んだ、中国・青島の「水餃子」について。
そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
「DewGood」を電源につなぎ、屋外に放置しておくだけで、1日に最大10ガロン(約40L)の水を作り出してくれるそう。仕組みは空気中の水蒸気を冷やすこと...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
コペンハーゲン在住のカリグラフィーアーティストJohan Deckmannは、心理療法士としての顔も持つ異色の経歴をいかし、人生に対する大きな疑問、不条理...
水は人間にとって無くてはならないもの。「生命の源」と言われるなど、もっとも身近な存在のひとつと言えるでしょう。そんな水が、もし夢の中に出てきたら…一体どん...
改めて、世界の国々の物価はさまざまだなあ、と。