泥水が飲料水に変わる「魔法のストロー」が、世界を救う!

およそ7億5,000万人もの人は安全な水が手に入らず、さらに年間約50万人もの子どもが汚い水が原因で命を落としている、と日本ユニセフ協会は指摘します。
そんな状況を、ある一つのストロー「Life Straw」が変えてくれるかもしれません。th_スクリーンショット 2015-09-22 15.06.22というのもこのストロー、どんなに汚い水でも安心安全な飲み水に変えてくれるのです。

99.9999%浄化可能な
魔法のストロー

その仕組みは至ってシンプル。専属のフィルターが、0.2ミクロンよりも大きい粒子をろ過します。そのため、このストローに水を通すと99.9999%ものバクテリアや細菌が除去されるのです!
th_スクリーンショット 2015-09-22 14.57.02電気を一切使わないためエコで、さらに耐久性にも優れています。
一度ストローを使ったら、飲み口の方から水を流して綺麗にすれば何回でも使用可能。一つで、約2,000リットルもの水を綺麗にすることができるのです。th_スクリーンショット 2015-09-22 14.58.41例えば、こんなに汚い水も一瞬できれいな飲み水へと変わります。Life Strawの重さは約57グラム。その軽くて小さなサイズから、持ち運びも簡単。いざとなったら川の水を飲むこともできるので、災害時やアウトドアにも大活躍。th_スクリーンショット 2015-09-22 14.56.38トイレの水でさえ、飲むことができます。(よい子はマネせずに…)th_スクリーンショット 2015-09-22 14.58.24

このLife Straw、価格は22.95米ドル(約2,600円ほど)と値段もお手頃。
途上国の水問題や災害時に活躍するだけでなく、旅先やキャンプ時などで安全な水が手に入らない時にも使えます。

本当にどんな水でも飲めるの?と疑いの方。Life Strawを使っている様子を動画で見れます。特に51秒目には注目!

Licensed material used with permission by Vat19

プラスチックストローの代わりに注目するNEXTストローは「WARA STRAW」。東京都で本土唯一の村となる檜原村の畑で育てられた「麦わら」で、一本ずつ職...
カナダの「Rice Straw Technologies」という企業が製造するのは、米からできたストローだ。
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
もしも、どんなに汚れている水でも、すぐに飲料水に変えてしまう魔法のボトルがあったら…。アメリカに住むマイケル・プリチャードさんは、2004年スマトラ島沖地...
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
飲み終わったら、カップはゴミ箱へ。でもストローは……食べる!
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
世界の水のほとんどは海水だ。そのうち人間が利用可能な淡水はたったの数%ほど。しかも、そのほとんどが北極や南極で凍っている氷塊である。それだけ安全に利用でき...
環境への負担を減らし、衛生面を向上させた、リユーザブルな「ジッパーストロー」。
リモートワーカーの増加によるの緊急の需要に応えるため、デンマークの家具スタートアップ「Stykka」が、ダンボールで作ったワークデスクを格安で発売中。使用...
汚染された「水」が原因で命を落とす人がいる。蛇口さえ開けば、さも無限に水が流れ落ちるように新鮮で美味しい水が誰でも飲める国、日本。それが当たり前に思えてい...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
いま世界のいたるところで深刻な「水不足」が問題になっています。米・カリフォルニア州では大規模な干ばつが続き、地下水や貯水池の水が干上がり、危機的な状況に。...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。
危機的状況が続くなか、ファッションブランドも新型コロナ対策支援に取り組んでいる。「グッチ」と「H&M」は、「世界保健機関(WHO)」にSNSアカウントを提...
自宅にいながら個人輸入ができちゃうオンライン輸入食品店(勝手にそう呼んでいるだけ)「iHerb(アイハーブ)」を活用して「#おうち時間」をもっと充実させよ...
この写真、点描画にも似ているんですが、なんかひと昔前のテレビを切り取ったような感じで、味わい深いんです。
2019年1月1日より、アメリカ・ワシントンD.C.で使い捨てプラスチックストローの提供を禁止する条例が施行されました。
シンガポール国立大学の研究によって開発された「Vocktail」は、視覚と嗅覚、味覚を操ることで、ただの水でもカクテルを味わったような感覚にさせるのだとか。
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...
世界最大のラム酒ブランド「BACARDI」が、使い捨てプラスチックストローを回収して限定レコードにアップサイクル。
海と山と大地のエキスを包み込んだ、中国・青島の「水餃子」について。