サンタモニカの海に浮かぶ「筒」が、45億リットルの飲料水を生む!?

いま世界のいたるところで深刻な「水不足」が問題になっています。

米・カリフォルニア州では大規模な干ばつが続き、地下水や貯水池の水が干上がり、危機的な状況に。住民は高いお金を払って水を買い、農作物にも大きな影響が出ているそうです。なかには水不足が原因で、住み慣れた土地を離れる人までいるほど。

そんななか、サンタモニカの洋上で海水を飲料水に変えるプロジェクトの一部を紹介しましょう。

洋上に浮かぶ芸術作品か

この海面に浮かぶ筒状のものはなにかというと「2016ランド・アート・ジェネレーター・イニシアチブ」という、公的な場所に再生可能なエネルギーインフラを生み出すアートコンペティションに提案されたアイデアのひとつ。

コンセプトデザインではあるものの、担当した「ハリーリ・コンサルタント・エンジニア」という企業は、芸術的、技術的、建築的な3つの意味で評価されているそう。

海水から年間45億リットルの
飲料水をつくる

パイプの外壁にある太陽光パネルで作られた電力は、ポンプを使って海水を引き揚げるのにつかわれています。そして電磁気によって海水から塩分を分離、年間約45億リットルの飲料水を生み出し、街に届ける想定だそうです。

海水を飲料水に変える技術は今までもありましたが、コストパフォーマンスなどが合わず、非現実的とされてきました。しかし、カリフォルニアの日照をうまく利用した太陽光パネルをつかうことで、コスト面の課題をクリアできる可能性が高くなるとか。

観光地としての機能も

さらにこのパイプは中に入ることができ、訪れた人がくつろぎながら、サンタモニカの美しい街を洋上から眺めることも想定されています。

もしも実現したら、水不足の解決だけではなく、サンタモニカの新たな観光名所としても訪れた人を楽しませてくれる存在になりそうですね。

Licensed material used with permission by Khalili Engineers
世界の水のほとんどは海水だ。そのうち人間が利用可能な淡水はたったの数%ほど。しかも、そのほとんどが北極や南極で凍っている氷塊である。それだけ安全に利用でき...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
一家に一台。安くて簡単に使える、そんな淡水化装置のデザインが話題です。「Eliodomestico」は、海水を釜に入れて1日放置しておくだけで、飲める水を...
得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、...
今年、ロサンゼルスのショッピングセンター「サンタ・モニカ・プレイス」に、スーパーモデルのTyra Banksが手がけるテーマパークがオープン予定。その名も...
サイゲンジが、4月来日予定のギンガとモニカ・サウマーゾの来日について解説!
もしも、どんなに汚れている水でも、すぐに飲料水に変えてしまう魔法のボトルがあったら…。アメリカに住むマイケル・プリチャードさんは、2004年スマトラ島沖地...
Mosaic Tile Houseは、2人のアーティストがコツコツと装飾をした家。位置はちょうどサンタモニカとベニスビーチの中間くらい。入場料は$15で、...
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
海と山と大地のエキスを包み込んだ、中国・青島の「水餃子」について。
ドバイの海に浮かぶ「Carrefour Bites and More by the Shore」は、海上スーパーマーケットです。食品や飲料水など300種類...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
三大鬼才音楽家のうち来日したことがないのはギンガだけ。セルジオ・メンデスに楽曲を提供していた作曲家でギター演奏も超絶技巧。モニカ・サウマーゾとの共演も!
静岡に「木村飲料」という飲料メーカーがある。静岡の特産品を使った「うなぎコーラ」「桜えびサイダー」「しずおかコーラ」、そして衝撃の「たくあんコーラ」「うめ...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
「ロサンゼルスのダウンタウン。ストリートに詰まった精神性やノイズ。壊れたままの建物や、アートとなって蘇った様々なもの。その全てに個性があり、その色やディテ...
1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...