サンタモニカの海に浮かぶ「筒」が、45億リットルの飲料水を生む!?

いま世界のいたるところで深刻な「水不足」が問題になっています。

米・カリフォルニア州では大規模な干ばつが続き、地下水や貯水池の水が干上がり、危機的な状況に。住民は高いお金を払って水を買い、農作物にも大きな影響が出ているそうです。なかには水不足が原因で、住み慣れた土地を離れる人までいるほど。

そんななか、サンタモニカの洋上で海水を飲料水に変えるプロジェクトの一部を紹介しましょう。

洋上に浮かぶ芸術作品か

この海面に浮かぶ筒状のものはなにかというと「2016ランド・アート・ジェネレーター・イニシアチブ」という、公的な場所に再生可能なエネルギーインフラを生み出すアートコンペティションに提案されたアイデアのひとつ。

コンセプトデザインではあるものの、担当した「ハリーリ・コンサルタント・エンジニア」という企業は、芸術的、技術的、建築的な3つの意味で評価されているそう。

海水から年間45億リットルの
飲料水をつくる

パイプの外壁にある太陽光パネルで作られた電力は、ポンプを使って海水を引き揚げるのにつかわれています。そして電磁気によって海水から塩分を分離、年間約45億リットルの飲料水を生み出し、街に届ける想定だそうです。

海水を飲料水に変える技術は今までもありましたが、コストパフォーマンスなどが合わず、非現実的とされてきました。しかし、カリフォルニアの日照をうまく利用した太陽光パネルをつかうことで、コスト面の課題をクリアできる可能性が高くなるとか。

観光地としての機能も

さらにこのパイプは中に入ることができ、訪れた人がくつろぎながら、サンタモニカの美しい街を洋上から眺めることも想定されています。

もしも実現したら、水不足の解決だけではなく、サンタモニカの新たな観光名所としても訪れた人を楽しませてくれる存在になりそうですね。

Licensed material used with permission by Khalili Engineers

関連する記事

ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
世界の水のほとんどは海水だ。そのうち人間が利用可能な淡水はたったの数%ほど。しかも、そのほとんどが北極や南極で凍っている氷塊である。それだけ安全に利用でき...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
今年、ロサンゼルスのショッピングセンター「サンタ・モニカ・プレイス」に、スーパーモデルのTyra Banksが手がけるテーマパークがオープン予定。その名も...
サイゲンジが、4月来日予定のギンガとモニカ・サウマーゾの来日について解説!

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
福島県の事業者マッチングを支援する「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」が「ふくしまのウェルネスフード」シリーズを企画した。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...