サンタモニカに佇む、スケボーカルチャーのルーツへ

得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、サンタモニカの目立たないスケートボードショップ「リップシティ」から始まった。

オールドスケートアートの源泉がここに。

このリップシティは、ウェス・ハンプストンや、マーク・ゴンザレスなど、スケボーに乗らない人にも名を知られているアーティストが手がけたデッキ(板)や、写真などが所狭しと飾られている。

狭いながらも、スケボー好きからしたら「天国」みたいな場所だ。

これらレジェンドの作品は70年代後半のものが多く、いま再燃しているカルチャーの王道的なものと言える。

ここサンタモニカだけでなく、スケートボードの昔のテイストのリバイバルはNYなどにも派生していて、70s〜80sのヒストリーやローカルカラーを売りにしているショップは跡を絶たない。つまり、いま一番ホットな場所こそ、ここなのだと言えるかもしれない。実際、ステューシーがコラボレーションを仕掛けたりと、日本にもその名が轟いている。

映画の舞台、ドッグタウンはこの界隈。

1978年の開店当初は、ローラースケートとスケートボードの両方を扱うショップで、当時は折しもローラースケートが大ブーム。スケートボードは日の当たらない存在だったところ、オーナーのJ・マクダウエル氏が多くのブランドをかき集め、少しずつメジャーになっていった。

これらは、1970年代の西海岸スケートカルチャーを描いた『ロード・オブ・ドッグタウン』に詳しいところ。ジェイ・アダムス、トニー・アルバ、ステイシー・ペラルタら伝説のチーム「Z-BOYS」が、いかにスケートで生きていくかを垣間見れる作品だが、彼らの舞台であり、リップシティでも売れ線のブランド「ドッグタウン」こそ、このリップシティを含むサンタモニカ界隈のこと。

スケートカルチャーは、こうした70年代にハンプストンらが築き上げたテイストのものからはじまり、プール跡地でのスケートから、バンクを使ったもの、ストリートでのトリックなど、多様に分かれていった。

かつてチーマーが好んだバギーパンツから、少しずつズボンが細くなり、スキニージーンズでスケートするまでになったが、昨今はむしろこのリップシティに代表される、スケートボードのルーツにこそ「イマ感」がある。

このオールディーズな店構え。隣はペットのグルーミング店が入っている。「サンタモニカ・エアラインズ」は、レジェンドブランド。

「ここは、アルコールを出さないバーみたいなもんだ」

リップシティに入ると、マクダウエル氏と客が長々と話をしていることがしばしば。昔話に花を咲かせているが、この写真のように気さくに挨拶にも応えてくれる。

「昔はこのデッキに乗ってたんだよ」とか「このブランド好きだったね」とか。大物スケーターもこぞってこのリップシティを訪れているので、スケートフリークには、きっとたまらない空間だろう。

Photo by Inagaki Masanori
いま世界のいたるところで深刻な「水不足」が問題になっています。米・カリフォルニア州では大規模な干ばつが続き、地下水や貯水池の水が干上がり、危機的な状況に。...
サイゲンジが、4月来日予定のギンガとモニカ・サウマーゾの来日について解説!
サンタクロースに因んだイベントを楽しんでいた子どもたちに向かって「サンタはいない!」と叫んだ男。通報を受けた警察が到着した後も妨害行為を続け、結局、不法侵...
Mosaic Tile Houseは、2人のアーティストがコツコツと装飾をした家。位置はちょうどサンタモニカとベニスビーチの中間くらい。入場料は$15で、...
トルコでは「香水」の消毒剤としての需要が高まり、コロナウイルス対策として大量に買い占められている。
今年、ロサンゼルスのショッピングセンター「サンタ・モニカ・プレイス」に、スーパーモデルのTyra Banksが手がけるテーマパークがオープン予定。その名も...
2020年の東京オリンピック・パラリンピックにも採用されるスケートボード。謎に包まれたスケートボードの発祥をSFアドベンチャー映画「バック・トゥ・ザ・フュ...
2020年1月17日までクラウドファンディングサイト「Makuake」にて先行予約販売をおこなっている「Elos」。2016年にカリフォルニアで生まれたコ...
三大鬼才音楽家のうち来日したことがないのはギンガだけ。セルジオ・メンデスに楽曲を提供していた作曲家でギター演奏も超絶技巧。モニカ・サウマーゾとの共演も!
世界最大級のサンタの学校「School4Santas」は過去に4200人を超える卒業生を輩出する名門校。長いヒゲも赤い服もいらない、普通の学校とは違う「サ...
宇宙飛行士アン・マクレーン氏が、狭い空間でポジティブにかつ生産的に生活するヒントをTwitterに投稿。「NASA」の心理学者による研究をベースに、5つの...
一風堂カリフォルニア州サンタモニカ店のオープン記念に、「nonnative」がユニフォームをデザインしました。
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
あらゆるデッキに装着可能な電動スケートボードユニット。ハイスペックモデルの最高時速は時速42km/h!
子どものメンタルヘルスにもっと寄り添い、警告サインを見逃さないよう注意を促す「NAMI」の動画広告に共感と称賛の声が集まっている。その登場人物はなぜか落ち...
『On the Road』に出会い、アメリカへ向かった日本人写真家、小林昭。1969年から1974年までの6年間、カリフォルニアのヴェニスビーチを拠点にし...
男性の約3.5人に1人はパンツにこだわりを持っており、約6人に1人、なかでも経営者や会社役員といったエグゼクティブほどパンツが仕事のパフォーマンスに影響す...
「Gapストア 新宿フラッグス店」が4月3日リニューアルオープン。世界初の「Gapオリジナルブレンドコーヒー」やドーナツなどが楽しめるカフェエリアも登場。
「ロサンゼルスのダウンタウン。ストリートに詰まった精神性やノイズ。壊れたままの建物や、アートとなって蘇った様々なもの。その全てに個性があり、その色やディテ...
アメリカンカルチャーのアイコンでもある「Route 66」は、シカゴからサンタモニカ間を結ぶ全長3,755kmの一本道。作家ジョン・スタインベックが、19...
閉店後のノースカロライナ州のショッピングモールで、自閉症の子どもを持つ家族向けの、サンタ記念撮影会が“ひっそり”と開催されました。多くの人が行き交う場所、...
動画に写っているのは、ジャクソン5の『サンタが街にやってくる』を、まるで踊るかのようにして手話で歌う3人の女性。見ているだけで笑顔にさせられる動画は、Fa...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
パレスチナにあるスケートパークでは、日々、子どもたちがトリックを練習しています。