「3人目の鬼才音楽家」ギンガが日本初公演!モニカ・サウマーゾとの共演も見逃せない

「三大鬼才音楽家」と呼ばれるブラジルのミュージシャン、エグベルト・ジスモンチ、エルメート・パスコアール、ギンガ。

この3人のなかで、まだ来日したことがないアーティストは、ギンガだけです。

彼はセルジオ・メンデスやエレス・レジーナにも楽曲を提供し、一回り年上のエルメート・パスコアールからも尊敬されている作曲家。ねっとりとまとわりつくようなギタープレイも有名で、独学で身につけたがゆえの常識破りな超絶技巧の持ち主。プレイヤーを驚愕させるプレイヤーなのです。

そんな彼が、4月6日(土)に山形県郷土館「文翔館」 議場ホール、4月10日(水)に練馬文化センター大ホールと、日本公演を予定しています。この機会は、見逃すべきじゃありません。

百聞は一聴にしかず。ブラジリアン好き、ラテン好き、ギター好きも、その音楽に興味がある人は、まず下の動画を!

Reference: GargProdu

日本公演は、同じくブラジルで世界最高峰と評価をされている歌手、モニカ・サウマーゾや、管楽器の名手テコ・カルドーゾ、ナイロール・プロヴェッタとの共演です。

ギンガについては、12月26日(水)の24時45分(つまり今夜)から、NHK BSプレミアムの特番でも紹介される予定で、注目度は上昇中。シリーズは全3回。すでに放送された『小野リサ ~ボサノバ60年・ジョビンの世界~』、『ヤマンドゥ・コスタ ~新世代ブラジル・ギターの芸術~』に続き、『ギンガ ~ブラジル音楽の原風景 そして未来~』が放送されます。

ちなみに、ブラジル音楽作品が、日本人プロデューサーの手によってつくられるケースはたびたびあり、それらの作品が後に本国で歴史的名盤として支持されることもあります。今回も、これまでにない組み合わせのメンバーで来日するため、日本での録音をCDでリリースしようとクラウドファンディングが実施されています。

しかも、クラウドファンディングのプロジェクトページからチケットを買うほうが断然お得。

全席指定の前売りチケット8,500円に、ほんのちょっと金額を上乗せするだけで、レセプションパーティへの招待や、彼のインタビューが掲載された月刊ラティーナのバックナンバー、スタジオ音源、今回のライブ音源などがもらえます。

生で聴きたい人はもちろん、ファンなら絶対にチェックしておくべきでしょう。

ココで買えます!

Top image: © Manfred Pollert
Licensed material used with permission by Guinga_MonicaSalmaso_JT2019
andmore
他の記事を見る
サイゲンジが、4月来日予定のギンガとモニカ・サウマーゾの来日について解説!
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
事前情報無しで聞いても刺激的。でも、その内側の魅力まで見えてくる!
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
いま世界のいたるところで深刻な「水不足」が問題になっています。米・カリフォルニア州では大規模な干ばつが続き、地下水や貯水池の水が干上がり、危機的な状況に。...
5月、ブラジル音楽界の巨匠、エルメート・パスコアールが来日する! それって誰? というあなたには、これを機会に彼のことを知ってもらえたら嬉しい。もし気に入...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、...
「このピッツァのために、石神井に住める」。そう本気で思った。「ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ」は、東京都・練馬区にある名店だ。EUの条約で決まっ...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
東京・練馬区にある「豊島園」に向かって歩いていると、おいしそうな昔ながらのかき氷屋さんを見つけた。店内に入ると「カレーとかき氷のセット」が目に入った。辛み...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
複雑怪奇「ピタゴラスな楽器」を自作した音楽家を紹介!
百聞は一見にしかず。彼の演奏を動画で見てみて。人間離れした演奏にびっくりするはず。ドキュメンタリー番組の放送も近づいているので、今のうちにおさらいしておい...
Mosaic Tile Houseは、2人のアーティストがコツコツと装飾をした家。位置はちょうどサンタモニカとベニスビーチの中間くらい。入場料は$15で、...