「この星で最も重要な音楽家のひとり」を見逃してはいけない

GW直後の予定を今スグに確認すべし!超大物、エルメート・パスコアールが来日するのだ。誰かって?

あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたなんて言われている、ブラジル音楽界の巨匠だ。

1960年代から精力的に活動を続けており、71年のマイルス作品『ライヴ・イヴル』にも参加。彼の自宅に招かれボクシングをしたこともあるとは本人談で、ジャズの帝王の顔面にパンチをくらわせたという思い出話がYouTubeで聞ける。

 

さて、本題。なぜ彼を見逃してはいけないのか。

 

楽聖と呼ばれる彼にとって、この世に存在するすべてのものは楽器だ。今彼が演奏しているのはトランペットだろうか? と思ってよく見ると、ヤカンを吹いている。オカリナだろうか? と思ってよく見ると、自分のヒゲをつま弾いている。

といっても、決して奇抜なパフォーマンスが見どころではない。視覚的な刺激に翻弄され油断していると、美しいピアノの音色にノックアウトされるに違いない。

重要なのは、彼がそこにいれば、鳥のさえずりも、豚の鳴き声も、浅草でバナナを売っているおじさんの声さえも、特別な旋律に様変わりするということ。新しい体験や発見を求めるすべての人に会って欲しいミュージシャン。

エルメートがそこにいるという事実が、音楽がそこにある証拠になるのだ。

奇才 楽聖 無形文化財 etc……
ムージカ・ウニヴェルサルの提唱者

様々な異名を持つ彼だが、一つだけ確実に言えることがある。そこにいる観客を見回すと、大人も子供も、いつの間にか無邪気に笑っている。一緒に演奏しているミュージシャンも笑っている。

彼が提唱する、ムージカ・ウニヴェルサル(ユニヴァーサルミュージック)というコンセプトが、最も適切な説明になるだろうか。演奏に参加していなくても、世界中にいる誰もが彼のグループの一員なのである。誰もがその音楽の一部になる。

体験者が口々に語るのは、自由で、楽しくて、驚きのある、フレッシュな感動への陶酔と没入だ。

無理に言葉を尽くして説明しようとすれば、どうしても小難しくならざるを得ない。だって、彼はただでさえ複雑なリズムのあるブラジルで生まれ、14歳から第一線で活躍し、ブラジリアン・ジャズ・フュージョンという一つのスタイルを確立したミュージシャンなのだから。

「思わず笑う超絶技巧」に巻き込まれる

80歳を超えてなお、現役で海外ツアーをやってのけるタフさで、2017年には2枚もオリジナルアルバムをリリースしている彼。そのエネルギーとDNAを考えれば、ライブは踊れないわけがない。そもそも、マイルス・デイヴィス御大に指名されているような音楽家を、理屈でわかろうというのが無謀です!

感動を通り越し、つい笑ってしまった経験はあるだろうか? あまりの衝撃に脳が考えることを放棄し、語彙力が失われ、ヤバイ、スゴイ、くらいしか言えなくなる極限状態。つまり、それくらいしびれる体験ができると期待できる。

したがって、百聞は一見にしかず、考えるよりも感じるべし。誰もが心の底から楽しめる超絶技巧は、目の前でなかなか味わえるものじゃないし、その場に行けば、自分自身が音楽の一部になる感覚を得られるはずだ。そのチャンスが、今ならある。

 

というわけで、もう一度リマインド。
GW後の予定を今スグに確認すべし!

 

エルメート・パスコアールの日本公演は、熊本・大阪・東京と全3箇所で行われる。

どの公演も12歳以下が無料になるので、家族で行くのもオススメ。5月12日(土)・13日(日)に開催される東京・渋谷WWW Xの公演は、先着60名限定で、自由席に座って参加することもできる。

 

詳細はコチラから。

 

最後に。このイベントを主催している「FRUE」というクルーは、音楽好きの間で語り継がれているORGANIC GROOVEというイベントを運営していた人々が参加している。これも、この機会を見逃すべきではない重要な理由のひとつなのだが、長くなるのでその話はまた別の機会に。

Licensed material used with permission by FRUE