8つの「不安障害」のサインを見逃してはいけない

誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうことも。

でも、もし何ヶ月も不安な状態が続いていたり、何度も症状が繰り返されるようなら「全般性不安障害(GAD)」を疑ってみたほうが良いかもしれません。

Little Things」のLaura Caseleyさんによる、GADの可能性がある8つのサインを見てみましょう。

01.
とにかく、ずっと不安が続く

何も問題が起きていないのに、ずっと不安を感じることはありますか?そのせいで何も楽しめない時がありますか?

何か大きな転機や変化などがあって不安なのは、当然のこと。でも、小さなことでもずっと不安に感じてしまうのであれば、GADの症状を疑ってみたほうが良いかもしれません。

02.
強い恐怖を感じてしまう

夜道で角を曲がる前に毎回恐怖を感じる、電話が鳴るたびにビクっと怖くなってしまう、なんてことはありませんか?

人生がとても不安定なバランスの上に成り立っていて、ほんのちょっとした出来事でもすべてが崩れてしまう…そんな風に考えてしまうなら注意が必要です。

03.
睡眠トラブルが多い

ひと晩中眠れない、眠ってもイヤな夢を見て、目が覚めてしまう。朝起きたときに疲れが取れずに緊張したまま。

こんな睡眠トラブルも、不安障害のサインです。

04.
腹痛に襲われ
つねにトイレが近い

お腹が張っている感じがして、痛みがある。お腹には何も入ってないはずなのにトイレに行きたい…。そんな腹痛が続くのも不安のサイン。

05.
体が緊張していて
痛みがある

不安を抱えているということは、リラックスできていないということ。とくに筋肉が緊張している状態になります。痛みを感じる場合、ストレスや不安で体が固まってしまっているのかもしれません。

06.
強迫行動が現れる

不安は、ときに行動になって現れます。その一種でもある「強迫行動」は、ある特定のことをせずにはいられなくなり、同じ動作を繰り返してしまうこと。

場合によっては、自傷行為につながることもありえます。自分に現れる兆候を、もっと注意してみましょう。

07.
汗が止まらなくなったり
震えたりする

大勢の前で発表などをしなければならないとき、冷たい汗をかいて、指先が震えているのを感じたことがありませんか?

こういった症状が日常的に続いていたら、不安への「反応」なのかもしれません。

08.
動悸が激しい

物事が順調にいっているはずなのに、なぜだか動悸がする。そんなときもGADの疑いがあります。とくに大きな出来事ではない、ほんの小さなことでも心臓がバクバクいってしまうときは、早めに医師に相談してみましょう。

Licensed material used with permission by Little Things
他の記事を見る
不安を感じやすいって悩んでいる人がいるのなら、「Asap Science」の動画を見て欲しい。見たからって決して解消されるワケじゃないのだけど、なぜ不安に...
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
イラストレーターとして活躍するArt Yeuh! Studioは、「空白不安症候群」を患っています。初めて聞く名前の人も多いと思うのですが、これは精神障害...
皆、不安になることはある。でもそれは当たり前のことだと言い切りのは「The School of Life」。なぜなら、今の世の中は複雑で、様々なことに向き...
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
カレとの初デートを控えて心配が山盛り…。そんな不安の解消法を提案するのが「Elite Daily」のRachel Shattoさん。彼女が提案する初デート...
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
時々セレブが患っているとしてその名があがる、強迫性障害(OCD)。あなたはどれほど説明ができるだろうか?身近でこの疾患にかかっている人がいなければ、詳しい...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
乳首をモチーフにしたブローチなどを販売している「Pretty Ugly」。以前、Free the Nippleというムーブメントが盛んだった頃に注目されま...
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
70年代、80年代の日本では右肩上がりの経済成長が約束されていた。その時代には、企業の中で与えられたものをこなしていけば、それなりにやっていける社会が成り...
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
仕事や恋愛、将来のことを考え出すと、不安が不安を呼んで「眠れない夜」を過ごすこともあるでしょうか。ここでは「Elite Daily」のライターNikki ...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
彼氏がなかなかできずに不安を抱いている女性も少なくないでしょう。今回は彼氏ができない不安をもつ女性たちに向けて、不安を解消する方法を提案していきます。どれ...
Agoraphobic Traveller(広場恐怖症を抱える旅人)と自称するJacqui Kennyは、驚くことにたくさんの旅行写真を自身のInstag...
不安障害、パニック発作、うつ。昔に比べると「心の病」についての理解が進んできたとはいえ、まだまだ見ためには分からない病気を抱えた人たちは、生活に苦労が絶え...
果たして、いまやっていることが自分に向いているのだろうか...。心を不安にさせる要素は、掘り出せばいくらでも出てくるもの。でもその一つひとつに囚われすぎて...
ストレスが溜まっているかどうかを見分ける一番カンタンな方法は、起きた直後に覚えている夢を解釈してみること、とは「Elite Daily」の人気ライター、J...
Kara DeMaioは、不安や緊張など、あらゆるストレスに打ち勝つための対処法を学んできた女性。ここでは、自身の経験から6つの方法を紹介しています。シン...
日本人は自分たちの現状や未来に対して、不安を抱いている。しかし、日・英・米・独の大学に赴任して、それらの国々の政治、経済、文化を肌で感じた上で日本を定点観...