「不安」と向き合っている最中です。

 

トップの写真の女の子みたいにちぢこまりたいときって、ある。それは、何か不安を抱えている場合が多いような気がする。

不安だからちぢこまるって子どもじみてると思われるのかもしれないけれど、それができるのはすてきなことじゃないかなとわたしは思っていて。

だって、不安と真っ正面から向き合っているということでしょう。まるで存在しないかのように、見て見ぬふりをすることだってできるのに、ちゃんと対峙しているわけでしょう。

「後ろは振り返っちゃいけない」とかよく言うし、不安な気持ちをごまかす術もどんどん習得していくわけだけれど。心のなかにうまれた不安な気持ちを、ちゃんと認識してあげて、それを取り除くために悶々とする過程は、自分にとっての絶対的な財産になるよなあと思うんです。

しかも、ちぢこまったあとって、ぜったい「ふわぁ〜!」とか言いながら、立ち上がるでしょう。きっと、ちぢこまる前よりも「よし、がんばるかあ」って前向きになれているはずで。

 

そんなことを、Yatenderの写真作品をみて考えたのでした。

 

 

レッツ、ちぢこまり!

 

Licensed material used with permission by Yatender
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
「4尻フェチ」な私が、このヌード写真集を見つけたとき、思わず震えてしまったのです。だって、ムニュっとカタチが変わって、それでも“プリっと感”は保っている。...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
できるだけ記憶が鮮明なうちに。
撮り続けていく中で、自分が表現したいことがわかってきた。
 写真という媒体を通して「性」と「自分のからだ」について探求し続けてるの。 というフォトグラファーRita Lino。過去に記事で紹介した『In Betw...
世界中の人々(特に男性)から多くの共感を集めるインスタアカウント「miserable_men」。妻や恋人のためにショッピングに付き合う男性たちが待ちぼうけ...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
“親しさ“と“からだ”と“わたしだけの空間”と“女性らしさ”。
皆、不安になることはある。でもそれは当たり前のことだと言い切りのは「The School of Life」。なぜなら、今の世の中は複雑で、様々なことに向き...
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
 こころが不安定なときに取ってた行動って、振り返ってみればゾワゾワ寒気がしてしまうこと、多くないですか?わたしはそうで。だから、基本的には振り返りたくない...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
不安を感じやすいって悩んでいる人がいるのなら、「Asap Science」の動画を見て欲しい。見たからって決して解消されるワケじゃないのだけど、なぜ不安に...
カレとの初デートを控えて心配が山盛り…。そんな不安の解消法を提案するのが「Elite Daily」のRachel Shattoさん。彼女が提案する初デート...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を...