エッチの最中にありがちな「12の気まずい瞬間」

夜が深まり、部屋に男女ふたりっきりになったら「セックス」の四文字が頭をかすめる。さもありなんなシチュエーションです。でも、いざ親密になり始めると予想外の展開が待ち受けていたり…。

女性ライターのGigi Engleさんが「Elite Daily」に「あとあと笑えるけど、エッチの最中は超気まずい12の瞬間」をまとめています。セックスは基本的に楽しいもの。だけど、ときには酷なものです。

01.
うまく脱がせない

激しいキスを重ねて、「よし服を脱がせよう!」と盛り上がってきたそのとき。ふたりの体が絡まり合ってうまくできない…なんて経験あるでしょ?

それはベルトを外そうとするときも同じ。キスしながらだと、どっちにも集中できなくて、結局どちらともうまくできなかったり。なんだかお互いにぎこちなくなるのよね。

02.
アゴが限界…

彼を楽しませるためにも大事な前戯だとは思うんだけど、女性からすればちょっと大変。さすがに長い時間すると、アゴが疲れちゃう。

内心では「早く次に進みたい…」と思ってたり。

03.
心に体がついてこない

気持ちは興奮しているのに、なぜか体がうまく反応しない…。これほどイライラすることはないわ。

04.
急に“気分”じゃなくなる

最初はすごくイイ感じだったのに、波長が合わなくなると、だんだん萎えてきちゃう。

でも、ここまで来て「やっぱりソファで映画観ない?」なんて死んでも言えない。だってそんなの失礼でしょ?結局はなんとなく続けて、なんとなく終わらせることに…。

05.
なんだか上の空

どれだけ相性が良くてもイケない日だってあるの。その日が「今日だ」ってわかると、徐々にやる気がなくなってきて、Twitterのフォロワー数なんかをぼんやり考え始めたり…。

ふと我に返ったとき、「あれ、まだ続いていたの?」と気づくなんてことも。

06.
恥ずかしい音が
出ちゃったり

「それって何の音?」なんてピンとこない人は、いるかしら?

すごく恥ずかしいんだけど、たまにあそこから空気が出て音が鳴っちゃう、なんていう珍事があるの。

07.
体位を試してみたものの…

後ろからとか逆さまとか、怪しいポルノ雑誌に載っている体位だって、好奇心旺盛な人なら試してみたくなるもの。

でも、いくら他の人ができたからって、あなたとパートナーもできるとは限らないわ。ヘタしたら「痙攣して終了」なんていう、最悪なことだって起こり得るの。

そのときは微妙な空気になるかもしれないけど、笑い話として後から飲み会で話す分には、いいネタにはなるかもしれないわね。

08.
彼女の髪に向かって
勢いよく…

さすがに大好きな人でも、自分の髪に発射されたら雰囲気ぶち壊し。

女性は、髪をセットするのに時間と命をかけているの。しかも、恋人とのセックスを想定していたなら、いつも以上に気合いが入っていたはず。なのにベトベトにされたら、そのショックの大きさは想像がつくでしょう?

09.
コンドームはどこいった?

いつの間にかコンドームが外れて紛失、なんていう経験はない?

床に落ちたのか、どこかに消えてしまったのか…。そうなったら、いっそ存在ごと忘れてしまうのがベストよ。

10.
男性も思い通りにいかない

とんでもなくセクシーで美しい女性が目の前にいるっていうのに、あそこが協力してくれない…。女性と同じで、男性もこういう現象に悩まされるときがあるみたいなの。

だけど女性は、相手が自分に満足してないんじゃないかって勘違いするし、男性は自分の情けなさにガッカリするばかり。でも、これは仕方がないことなの。

ギクシャクした空気に押し潰されそうになったら、とりあえず冷凍庫のアイスを食べてクールダウン。そのまま映画鑑賞の続きでも楽しめば、いつの間にかいい感じになるはずよ。

11.
体位の変更に失敗

次の体位に移るとき、抜かずにそのまま…なんてカッコつけるの、すぐにやめたほうがいいわ。

スムーズに体位を変えられたら、彼女は感心するかもしれない。でもここは、一度抜いてから体位を変えたほうが無難よ。

12.
違うところに…

彼のアレが違う穴に…。これって女性からすれば、興奮度0をさらに下回る大事件よ。たまたま起きた事故かもしれないけど、気持ちが盛り下がるのは確か。だって、すごく痛いんだもん。

でも、他の気まずい瞬間に比べたら、これが一番笑えるかも。

Licensed material used with permission by Elite Daily
吸い込まれるように、いつの間にか唇と唇が重なり合うふたり。ああ、あなたはキスしているとき、何を感じる?カップルたちのキスする直前とキスした瞬間を集めた、“...
ドキドキしちゃうくらい甘いキス、ほっぺを手で包まれながらの優しいキス、高校生みたいな下手っぴなキス、映画みたいなドラマチックなキス。相手はどんなタイプ?
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
好きな異性とのセックスは幸せなことです。そんなセックスをより充実させるために気をつけていることはありますか? 男女の価値観の違いもあることでしょう。ここで...
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
本記事では、キスの仕方を「フレンチ」「ディープ」「ユニーク」の3種類に分けてまとめています。また、キスの仕方によっては、相手の気分が下がるキス、逆に気分が...
恋人よりも、友達とのセックスが好きだった。なにもかもを理解してくれる人、言葉にしなくてもわかってくれる人。僕らは最高のパートナーだと思ってた。恋愛なんかじ...
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
回数を重ねていくことで相手を知る面白さもありますが、もっとセックスを楽しむために、重要なのは、お互いのコミュニケーション。相手の好みの体位やプレイを早い段...
暑くても、ウイルスや感染症の予防にマスクが欠かせない今、さわやかな着け心地と蒸れや不快感を感じない冷感マスクが登場。洗濯も可能で何度も使用できる。
セックスのよくある悩み「恐怖」「痛み」「セックスレス」に悩んでいる全ての女性に伝えたい対処法をまとめました。
彼氏とのセックスレスに悩む女性はたくさんいます。きっかけは人それぞれですが、置かれた状況は同じと言えるでしょう。セックスの回数が多いのも悩みのタネになりま...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
キスの仕方は、一見みな同じようでいて実際は人それぞれだと、ライターChristin Schoenwald氏は指摘します。ここまでは誰もが頷けるはず。ところ...
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
パートナーとの関係を深めるのが怖いという思いは、往々にして辛い過去に結びついているケースが多いという。「本気で人を好きになって傷つくのが怖い」そうして逃げ...
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。