ANAのVIP担当者が実践!気まずいお願いをすんなり受け入れてもらう「魔法の伝え方」

タイミング悪く相手を引き止めて話し込んでしまう人や、普通に話していても周りにうるさいと思わせてしまう人。知らないうちに不快さを感じるようなシチュエーションは、誰しも経験したことがあるはずです。

でもそんな行為に対して、はっきり「迷惑」とは言えないもの…。「気まずいお願い」をして、「気まずい雰囲気」になるのを避けるにはどうしたらいいのでしょうか?

そのヒントは、伝説の元ANA CAマネージャーの加藤アカネさんの著書『言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方』にありました。数々のVIPに対応をしてきた彼女の経験から、うまく相手を誘導する話し方のコツを学びましょう。

01.
相手を不快にせず
「長い話を終わらせる」コツ

NGワード:「そういえば〜」

相手はていねいに説明しているつもりでも、聞いている側からすれば「この話、長いな」と感じることはよくあります。

では、なぜ長くなるのか?話好きのほとんどの人は、話の最後にオチがあり、そのオチを言いたいからこそ、ストーリーを長々と話してしまう傾向にあります。けれどもここで、聞き手が途中で話をさえぎってしまうとオチが言えず、不快な気持ちにさせてしまうのです。

つまり「オチ」にたどり着くことさえできれば、気持ちよく話を終えることができるとも言えます。そんなとき効果的なのは「オチに近づける質問」をして、話を早送りすることです。

例えばゴルフの話題であれば「ついに最高スコアが出ましたか?」、美味しいレストランの話題であれば「味だけでなくサービスも素晴らしかったですか?」など。

ただし、気をつけなくてはいけないのは、「早送りさせる質問」もあれば、「巻き戻させる質問」もあるということ。たとえば「そういえばいつ頃からゴルフを始められたんでしたっけ?」「これまでで一番よかったお店はどこですか?」といった質問。

雑談を盛り上げたいときにはプラスですが、話を切り上げたいときにはマイナスなので要注意。使い分けが大切なのです。

魔法の言葉:「ついに最高スコアが出ましたか?」

02.
意見を言わずとも
会議で希望の答えへと導くコツ

NGワード:「私としては…」

まわりの反対意見をはねのけて独断で決めたことを押し付けてしまい、誰も納得してくれなかった…という経験はありませんか?

チームで何かを決めるときは「どうすることが最善策か?」と問いかけて、みんなの意見を引き出した上で、自分の意見に近づくように絞り込んでいくほうがいいでしょう。

ただでさえ上司は「何でも自分で決めたがる」と部下から思われがちです。部下には、自主的に動いてもらったほうが彼らのモチベーションも上がります。

活発に意見の出る会議であれば、自分の意見に近い発言を受けたら「今、◯◯さんが言ったことは、こういうことですよね」と繰り返すことで強い印象を与えられるので、効果的です。

さらに、「いま抱えている問題を解消する有効な方法だと思いましたが、皆さんはいかがですか?」と周囲を巻き込んでいくと「私だけの意見」ではなく「みんなの意見」になります。

そのため、序盤と中盤は聞き役に徹しましょう。重要なのは望んだ方向の結論に導くことです。

魔法の言葉:「今、◯◯さんが言ったことはこういうことですよね」

03.
言ってることと
やってることが違う「上司」を
指摘せずに反省させたい

NGワード:「自分のことを棚に上げて…」

「わからないことがあったらいつでも聞いて」と言ってくれたので実際に質問すると「今じゃなきゃダメ?」と迷惑な顔をされたり「自分で判断しなさい」と言われたのに「勝手に判断しないで相談して」と言われたり…。

上司の矛盾に気持ちが冷めてしまうことってありますよね。しかしほとんどの場合、上司にはその自覚がないのです。

そんなとき「人に厳しく自分には甘い」「自分のことは棚に上げて」などと、陰口を言うのではなく、気づかせてあげるのが賢明です。

「“いつでも”とおっしゃっていたお言葉に甘えてしまいました。出直します」「アドバイス通りにやったつもりでしたが、間違って理解していたかもしれません」

と、上司を頼りにしているという前向きな感情をのせて、「言い方が悪かった。ごめんね」と逃げられる隙を残してあげれば、感情のしこりが残らないでしょう。

魔法の言葉:「甘えていました」「間違って理解していました」

【関連記事】

『ANAのVIP担当者に代々伝わる 言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方』著:加藤アカネ

「言いにくいこと」を言わなくても、願うとおりに相手が動いてくれたら…。そんな悩みを「伝説の元ANA CAマネージャー」の加藤アカネさんがみるみる解決。相手を不快な気分にすることなく動かす、魔法の話し方がまとまった1冊。

社会に出ると、2つの違う意見が出て、その板バサミになることはよくあります。どちらかに味方をするともう一方を不快にさせてしまったり…。もちろん両者に納得して...
ダブルブッキングや会議で意見が割れたときなど、どちらかを優先しなければならないケースは多々あります。そんなとき、慎重に対応するべきなのは「優先しなかったほ...
感謝は心の中にしまうより、伝えた方が伝える側も伝えられる側も気持ちいもの。でも忙しいと頻繁にできるわけではない。そんな時「ありがとう」を言う以外にもさりげ...
好きな人に伝えるときこそ、この言葉はきっと、ふさわしくないから。
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。彼は、リーダーのコミュニケーショ...
ANA(全日本空輸)在籍時代、天皇皇后両陛下、英国元首相マーガレット・サッチャー氏をはじめとするVIP特別機を担当し、トップCAとも言われていた里岡美津奈...
あなたは今日、何回「ありがとう」を口にしましたか?このひとことを伝えるだけで、相手との関係はとても和やかなものになります。もちろん、相手を笑顔にすることだ...
相手から何か気に障ることを言われてイラッとした時、つい態度に出てしまっている人は要注意。出したところで、結局雰囲気は良くなるわけじゃない。であれば、落ち着...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
ディズニーの人材トレーナーとして、10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、どんな現場であってもコツさえ掴...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
私はかつて25年もの間、全日空でCAの仕事に就いていました。国内線、国際線のチーフパーサーとして働き、そのうちの15年間は、天皇皇后両陛下、英国元首相マー...
ある程度のキャリアを積めば、誰しも「リーダー」という立場に立たされるもの。とはいえ、自分にはリーダーシップなんかないし、向いていないと感じる方も多いと思い...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
「何」を言うかではなく、「どう」言うかだ。「Inc.」のMarcel Schwantes氏が書いた記事によれば、職場で物事を「どう」言うかで信頼度が決まる...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
なかなかわからないあの人の気持ち…。職場の人間関係でも、クレームをつけるお客様に対しても、相手の気持ちを察することは重要です。そんな相手の気持ちがわかるよ...
ビジネスカテゴリーの真面目な記事なのですが……。え〜と、日本人が使うとちょっぴりキザなセリフが多いです。
厳しい上司、考えの読めない後輩…。現代社会はストレスで溢れており、避けることはできません。とすれば、どのように付き合っていくのかが大事です。じつは、私がト...
信頼される人とされない人、その違いはどこにあるのでしょうか。これはビジネスはもちろん、プライベートでも人間関係を築いていく上で、非常に重要なことです。拙著...
25年間ANA(全日空)にCA(客室乗務員)として勤め、天皇皇后両陛下や、各国首相・国賓の特別機に乗務したトップCAである里岡美津奈さん。全ての乗客に満足...
あなたは、部下とうまくコミュニケーションできている自信がありますか?知らぬ間に相手を怒らせたり、イヤな気持ちにさせていませんか?会話の専門家である櫻井弘さ...