売春だってビジネス。一回、17万円で「淫らな幸せ」をあげる。

「性」を売る女性たち。

自分のカラダを男たちに売り続ける。好きでもない相手とのセックス。なんだか、苦痛なことのように思えてしまう。でも、娼婦たちの“生の声”をまとめた『The Act』の著者であるJulia Fullerton-Battenが出会ったある一人の女性の話を読んで、私の考えは少し変わった。

エスコートガールとして働く彼女は、自分の仕事を心の底から「誇らしい」と思い、とても堂々としているのだから。

子どもがいても美しく。
受付嬢から「高級売春婦」に。

6473857691025408

あるところに、エスコートエージェンシーの受付で働きながら、子育てをしていた美しい女性がいました。とても優しい性格で温厚な彼女。実は隠された魅惑的な一面があります。

彼女が受付をしているときに、時折見せるウィンク。これが男たちの心をつかみ、“淫らな案内人”として名を轟かせたのです。こうして、ポルノ女優であり高級売春婦でもあるLola Marie(ローラ・マリー)が誕生したのでした。

私は高嶺の花。
男たちに夢を見せる存在だから。

なめらかなサテンガウンを羽織り、優しく微笑むLola。自称ニンフォマニア(色情症)であると断言しています。赤の他人と“夢物語”を実現したいと、彼女は大真面目に語るのです。

私は、セックスが好き。セックスのすべてが好きなの。でも、男たちにとっては、なかなか手に入らない「高嶺の花」でもあるわ。

私のお客は、
セックスに不満をもつ男。

客が彼女のもとを訪れるインコールでは、毎回1,200ポンド(17万8千円程)が、Lolaに支払われます。彼女が客のもとを訪れるアウトコールの場合は、1,500ポンド(22万3千円程)。

でも、お金で満たすことのできる「欲求」というのは、性的な体験とは限らないのだそうです。

多くの男性は、結婚に不満のある人ばかり。たまりにたまったセックスへのストレス。だから私は、夜の夫婦生活では手に入らない「官能」をあげることにしているの。

 

マッサージをして、話をきいてね。それだけでも、セックスよりも心を満たすのに効果的なこともあるのよ。クライアントが何をして欲しいのかを、しっかりと理解してお金をもらっている。そうはいっても、素敵な“アレ”の持ち主は大歓迎よ!

私が与えるのは、
幸福な“恋人の時間”。

“性産業”のなかにも悲しみがあって、「自分を買うお客さんも多くの悲しみを抱えていることが多い。キスやフェラがすべてではない」とLolaは言います。

自分の人生を虚しいと感じている人もいる。その原因は、奥さんに性的な対象として見てもらえないことだったり、ただ誰かに触って欲しいという望みだったり。そんな人もいるの。

 

「僕は、君と一緒にランチをしたいだけ」っていう、寂しい人にはとても同情しちゃうことも。もちろん私だって、相手との時間を楽しんでいるし、共感だってする。私の仕事である“恋人体験”。限られた時間の中でその役を演じるようにいつもしているの。イチャイチャして、一緒に笑って。

 

誤解されることがあるけれど、私にも気品や誇りがある。それに、決して尻軽女ではない。車の窓をノックするような売春婦とは違うの。

 

売春だってビジネス。
私は決して「感情移入」しない。

私のお客さんは年齢も職業もばらばら。大学生もいれば70代の紳士も。どんなに友好的で優しくても、クライアントに感情移入はしてはいけない。深く関わることは、この世界ではご法度だから。

 

ベッドの上でセックスはするけれど、お客はお客。これは仕事なの。もし、一線を越えてしまったら、すべてが複雑になってしまう。私の仕事は、こういう「サービス」を提供すること。まぁ、歯医者と同じよ。それ以上はないって断言するわ。

Lolaは、エスコートガールと呼ぶよりも“偽りの愛人”と言った方がしっくりくるかもしれません。親身になって相談にのってくれて、自分では知り得なかった新たな「価値」を教えてくれる親密な友人。ただし、お金の関係が続いている限りの話ですが……。


 

Julia Fullerton-Batten

あの衝撃は忘れられない——。

ポルノ女優・ポールダンサー・SM嬢など、“夜の世界”で生きる女性たちのリアルな姿と言葉をまとめた『The Act』。フォトグラファーであり、The Actの著者でもあるJuliaに、なぜ彼女たちの世界に興味をもったのかを聞いてみたところ、こう答えてくれた。

 

「娼婦として生きる女性。仕事をしている時の姿と真実の姿。『生きる』ために、己のカラダをつかうことを決意した彼女たちに、私は強烈に惹かれてしまった。」

Licensed material used with permission by Julia Fullerton-Batten, (Book)

夜の世界で生きる女性の一人。衝撃のピンポンガールはコチラ。

ていうか、そもそも「エロい」ってなんだっけ!?
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
10月11日に東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が丸ノ内線の新型車両「2000系」をお披露目しました。
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
世界には年収1000万以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。起業した時、手持ちの資金は...
「4尻フェチ」な私が、このヌード写真集を見つけたとき、思わず震えてしまったのです。だって、ムニュっとカタチが変わって、それでも“プリっと感”は保っている。...
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
今や誰でもいつでもどこからでも、世界と繋がれる時代。ほぼ全員がその場で写真を撮って世界中にシェアすることができるし、かつ当たり前に行われるご時世。そんな中...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
性風俗で知られるタイは、仏教国という側面も持ち併せている。そんな一面を垣間見せてくれるのが、1960〜70年代に行われたヌード検閲。女性の乳首は見事なほど...
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
フォロワー70万人を超えるインスタアカウント「Petites Luxures」。フレンチエロスをポップなイラストで表現している。性の解放、快楽を大いに楽し...
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
一本$80(約8,000円)〜$30,000(約300万円)のテキーラがあります。今ではセレブのパーティや映画の封切りパーティなどで振舞われており、富裕層...
ヒューストンに拠点を置くスタートアップOrion Spanは、2022年に宇宙ホテル「Aurora Station」を開業予定です。