一本「46万4400円」の超プレミアムな「森伊蔵」が登場

一般に販売される数が極端に少ないことから「幻のお酒」とされる「プレミアム焼酎」のなかでも、焼酎フリークの間でとくに人気の高い銘酒「森伊蔵」。そんな貴重な「森伊蔵」から、この秋、争奪戦必至の「ウルトラプレミアム」な一本がリリースです。

限定135本! あの「森伊蔵」から
超熟成の一本、販売迫る!

© 2018 Moriizou-syuzou

とどまるところを知らないプレミアム焼酎ブームを牽引する有名ブランド「森伊蔵」。居酒屋やバーなどでも「お一人様、一杯まで」とオーダーに制限がかけられていることなどから、それがいかに貴重なものかは、お酒に詳しくない人でもわかるはず。

「森伊蔵」がこれほどまでにプレミアムな理由……それは、酒蔵が誕生した140年前と同じ道具を使い、同じ製法を頑なに守り続けているから。

© 2018 Moriizou-syuzou

「森伊蔵酒造」の五代目・森覚志社長はこう言います。

「初代が使っていた肥前甕(ひぜんがめ)50本と木造蔵で作るのが『森伊蔵』。どんなに売れるといっても、新工場なんかを作るつもりはありません」──。

そんなこわだり抜いて作られる「森伊蔵」から、限定135本(シリアルナンバー付き)で販売されることが決定したのは……。

© 2018 Moriizou-syuzou

「私が小さいころ、芋焼酎は地元・鹿児島だけで飲まれているお酒でした。ですから、その時代は、香りが強くて“旬”を感じられる新酒のほうがうまいとされていた。

ですが、芋焼酎は個性が強いから、飲んだことのない人には敬遠される。ただ、芋焼酎は蒸留酒ですので、いい環境のもとで長期熟成させることで、さらに香り豊かに味わい深くなるといわれています。

そのため、通常の『森伊蔵』でも7カ月以上熟成させたものを瓶詰めしていますが、『森伊蔵』が初蔵出ししてから30周年であることを記念して、18年ものの原酒を販売することにしました」(森社長)

そんな18年ものの「森伊蔵」のお値段は、46万4400円

© 2018 Moriizou-syuzou

そもそも、ブランデーなどの蒸留酒は熟成させるほどに香りは豊かに、そして口当たりはまろやかになるとされています。

「森伊蔵」はこれまで3年熟成10年熟成を販売。熟成に最適な環境を保ちながら長い期間を保管するのは非常に難しく、その結果として市場に出回る数が少ないことから「プレミアム」とされてきましたが、今回限定で販売される「森伊蔵」の熟成期間は前代未聞の「18年」

しかも、一切水を加えずに瓶詰めした原酒というのだから「ウルトラプレミアム」であることも納得。

「今回の18年熟成の原酒は非常にまろやかで旨味が強く、“これが焼酎か”と驚くような味わいでした。

『森伊蔵』ではロックや生(ストレート)で飲んで欲しいとの想いから、今まではアルコール度数を25度に抑えていましたが、これならば原酒で販売できると思いました。口では表現できないほど旨い酒に仕上がっていますよ」(森社長)

「超プレミアム焼酎」の
熾烈な争奪戦の行方は?!

© 2018 Moriizou-syuzou

じつはここ数年、日本のお酒が世界中から注目を集めています。

有名な例を挙げるなら、2011年に150本限定で販売されたサントリーのウイスキー「山崎50年」が、今年1月に香港で開催された世界的なオークション「サザビーズ」で約3250万円で落札されるなど、その人気もプライスも高騰中。

世界的に広く普及しているウィスキーと、市場がやや限定的な焼酎という違いはあれど、18年物の「森伊蔵」を巡る争奪戦は必至といえるでしょう。

......さぁ、この約50万円という「プレミアムを超えたプレミアム」な一本、今後、どんな展開をみせてくれるのか注目です。

【販売方法】

「日本橋高島屋」で、48本を抽選販売。2018年9月25日から10月2日までの間、「日本橋高島屋」本館1階特設会場にて、応募用紙と応募箱を設置し、当選した方のみ、「日本橋高島屋」本館地下1階の和洋酒売り場にて購入が可能。

Top image: © 2018 Moriizou-syuzou
一本$80(約8,000円)〜$30,000(約300万円)のテキーラがあります。今ではセレブのパーティや映画の封切りパーティなどで振舞われており、富裕層...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
渋谷・道玄坂沿いにある「森の図書室」は、深夜までお酒やコーヒーを味わいながら本を読める、くつろぎの場として人気。2016年3月18日には、その2号店がオー...
鹿児島県の加工品のお土産を9選ご紹介。いずれも「ご飯に合いそうな加工食品」ばかりです。薩摩黒豚を使ったハンバーグや味噌漬けなど鹿児島らしいものから、たけの...
味は普通だけど、あるモノが入ることで約14万円で売られているジンがあります。だけど、バイク好きだけにはウケるんだとか。中でも、ハーレーをこよなく愛する人に...
鹿児島県の離島が美しい4K動画。「超絶景動画」と評判を呼んだ作品。リズミカルな音楽とともに、コバルトブルーの海や、原生林が広がる山など、離島ならではの風景...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティッ...
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
シンクロと大分県のバラエティ豊かな温泉を掛け合わせたユニークで斬新な「シンフロ」動画で世界を沸かせた大分県が、今回またも本気で挑んだ動画は、温泉で繰り広げ...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。このタイミング...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
鹿児島県のPR動画といえば、以前にTABI LABOでも取り上げたように、その圧倒的なクオリティの高さで有名だ。昨年公開された「KAGOSHIMA Ene...