日本初上陸!南オーストラリア「カンガルー島」生まれのプレミアムジン

南オーストラリアの小さな島「カンガルー島」で生まれたスピリッツブランド「KIS GIN(キスジン)」が先月より日本国内での販売を開始している。

島の約1/3が自然保護区という豊かな自然と雄大な大地からインスピレーションを受けた夫妻が創業した同ブランド。オーストラリアで初のプレミアムジンのみを生産する蒸溜所としても知られている。

©KIS GIN

蒸溜所のハーブ庭園や島周辺の雄大な自然のなかで野生のまま自生しているボタニカルをはじめ、南オーストラリアの原材料をできる限り使用。

また、ワインの一大産地とされるアデレードの南西に位置するカンガルー島生まれらしく、KIS GINはブドウスピリッツがベース。近年、飲みやすさが世界的にも人気なブドウベースのクラフトジン。ブドウの芳香性豊かな風味は、エレガントにボタニカルをまとめあげる。

現在展開されている商品はカンガルー島でしか採れないワイルドローズマリーを使用した「O GIN(オージン)」とミントの爽やかな香りを放つスパイシーなフレーバーが特徴の「WILD GIN(ワイルドジン)」の2種。グラスのなかに漂う、野生のパワーに溢れた香りと豊かな風味をご堪能あれ。

©KIS GIN

『Kangaroo Island Spirits “O GIN” 』
【アルコール度数】43.5%
【容量】700mℓ
【原材料】グレープスピリッツ、ジュニパーベリー、コリアンダーシード、アンジェリカ、オレアリア・アクシリアリス、オレンジゼスト、ロングペッパー&クべバペッパー
【希望小売価格(本体)】5500円(税抜)

©KIS GIN

『Kangaroo Island Spirits “WILD GIN” 』
【アルコール度数】43%
【容量】700mℓ
【原材料】グレープスピリッツ、コモンジュニパー、コリアンダーシード、アンジェリカ、ネイティブジュニパー
【希望小売価格(本体)】5500円(税抜)

Top image: © KIS GIN
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
日本で購入できる世界のこだわりが詰まったクラフトジン5選。クラフトジンブームの背景と、フィンランド、フランス、オーストラリア、日本から厳選したとっておきの...
「ARCTIC BLUE GIN」は、蒸留酒のナンバーワンを決める「THE SPRIT OF THE YEAR 2018」で頂点に輝いたフィンランド発のク...
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
精神科医・奥田弘美先生曰く、ストレス解消にもおすすめだというクラゲ鑑賞。7月9日にリニューアルオープンする「サンシャイン水族館」の「海月空感(くらげくうか...
クラフトジンの人気が加速するなか、爽やかな秋田杉の香りを楽しめるジンが登場。今週25日に「秋田杉GIN」が全国で発売される。
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。このタイミング...
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...
味は普通だけど、あるモノが入ることで約14万円で売られているジンがあります。だけど、バイク好きだけにはウケるんだとか。中でも、ハーレーをこよなく愛する人に...
創業250年の老舗みりんメーカー「九重味淋」(愛知県碧南市)が、本みりんにほうじ茶を漬け込んだリキュール「Rincha」を開発。アルコール度数は13%。お...
クラフトジンが200種類以上 ナチュラル素材の自家製料理やお酒が楽しめるお店GOOD MEALS SHOP〒150-0011 東京都渋谷区東1丁目25-5...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
7月16日まで、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「QuenchSea」は、海水をきれいな真水に変える携帯浄水...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
フーコック島のホテルの19階にあるバー「INK360」。同島で一番高い場所にあり、もちろん景色は抜群。メニューにはないスペシャルカクテルもあります。
巨大網の中にいるのは、たくさんの人間。これは文字通り、漁師の編んだ網に掛かれるアトラクション。漁業が盛んな小さな島「グロワ島」でうまれた「パカブ」という遊...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
詳しい場所は公開されていないが、その島はバルト海にある。ヘルシンキ空港から約2時間ほど移動したところ……らしい。
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。