サンタの国からやってきたクラフトジン

ホリデーシーズン、やはり盛り上がるのはクリスマス。子どもたちは一年いい子にして、サンタクロースがどんなプレゼントを持ってきてくれるか楽しみにしてますよね。でも、サンタさんの想いは、祖国フィンランドでお酒飲みな大人にもプレゼントを生んでくれたようです。

設立から間もない蒸留所による
世界最高のフィンランド・ジン

ご紹介するのは、2015年に世界的なコンペティションにて「世界最高のジン」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。そのままですが、本物のサンタクロースもいる国、北欧フィンランドで生まれたお酒。ライ麦パンが国民食ともいえるフィンランドは、世界的にも有名なライ麦の産地。このライ麦を使用したジンを造り始め、いきなり世界の注目を集めたのが12年に設立されたキュロ蒸留所です。

5人の若者が立ち上げた蒸留所ですが、設立のアイデアをサウナの中で思いつき、話し合ったというあたりもフィンランドらしい(笑)。
彼らは、これまで世界平均の6倍もライ麦を消費する国なのにフィンランドにはライ・ウイスキーが無いことに異論を唱え、ウイスキー造りを始めることしました。しかし、国の法律でウイスキーは最低でも3年の熟成期間が必要。施設を整え、蒸留をはじめられたのは14年ということで、すぐに商品化ができない。
そこで、熟成期間を3年もとらなくてよいジンを造って売り出したところ、高い評価を受けることに。そんな幸運の巡りも、サンタさんのプレゼントかも!?

©2018 TABI LABO

さて、評価も高く世界的なフィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったこのお酒。原材料はフィンランド産ライ麦100%で造られ、風味付けとして、シモツケソウ、白樺の葉、シーバックソーン、グランベリーなど16種類のボタニカルを使い、ロンドン・ドライ・ジンとは違った味わい。爽やかで自然味あふれる個性豊かな香りは、余計なものをつかわずストレートで飲んでもいいくらい。ボトルの統一感を揃えた洒落た佇まいが、フレッシュな魅力をよりアピール。

ビールや、ワイン、チューハイ、ハイボールといった有り体の飲み物だけでなく、こんな香り高くお洒落なスピリッツがあると、アナタが開くパーティもぐっとスマートに演出されるはず。お酒好きがあつまるクリスマスパーティなら、プレゼント交換にこの「サンタの国のジン」を用意するとかも、粋なんじゃないでしょうか。

キュロ ナプエ フィンランド ジン

■アルコール度数:46%
■産地:フィンランド/イソキュロ
■タイプ:スピリッツ/ジン
■参考価格:3880円

Top image: © 2018 TABI LABO
宴に似合う、ちょい贅沢なお酒を集めました
「ARCTIC BLUE GIN」は、蒸留酒のナンバーワンを決める「THE SPRIT OF THE YEAR 2018」で頂点に輝いたフィンランド発のク...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
ハジける気分で乾杯!だけでなく、いろいろな用途で愉しめるスパークリングワイン「シャンドン パッション」。情熱の国・ブラジル生まれの1本は、実は懐深さもある...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
都市伝説好きは聞いたことあるかもしれない名門「ロスチャイルド」家が生んだ「シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド」。お世話になった会社や家族の繁栄にだ...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
味は普通だけど、あるモノが入ることで約14万円で売られているジンがあります。だけど、バイク好きだけにはウケるんだとか。中でも、ハーレーをこよなく愛する人に...
動画に写っているのは、ジャクソン5の『サンタが街にやってくる』を、まるで踊るかのようにして手話で歌う3人の女性。見ているだけで笑顔にさせられる動画は、Fa...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
クラフトジンが200種類以上 ナチュラル素材の自家製料理やお酒が楽しめるお店GOOD MEALS SHOP〒150-0011 東京都渋谷区東1丁目25-5...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
フィンランドの国営鉄道「VR」が、長距離列車の切符を購入する際には現金を受け付けないと発表した。9月1日から施行される。
ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。このタイミング...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?