南米産コカの葉でつくるスパイシーなお酒

多くのゲストが集まるパーティ。好みも十人十色。ワインやビール、サワー、日本酒、いろいろありますがカクテルにしたりして、その甘さや独特の香りを愉しめるリキュールも用意しておきたいところ。今までにない新感覚のリキュールを見つけたので、ご紹介いたします。

最高級品質のコカの葉が生むリキュール

個人的なものかもしれませんが、リキュールって、女性が好んでそうな印象だし、ワイワイガヤガヤなパーティとかクラブイベントなどで飲まれているパリピなお酒ってイメージ。で、近年そんなシーンで大人気になっている「コカレロ」というリキュールがあるんです。

名前の通り、コカの葉を原材料にしていまして……こう書くと、「え、大丈夫なの?」と思われるかもしれませんが、ご安心を。コカの葉に含まれる麻薬成分は完全に取り除かれて合法なものですし、その他にアマゾンガラナ、朝鮮人参、ラベンダー、ジュニパー、生姜、緑茶、オレンジピール、などなど数多くのハーブや植物をブレンドしたリキュールです。

©2018 TABI LABO

このパーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお酒です。注いだ液色も、マットな黒で重厚なイメージ。飲んでみれば、刺激的なフレーバーを感じます。
これは、アヒパンカと呼ばれる南米特産唐辛子を漬け込んだことによるスパイシーさ。ハーブによる飲みやすさと飲んだ後にちょっと熱さも感じるくらいの余韻。その場のノリで飲んでしまうというより、ゆったりと味わいながら楽しいパーティを過ごすためのドリンクとして使いたい。

ちなみに、アヒパンカは、南米アンデスの食卓には欠かせないスパイスであるのと同時に、現地のシャーマン達が行う伝統的な儀式では霊薬や供物としても用いられており、神聖なシンボルにもなっているもの。
クリスマスの夜や新年を迎えるのって、思い返せば神聖なものだったり襟を正すような機会だったりしますよね。そう思うと、この「コカレロ ネグロ」を片手に過ごすのって適しているのかもしれません。

コカレロ ネグロ

■アルコール度数:29%
■産地:アイルランド
■タイプ:リキュール
■参考価格:700ml 5085円〜

Top image: © 2018 TABI LABO
宴に似合う、ちょい贅沢なお酒を集めました
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
都市伝説好きは聞いたことあるかもしれない名門「ロスチャイルド」家が生んだ「シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド」。お世話になった会社や家族の繁栄にだ...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
ハジける気分で乾杯!だけでなく、いろいろな用途で愉しめるスパークリングワイン「シャンドン パッション」。情熱の国・ブラジル生まれの1本は、実は懐深さもある...
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
南米で初となった豪華寝台列車は、ペルーの世界遺産の街から有名観光地へ、アンデス山脈や谷間などを走り抜けながら大自然を堪能できる。食や内装もペルーに特化して...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
国産じゃがいもの約30%が生産されているカナダのプリンスエドワード島。ここのフライドポテトをはじめ、料理はどれも絶品です。故にお酒がすすむんですよね。とい...
極上のみかんリキュール「媛麗(ひめうらら)」を製造販売しているのは、愛媛県・八幡浜市にある創業102年の酒造「梅美人酒造」。日本でも有数のみかんの街、八幡...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
アイルランド国内で初めての「ノンアルコール・パブ」がオープン。その名も「Virgin Mary」。アルコール0%のビールやワインを飲めるとはいえ、全てのメ...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...