アルマン・アルナルが「野菜とマリアージュする」と選んだ日本酒

2018年ももうすぐ終わりとなりますね。年の瀬となると、この1年の労いをこめて自分に贅沢をしてあげたくもなるのではないでしょうか。ゆっくり新たな年を迎えるのに、本当に大事な人との美味しいものを用意した小さな宴。そんな場に相応しく、フレンチなどとの相性もいい“SAKE”をご紹介いたします。

フランス人シェフが惚れ込む老舗酒蔵の日本酒

SAKEと前述しましたが、こう書いたとき指すのは日本酒です。欧米ではローマ字で表現したSAKE=日本酒の市場が飛躍的に拡大。なかでもフランスでは、食中酒としても人気が高まっている状況です。

その日本酒の味わいに惚れ込んだフレンチのシェフもたくさん。そのうちのひとりに、アルマン・アルナルというスターシェフがいます。「ラ・サシャニェット」というレストランで9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフ。土地の野菜の特長をとらえた料理を提供し、ベジタブルシェフを自称する彼が自身のレストランでもオンリストしているのが、栃木の老舗酒蔵がつくる日本酒「惣誉(そうほまれ)」。

©2018 TABI LABO

アルナルシェフ曰く「野菜とマリアージュする酒」というほど、繊細で食事をより一層贅沢にしてくれるお酒なのですが、ここにあげたのは「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」
吟醸や純米などは聞いたことがあっても、聞き慣れない“生酛仕込”というワード。これ、江戸時代から続く伝統的な製法で、米と米麹をすり潰し乳酸発酵をさせるなど、通常よりも手間暇かけて造られたお酒のこと。その丁寧さにより、しっとりと広がる旨みと、喉を通ったあとの余韻も存在感があり、芯の通った奥行きをもった酒に仕上がっています。

上品で繊細な飲み口なのに、酒としてしっかりとした本質をもつ一杯。和食はもちろん、フレンチのシェフが愛するように野菜からとったソースなどを使う洋の食にもブレることなく寄り添うお酒は、好みの難しい親との食事の席なんかにも最適。

自分が手塩にかけて育てた子どもが、こんなお酒をもって酌み交わしてくれたら、筋が通った大人になったと成長を感じてもらえるかもしれない。そんな期待もしてしまう1本を、帰省などもあるこの時期にオススメする次第です。

惣誉 生酛仕込 純米大吟醸

■アルコール度数:16度
■タイプ:日本酒
■原料米:特A地区山田錦
■精米歩合:45%
■希望小売価格:720ml 3240円(税込)〜

特別な会食ディナーは家から出て愉しむのもいい

©PRIOR HOLDINGS

オススメしたせっかくのお酒。なんなら自宅ではなく外で腕利きのシェフによる味を楽しみたい。そんな方であれば、先の1ツ星レストランのシェフ、アルマン・アルナル氏が監修する恵比寿のフレンチレストラン「メゾン プルミエール」に足を運んでみてはいかがでしょう。宴で飲みたくなるこのお酒「惣誉」との期間限定ペアリングディナーが、2019年1月末まで提供中なのです。
野菜がいきるフレンチと、味わい深い日本酒のマリアージュ。いつもより贅沢なディナーを堪能しにでかけるというのも、特別な時間の使い方になるはず。

Top image: © 2018 TABI LABO
宴に似合う、ちょい贅沢なお酒を集めました
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
韓国・ソウルの市議会の行政自治委員会は、ソウルに住む10代のすべての少女に生理用ナプキンを無償で支給することを盛り込んだ条例を可決した。
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
全国約70蔵約500種類の日本酒が一堂に集結する「日本酒まつり」が、来週24日(木)から5日間、東京「日本橋高島屋」で開催される。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
最終章のブルーレイ&DVDリリースを記念して「ゲーム・オブ・スローンズ展」が12月13日~25日の13日間「渋谷ロフト」で開催。
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...